パソコン・インターネット

2021年10月26日 (火)

USBメモリ

今朝、仕事場に着いてUSBメモリがないこと気づいた。確かジャケットの胸のポケットに入れたはずだが、昨夜、USBメモリを仕事場のパソコンから抜いて持ち帰ったものの、使わずじまいになった。胸のポケットに入れるのは、ズボンのポケットに入れると、車の乗り降りのときにポケットから滑り落ちることがあるからだ。以前、スマートフォンが行方不明になり、1週間後に車の運転席とドアの隙間に挟まっているのを発見した。駐車場で財布を落としたことがある。奇特な方が拾って警察に届けてくれた。担当の警察官から「入っている金額の10%のお礼をしてください」と念を押すように言われ、連絡先のメモを渡された。

以前、USBメモリをなくしたときは、大事な資料が消えてしまい途方に暮れたが、数日すると逆にしがらみから解き放たれようで、断捨離を断行したら多分こんな気分になるのだろうと思った。

家に帰って捜索範囲が広げたが、出てこない。ここで、昨日はジャケットの下に半袖のワイシャツを着ていたことを思い出した。洗濯かごは空で、洗濯機が回っていた。洗濯機を止めて、泡にまみれたワイシャツを探ると、あった。水に浸かり振り回されたUSBメモリが無事なはずはないと思った。念入りに拭いて、USBメモリをパソコンに差し込む。パソコンの立ち上がるのが、なんとまだるっこいことか。ファイルのタイトルが普通に並んでいて、いくつかを開いてみたが、まったく支障がなかった。

不死身のノック式USBメモリはソニー製である。最近、いい評判を聞かないソニーであるが、かつては高品質の製品で世界を席巻した日本が誇る企業だった。残念なのは、刻印が「made in China」となっていること。

 

2019年3月11日 (月)

シンギュラリティ

最近、シンギュラリティ(Singularity)という言葉を目にするようになった。物理学でブラックホールを意味するシンギュラリティとは、コンピュータが全人類の知性を超える未来のある時点のことをいう。日本語では、技術的特異点や特異点と訳される。
人工知能(AI)は、2020年代には人間ひとりの脳に、2045年には全人類のすべての脳に比肩するようになるという。つまり1台のパソコンで全人類分の脳と同等の情報処理ができるようになる。これは、今までにいくつかの未来予測を的中させてきた、グーグルのAI研究のリーダーであるレイ・カーツワイルが、論じていることである。ありていに言えば、驚異的にIQが高い人型AIの部長が命じた事業計画を、部下AIたちが迅速かつ正確に遂行するということだろう。これでは人間の出る幕はない。

では、社会はどうなるのか。AIに不向きな仕事の従事者と資本家以外は、職を失うことになる。職業を奪われる人の割合は80%とも90%とも試算されている。資本家は人間を雇うより、効率の良いAIに仕事を回すだろう。AIを導入することで人件費はゼロに近づき、生産効率は飛躍的に良くなり、経済は成長すると予測されている。そうなると、もはや資本主義は終わりだ。では、職を奪われた人びとはどうやって暮らしていくのだろう。井上智洋は著書『人工知能と経済の未来』(2016年)のなかで、ベーシック・インカム(BI)の導入を提案している。BIとは、政府がすべての国民に一定の金額を給付する制度のことである。財源は、莫大な利益を得るだろう資本家からの税金で賄う。

シンギュラリティは人類の進化の通過点なのか、それとも破滅への一歩なのか。そもそも学者たちが描く未来予想図の通りにことは運ぶのか。シンギュラリティをファンタージーと一笑に付す学者もいるが、いずれにせよ、これまでの法則が通用しない時代が迫ってきていることは確かなようだ。(2017年6月)