2019年12月27日 (金)

『リベラル・デモクラシーの現在』『パンティオロジー』『さいはての中国』

12月27日(金)☔ ジュンク堂

『リベラル・デモクラシーの現在』
井口陽一(Iguchi Youichi) 岩波新書 2019年12月
まずは定義を。デモクラシーは、公けのことや公けのもの、つまり選挙である。
リベラルは基本権、思想の自由、表現の自由のことである。その両方のゆるい意味で含んだものとしてのリベラル・デモクラシーである。
いまや、イリベララル・デモクラシーという言葉が使われるに至った。
デモクラシーの崩壊をどうとらえるかを語る。

 

 

『パンティオロジー』
秋山あい 集英社インターナショナル 2019年11月
著者はパンティの写実的なイラストを描いている。そう自己紹介して、相手にセクシー、リラックス、お気に入りの3枚を選んでもらい、パンティにまつわる思いを語ってもらう。夫や交際相手のことも訊ねていて、生々しい私生活が見えてくる。
国籍も人種も、年齢もバラバラ。著者はフランスと日本を行き来しているので、日本人とフランス人が多いが、アメリカ、イタリア、ポーランド、イランなど多岐に渡る。著者が命名したパンティオロジーという造語は風格がある。
帯の「パンティは女心の充電器である」。的確だ。匹敵するしっくりくるフレーズをひねり出したい。「パンティは女性のオンオフのスイッチだ」はどうだろう。


パンティオロジー

パンティオロジー
posted with amazlet at 19.12.28
秋山 あい
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 21,058

『さいはての中国』
安田峰俊(Yasuda Minetoshi)小学館新書 2018年
著者は中国人になりすまし中国人の街と化した西川口駅南西部の繁華街に乗りこむ。普通の日本人では見られない街の裏側をのぞくためだ。
中国国内外の中国的に腐った場所や毒を含んだ場所、中国らしい個性に溢れた場所に潜入した。中国に関する行かないほうがいいような場所のルポルタージュだ。中国には道理が通らない怖さを感じる。


さいはての中国(小学館新書)

小学館 (2018-10-05)
売り上げランキング: 7,282

2019年12月24日 (火)

『拳銃使いの娘』

12月24日(火)☁ ☔ くまざわ書店

『拳銃使いの娘』
ジョーダン・ハーバー/鈴木恵 早川書房 2019年
本書は、2020年度版『このミステリーがすごい!』の海外編の2位を獲得した。
また、2017年アメリカ探偵作家クラブ賞(MWN賞、エドガー賞)の処女(新人部門)長編賞を受賞している。解説によると父親と娘の組み合わせは、『子連れ狼』からヒントを得ているという。

拳銃使いの娘 (ハヤカワ・ミステリ)
早川書房 (2019-01-15)
売り上げランキング: 14,615

 

2019年12月18日 (水)

『 21世紀の啓蒙 上』

12月18日(水) ☔ くまざわ書店

『21世紀の啓蒙 上』
スティーブン・ピンカー/橘明美+坂田雪子 草思社 2019年12月
現状と将来を否定する本ばかりでうんざりしている人は多いだろう。
本書は、総論で見れば、人間が住む世界は良くなっているとしている。
啓蒙主義は、時代遅れの能天気な思想と捉えられる傾向にあったが、素直で健康的な啓蒙思想の功績をデーターで示すという内容である。


21世紀の啓蒙 上: 理性、科学、ヒューマニズム、進歩

スティーブン ピンカー
草思社
売り上げランキング: 518

 

2019年12月13日 (金)

『11月に去りし者』

12月13日(金)☁  くまざわ書店


11月に去りし者 (ハーパーBOOKS)

11月に去りし者
posted with amazlet at 19.12.19
ルー・バーニー/加賀山卓朗
ハーパーBOOKS
2019年9月 ✳︎9
売り上げランキング: 43,721

 

パルモア・レナードを彷彿とさせるノアール小説。
『このミステリがすごい』では海外部門6位、『週刊文春』では20位と、評価が分かれているのはなぜだろう。
20位というのは、あまりにも低すぎではないか。

ケネディ大統領暗殺の黒幕との疑いがある実在の人物カルロス・マルチェロは、暗殺に関わった人物を次々と殺していく。
ケイジャン人のギドリーは犯人逃走用の車を手配しただけだった。車を処分した男が殺された。ギドリーは自分に魔の手が及ぶと予測し、カリフォルニアに向かう。

一方、オクラホマの田舎町でふたりの幼い娘を抱え、飲んだくれの夫に悩まされているシャーロットは、ある日決断した。娘と病気の犬を車に乗せてサンフランシシスコに住むおばの家に向かった。

本来なら絶対に接点を持つことのない二人、ニューオリンズのチンピラとオクラホマの主婦が出会い、そこにチンピラを追う殺し屋が加わる。

ところで、本作はアンソニー賞、バリー賞、マカヴィティ賞、ハメット賞の4冠に輝いた。それぞれの賞は、次のような賞(wikiより)。
アンソニー賞は、1986年からミステリの世界大会バウチャーコンにおいて推理作家らに贈られる文学賞。アメリカ探偵作家クラブの創設者の1人であるアントニー・バウチャーに因んで名付けられ、毎年秋に異なる都市で開催される。

バリー賞は、1997年からアメリカの季刊推理雑誌『デッドリー・プレジャーズ 』の編集者らによって授与されるミステリの賞。2007年から2009年には『ミステリー・ニュース』の出版と合わせてバウチャーコンの会場で受賞作が発表された。賞の名は、アメリカの批評家、バリー・ガードナーにちなむ。

マカヴィティ賞は、国際ミステリ愛好家クラブが主催する推理小説の賞。同団体のメンバーによって候補作・受賞作が決められる。賞の名はイギリスの詩人T・S・エリオットの著作『キャッツーオポッサムおじさんの猫とつき合う法』に登場する猫にちなむ。

ハメット賞は、国際推理作家協会北米支部が、アメリカ及びカナダの優れた推理小説やノンフィクション作品に授与するミステリの文学賞。賞の名は作家ダシール・ハメットに由来する。

2019年12月 7日 (土)

『イヴェリン嬢は七回殺される』『世界の危険思想』『革命と戦争のクラシック音楽』

12月7日(土)☀ ジュンク堂

Photo_20191209143101
イヴェリン嬢は七回殺される

ステュアート・タートン/三角和代
文藝春秋
2019年8月

 

週刊文春の「ミステリー・ベストテン2019」で、海外部門第2位。第1位はダントツでアンソニー・ホロヴィッツの『メインテーマは殺人』。
2位となれば購入せざるを得ないだろう。これから2019年の種々のミステリ・ランキングを頼りにして、購入することになる。
以下は、表紙の折り込み部分のサマリー、ほぼそのまま。
館で夜に催される仮面舞踏会に招待された客が集まっていた。その夜にイヴリン嬢が殺され、その謎を解かない限り延々と同じ朝に戻ると、主人公の耳元でささやき声がした。タイムループから逃れるためには、真犯人を見つけるしかない。真犯人を追い求めながら人格転換をするという人物が、主人公の他にもいるという、奇妙で大胆な設定でストーリーは展開する。

Photo_20191209143102
世界の危険思想

丸山ゴンザレス
光文社新書
2019年5月



ジャーナリストの著者は、日本や海外の裏社会やスラムや治安が悪いとされる場所を取材してきた。著者の強面の面構えは、本書を書くにふさわしい。危険な地区では、現地の人間に間違われるという。
そこで出会った悪い人たちの頭の中ってどうなっているのかと思うことが何度かあったという。そうした危険な考え方の根幹の理解に近づくことが目的である。
ジャマイカで殺し屋に会う。その日暮らしに困るような貧乏人。クライアントから電話が入る。クライアントが恥をかかされた女を殺して欲しいという依頼だ。引き受けたというが実行されたかは不明。
依頼者と実行者どちらが本当に恐ろしいのか?
殺人を生業としなければならない人の頭の中はどうなっているのだろうというのが著者の知らせたいことなのだ。

Photo_20191209143201
革命と戦争のクラシック音楽

片山杜秀(Ktayama Morihide)
NHK出版新書
2019年9月



戦争と芸術は両立しないというが、戦争を描写し、時には兵士を鼓舞してきた。戦争と芸術は互いを刺激する関係性がある。
音楽はあらゆる芸術の中で特に戦争や暴力との関わりが深いという。
軍隊が攻めるとき、一死攻撃にしたって、一斉射撃にしたって、リズムをとっての合図が必要だ。雄叫びと打楽器の響きは、攻撃開始の合図だ。

2019年12月 6日 (金)

『イザベラ・バードと日本の旅』『朝鮮紀行』

12月6日(金)☔ アマゾン

GAFA関連の本を読んでから、ネットでの買い物は極力控えてきた。『イザベラ・バードと日本の旅』『朝鮮紀行』は、どちらも絶版にてやむなくアマゾンに頼る。
イザベラ・バードについて、いずれ何かを書きたいと思っている。

 Photo_20191209142801イザベラ・バードと日本の旅

金坂清則
平凡社新書
2014年


 

著者はイザベラ・バードを科学的に研究してきたという。英国のヴィクトリア王朝時代に世界を旅したヴィクトリア・レディー・トラベラーの一人であるバードの日本の旅を解説する。病弱だと言われたバードが、開国して11年しか経ってない日本をどう旅したのか。著者は「科学的に」という言葉を使う。「科学的に」とは、バードの書いた『日本奥地紀行』を、関連文献に当たり、日本の当時の情勢や果ては世界情勢との関連の中で、エビデンスを確認しながら論じるということだ。

Photo_20191209143001

朝鮮紀行

イザベラ・バード/時岡敬子
講談社学術文庫
1998年

 

 

助言者と指導者の役割を担っていた清国軍が撤退して日本がその役目を引き継いだが、今はロシアの保護のもとに継続されている。1894年1月から1897年3月にかけて、バードは4回朝鮮を訪問している。朝鮮という国はついた当初は嫌悪感をいだくが、それを乗り越えると、例外なく心を惹かれるという。
キリスト教布教が成功した国であるから、イギリス人にとって、悪い居心地ではなかったのかもしれない。

2019年11月22日 (金)

『虚妄のAI神話』 『はじめての三国志』 『悪の脳科学』

11月22日(金)☀ ☁  くまざわ書店

Ai
虚暴のAI神話「シンギュラリティ」を葬り去る

ジャン=ガブリエル・ガナシア/伊藤直子
ハヤカワNF文庫
2019年7月

 

2014年、スティーヴン・ホーキンス博士がイギリスの新聞「インディペンデント」で警鐘を鳴らした。人工知能AIの技術は瞬く間に発展し、すぐに制御不能となって、人類を危機的状況にさらすと。
その後そうそうたる顔ぶれの科学者たちが、この懸念に同調した。
2015年、ビル・ゲイツがAIに対する悲観的な立場を表明した。
これらは、いままで宗教の分野で叫ばれては、消えていった終末論と変わらないのではないのか。
最も有名なのが、レイ・カーツワイルである。彼によると、われわれは間も無くコンピュータに意識をアップロードするようになり、それによって不死を手に入れられるようになるという。
シンギュラリティーはGAFAの陰謀であると帯には書いてある。(→レヴュー)

Photo_20191206082001
『はじめての三国志 時代の変革者・曹操から読みとく』

渡邉義浩
ちくまプリマー新書
2019年11月



400年続いた漢帝国(前202〜220年)は、宗教反乱である黄巾の乱により、最後の皇帝である献帝を擁立す曹操により、命脈が尽きようとしていた。
曹操は、はじめは漢帝国を復興すべく改革を試みるが、やがて漢そのものを滅ぼす根源的な改革を求めていく。

曹操が中国を統一できなかったのは、劉備と結んだ孫権(182〜252年)の武将である周瑜(175〜210年)が曹操を208年に「赤壁の戦い」で破ったことによる。こうして曹操の息子の曹丕(文帝、在位220〜226年)が建国する魏(220〜265年)、劉備の蜀(221〜263年)、孫権の呉(229〜280年)という三国が鼎立することになった

史書の『三国志』は三国を統一した西晋という国家に仕えた、陳寿という歴史家により著された。陳寿は、自らの仕える西晋の正統性、西晋の高官となった魏の家臣たちを憚り、彼らに不利な史実を隠しながら、史書を執筆した。
一方、14世紀頃の羅漢中がまとめた「三国志演義』は、三国時代に関する伝記や物語、劇や語り物など多くの虚構史実に加えた作品である。両者の違いはその正統感にある。

これら二つの本により伝えられる『三国志』の魅力は、人の生きざまである。
『三国志』はじめての、400年以上続いた漢帝国が崩壊し、漢を支えていた儒教の開祖孔子(前551〜479年)の権威にすら疑問が持たれた時代を舞台とする。おりしも、地球規模の寒冷化の中で、農業生産は河北から江南にうつり間の制度は社会に合わないものとなっていた。こうした不確実な時代に様々な生きざまに、自ら生きる今の指針を求めることができる。
魯粛は、ローマ帝国をも分裂させた地球規模の寒冷化に対応し、江東に割拠して、地域の開発に勤しんだ。

Akunonoukagaku『悪の脳科学 『笑ゥせぇるすまん』喪黒福造に学ぶ「人のココロの操り方」』

中野信子
集英社新書
2019年11月 


意志の力は大脳の新皮質である前頭前野の働きであり、一方、情動は旧皮質の働きで、性欲や食欲などの本能や生命を維持するための根本機能に関わる領域である。人間が本能に負けてしまううのは、仕方のないことだという。

喪黒福造の名刺には、「❤️ココロのスキマ・・・お埋めします」というキャプションがついている。苦悩する主人公に喪黒の提案する条件は、約束を守ればハッピーだが、破れば悲劇が待っているというもの。
約束は守るにたやすいことだから、はじめは順風満帆である。ところが、主人公のちょっとした気の緩みで、本能に負けて約束を破ってしまい、地獄をみるというのが、ストーリーのパターン。
巻末には、 漫画『笑ゥせぇるすまん』の作者・藤子不二雄Ⓐとの対談が載っている。

本書はやっつけで、でっち上げた感じがする。著者の本は、最近、質が落ちてきた。本書(集英社新書)は、行間が空きすぎて「スカスカ」だ。

そこで、新書の1ページの行数を比べてみた。
本書は13行、『京都ぎらい』(朝日新書)14行、『はじめての三国志』(ちくまプリマー新書)14行、『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)14行、 『妻に捧げた1778話』(新潮新書)14行、『プロレスまみれ』(宝島社新書)14行、『ボブ・ディラン解体新書』(廣済堂新書)14行、『読書会入門』(幻冬社新書)15行、『美食の世界地図』(竹書房新書)15行、『ストラディバリウス』(アスキー新書)15行、『チョムスキーと言語脳科学』(インターナショナル新書)15行、『AI以後』(NHK出版新書)15行、『AI倫理』(中公新書ラクレ)15行、『世界の紅茶』(朝日新書)15行、『村が消えた』(祥伝社新書)15行、『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書) 16行、『現代美術史』(中公新書)16行、『進科の法則は北極のサメが知っていた』(河出新書)16行、『トランプ王国2』(岩波新書)16行、『ジャズの歴史』(講談社+α新書)16行、『インディアンとカジノ』(ちくま新書)16行。

軽め内容の本は行数が少なく、濃厚な内容の本は行数が多いという予想通りの傾向であった。違いは13行から16行である。
例外があるとしても、13行、14行の新書は軽め、15行、16行はコアな内容ということが分かった。(→レヴュー

2019年11月 8日 (金)

『試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する』など

11月4日(MON)☀    ジュンク堂

試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する
斎藤哲也(Saito Tetsuya)NHK出版新書 2018年
センター試験の「倫理」で出題された問題を取り上げ、西洋哲学のあらましを解説する。設問は熟読しなければ、正解に到達できないから2回、3回と読んだりする。選択肢がれぞれの思想のエッセンスであることもあり、思想の微妙な違いがわかるというわけだ。著者はいいところに目をつけた。

革命前夜
須賀しのぶ 文春文庫 2018年
舞台は、1989年の東ドイツ。
主人公はドレスデンの音楽大学でピアノを学ぶ眞山柊史。「冷戦下のドイツで音楽青年の成長を描いた歴史エンターテイメント」だという。
帯に過剰なほどの激ほめの言葉を並べられれば、買わざるを得ない。というより金釘流の文字が引き付けるのかもしれない。

東ドイツ留学は眞山の長年の夢だった。バッハの生まれ故郷で思う存分ピアノと向かい合いたい。


革命前夜 (文春文庫)

革命前夜 (文春文庫)
posted with amazlet at 19.11.08
須賀 しのぶ
文藝春秋 (2018-03-09)
売り上げランキング: 24,215

現代美術史 欧米、日本、トランスナショナル
山本浩貴 中公新書 2019年10月
現代美術の作品群をどう解釈すればよいのか、本種は現代アートの入門書だという。 例えば帯の女性が野菜で作った銃のようなものを構える作品は、センスがいいと思う。これを男が持ったらどうなるのか。あるいは台の上に展示したら、銃とは認識されがたいだろうと思ったり、よく見れば全部が野菜ではなくて、サンマもチクワもあって、野菜でまとめるべきだろうと思ったりする。鑑賞者にあれこれ考えさせるところが現代アートなのだろう。作者はいったい何を表現したいのか、計りかねるが。。

1917年、マルセル・デュシャンはレディイメイドの男性用小便器に署名し「泉」というタイトルで、アンデパンダン展に出展しようとしたが、出品料さえ払えば誰でも無審査で展示できるという規定にもかかわらず、出展を拒否された。
この出来事が、現代アートの幕開けであるとされている。作者が作品だといえば、なんでもアートになりうるということになったのだ。


現代美術史-欧米、日本、トランスナショナル (中公新書)

山本 浩貴
中央公論新社
売り上げランキング: 1,094

ルポ・トランプ王国2ーラストベルト再訪
金成隆一(Kanari Ryuichi)岩波新書 2019年9月
トランプを支持する人たちは、トランプが自分の発言が正しいと思っている限り、トランプが嘘をついているかどうかは問題でないという。さらに、彼らは二酸化炭素は無制限に排出していいと思っている。エイズは神の下した罰、進化論は証明されていない理論だとする。とにかくエリートの言うことに反発する。


ルポ トランプ王国2: ラストベルト再訪 (岩波新書)

金成 隆一
岩波書店
売り上げランキング: 4,697

2019年6月 3日 (月)

『エミール』『米中メガテック競争戦略』

5月28日(TUE)曇 雨 くまざわ書店

エミール
買うのをためらうくらいエロ漫画様の表紙だ。システィーナ礼拝堂の天井画のようにミケランジェロ的いびつな描写である。例えば右上肢が長く、左下腿は太く長く、足趾には異様なヴォリュームがある。
最後まで読めば表紙の意図がわかるかもしれない。
「自然に帰れ」というキャッチフレーズの自然と触れ合うことを尊ぶ教育論を、ジャン・ジャック・ルソーが小説仕立てにした。
教育に携わる人は読むべきだとされている本である。
固い内容だからせめて表紙だけは羽目をはずさせてくれという意図だった。

エミール (まんが学術文庫)
伊佐 義勇
講談社
売り上げランキング: 39,295

『米中メガテック競争戦略』田中道昭/日本経済新聞車 2019年4月
アメリカのGAFAと中国のBATHの対立構図を解説する。
アメリカ側は、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン。
対する中国は、バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ。
いま行われている貿易戦争のバックグラウンドでの対立が示されている。

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略
田中 道昭
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 592

2019年5月30日 (木)

『万葉集から古代を読み解く』『がん免疫療法とは何か』『ミゲル・ストリート』『ポピュリズムとは何か』

5月25日(SAN)☀ ジュンク堂

万葉集から古代を読み解く』上野誠 ちくま新書 2017年
「令和」という年号が『万葉集』から生まれたということで、『万葉集』関連本は脚光を浴びている。本書の著者がテレビに出ていたが、エンターテイメント性があるおしゃべりな人物だった。内容は、「令和」に絡んで『万葉集』の魅力を語ったものだった。
本書は、2017年の発刊で「令和」が決まってから書かれたものでないというところがいい。『万葉集』を扱った新書として、内容がざっくばらんそうだ。なんてったって、出だしは話題のアニメ映画『君の名は』だ。
ごく最近、著者は『令和』というそのままのタイトルの万葉集の解説本を出した。そっちがなにかと馴染めそうだから、それも買うことにしよう。著者のテレビへの露出も多くなるだろうから、『令和』はベストセラーにのし上がるな。

と思ったら、勘違いだった。2014年発刊の『万葉の人びと』という新書に、「令和」と大きく書いたカバーを被せた、いわば改元に便乗して厚化粧したものだった。詐欺すれすれ。

万葉集から古代を読みとく (ちくま新書1254)
上野 誠
筑摩書房
売り上げランキング: 90,200

 

がん免疫療法とは何か』本庶 佑 岩波新書 2019年4月
著者は、いわゆる「免疫チェックポイント阻害剤」の開発の基礎となる研究で、2018年のノーベル賞医学生理学賞を獲得した。免疫機能にはアクセルとブレーキを促すメカニズムがあり、がんは免疫細胞の活動にブレーキがかかっているから増殖するにであり、ブレーキの機能を解除することにより、がん細胞を攻撃するリンパ球の活動性を賦活するという機序。(→レヴューはこちら

がん免疫療法とは何か (岩波新書)
本庶 佑
岩波書店
売り上げランキング: 2,264

 

ミゲル・ストリート』V・S ナイポール 岩波文庫 2019年4月
ほのぼの漫画を読んでいるような感覚に浸れる。
舞台はイギリスの植民地だったトリニダードトバコ、1940年代だ。
本書が処女作の作者はノーベル文学賞を受賞(2001年)している。
朴訥で寡黙な文章で個性的な世界観が形成されている。饒舌さに飽きたときはこれだ。

ミゲル・ストリート (岩波文庫)
V.S. ナイポール
岩波書店
売り上げランキング: 56,695

 

ポピュリズムとは何か』水島治郎 中公新書 2016年
ポピュリズムは「大衆迎合主義」と訳すものだと思っていたが、そう単純ではないらしい。第一の定義は、固定的な支持基盤を超え、幅広く国民に直接訴える政治スタイルをポピュリズムととらえる。
第二の定義は、人民の立場から既成政治やエリートを批判する政治運動。上のエリートたちを下から批判する。本書では後者の定義を採ることにしている。
エリートと人民の対立とする政治運動をポピュリズムとする。
現在、世界各地を揺るがしているポピュリズムは、エリート批判を中心とする下からの運動に支えられてる。

ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)
水島 治郎
中央公論新社
売り上げランキング: 21,686

 

«『マーチ家の父 もうひとつの若草物語』

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ