1995年

『いつか晴れた日に』

いつか晴れた日に [DVD]
Sense and Sensibility
監督:アン・リー
脚本:エマ・トンプソン/シドニー・ポラック/ジェームズ・シェイマス
原作:ジェーン・オースティン『分別と多感』
音楽:パトリック・ドイル
アメリカ イギリス 1995年 136分  ★★★★☆

19世紀はじめのイギリスでは、すべての財産は息子が継ぐことになっていた。
夫が亡くなって前妻の息子に財産のすべてが渡ってしまう理不尽な状況になり、本妻母娘の苦悩は始まる。

ダッシュウッド氏(トム・ウィルキンソン)が妻と三人の娘たちの身を案じ、臨終の際に彼女たちを頼むと息子のジョンに遺言したにもかかわらず、ジョンの鬼妻ファニーが遺言に従わせなかった。
妻と三人の娘は、年500ポンドの遺産しか手にできないことに愕然とする。

130306sense1

ジョンと鬼妻ファニーは、母娘たちが住んでいるダッシュウッド氏の館に乗り込んできて、彼女たちを邪慳に扱うようになる。
館に遊びに来たファニーの弟エドワード(ヒュー・グランド)は、教会の仕事をして実直に生きて行こうと考えていた。エリノア(エマ・トンプソン)はそんなエドワードに惹かれ、ふたりは愛を育んでいく。ところが、ファニーはふたりの関係を快く思っていない。

130306sense2

やがて、ダッシュウッド母娘は、ファニーのいじめに耐え切れなくなり、親戚の厚意でバートン・コテージへ移り住むことになった。
そこで、マリアンヌ(ケイト・ウィンスレット)はブランドン大佐(アラン・リックマン)から見初められるが、彼女は精悍なウィロビーに心を奪われる。
ウィロビーは黄色い馬車を操る、現代で言えばオープンカーで走り回るような男である。
ふたりは恋仲になるが、ある日ウィロビーは理由も告げずにロンドンへ行ってしまい、マリアンヌは悲しみに沈む。
一方、エリノアはエドワードにルーシーという婚約者がいることを知り、大きな衝撃を受ける。

130306sense3

この時代、資産のない上流階級の女性が生きて行くためには、結婚して夫の世話になるしかない。
この階級の男も女も、生産性のある仕事に就くわけではなく、地位や財産を受け継いで暮らすわけだから、自ずと関心事は玉の輿争奪の婚活である。

130306sense4

失意のエリノア、マリアンナ姉妹、ルーシーはロンドンを訪れる。
ロンドン滞在中に明らかになるのは、大佐のかつての恋人の娘がウィロビーの子供を妊娠したこと、このことでウィロビーは叔母からの財産権を失い、金持ちの娘と結婚することになったこと。ルーシーが鬼妻ファニーにエドワードと付き合っていることを伝えると、「性悪女!」と追い出されたこと。
エドワードが母親の命令に従わなかったことで財産相続権を失ったことなど。
これで、登場人物の相続にまつわる複雑な人間関係が、整理されたわけだ。

130306sense5

そしてエドワードは大佐の好意で領地の半分を任せられることになり、彼とエリノアはめでたく結婚する。

さて、マリアンヌは、ウィローのすげない態度に自暴自棄になり、雨の中をさまよう。
救い出したのは大佐であったが、マリアンナは重い流感に罹り生死の境をさまよう。
大佐が手配した医者の治療により彼女は快方に向かうのだった。
そして、マリアンナと大佐は親密になり、結婚する。

正直で慎ましやかなエリノアをエマ・トンプソンが、感情の起伏が激しいマリアンヌをケイト・ウィンスレットが、巧みに演じている。
アン・リー監督の才能がほとばしる作品。
えげつない話になりそうなところを、エマ・トンプソンが自ら脚色して、シドニー・ポラックたちも協力して、上品な物語になっている。
アカデミー賞脚色賞を受賞した。→映画(全般) ブログランキングへ

【ケイト・ウィンスレット出演作品】
おとなのけんか』Carnage/2011年
『コンテイジョン』Contagion/2011年
『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』Mildred Pierce /2011年
愛を読むひと』The Reader/2008年
リトル・チルドレン』Little Children/2006年
エターナル・サンシャイン』Eternal Sunshine of the Spotless Mind/2004年
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』The Life of David Gale/2003年 
アイリス』Iris/2001年
『エニグマ』Enigma/2001年
『タイタニック』Titanic/1997年
いつか晴れた日に』Sense and Sensibility/1995年
『乙女の祈り』Heavenly Creatures/1994年

『誘う女』

誘う女 EMD-10012 [DVD]
誘う女  [DVD]
posted with amazlet at 13.12.13
原題:To Die For
監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:バック・ヘンリー
原作:ジョイス・メナード (邦題『誘惑』文春文庫)
製作:ローラ・ジスキン
音楽:ダニー・エルフマン
製作国:アメリカ合衆国   1995年  106分

1990年にニューハンプシャー州で、実際に起きた事件を題材にしたジョイス・メイナードの小説『誘惑』の映画化。事件は当時22歳のパメラ・スマートが、15歳の少年を誘惑して彼女の夫を殺させたというもの。裁判の結果、パメラは終身刑となり、現在も服役中だという。

テレビに出て有名になることが生き甲斐のスーザン(ニコール・キッドマン)は、父親の経営するイタリア料理店で働くアホ息子のラリー(マット・ディロン)と結婚する。ラリーの姉ジャネット( イリーナ・ダグラス)は、上昇志向が強いスーザンとの結婚に大反対だった。

1

やがてスーザンは、ケーブルテレビの天気キャスターの仕事に就く。
天気キャスターで飽き足らない彼女は、高校生のドキュメンタリー番組の作成を提案し、学校に出かけ取材にするようになる。
ここで、落ちこぼれ高校生のジミー(ホアキン・フェニックス)、ラッセル、リディアと親しくなる。

2

夫から、子供を作りレストランを一緒に経営しようと将来の生活設計を提案されたスーザンは、ケーブルテレビでの活躍をバネに、ニューヨークに進出しようと目論んでいる矢先、そんな陳腐な生活にまったく興味がない。彼女は夫の存在が疎ましくなってくる。彼女はジミーを文字通りの色仕掛けで翻弄し、夫の殺害を目論む。
彼女は、ジミーとラッセルを言葉巧みに騙して、強盗と見せかけて夫の殺害を実行させたのだ。

3

嘆き悲しむ悲劇のヒロインを演じる彼女は、報道陣のカメラの砲列の前で笑みが浮かべるのだった。
裁判が始まり事件の真相が明らかになって行くなか、スーザンは無罪を主張し釈放されるが、イタリア系の義父は裏社会にも通じていて、殺し屋が動き出す。

ニコール・キッドマンは、本作でセクシーで浅はかな悪女を演じ、ゴールデングローブ主演女優賞を獲得した。彼女が、演技派と認められるようになるのはこの作品あたりからだという。
そのあとの、『ある貴婦人の肖像』(96年)『めぐりあう時間たち』(02年)『記憶の棘』(04年)『ラビットホール』(10年)などでは訳ありの演技がなかなかのものだ。『インベージョン』(07年)でのタフなインテリ役も捨てがたいし、『スペップフォード・ワイフ』(04年)ではコミカルな役も難なくこなしている。しかし、なんと言っても『バースデイガール』(02年)や本作のような愛すべき悪女役が大いに魅力的だ。→ブログランキングへ

【ニーコール・キッドマン出演作品】(サイト内リンク)
ペーパーボーイ 真夏の引力』The Paperboy  2012
『ウソツキは結婚のはじまり』Just Go with It  2011
『ブレイクアウト』Trespass  2011
ラビット・ホール』Rabbit Hole 2010
『NINE』Nine  2009
『オーストラリア』Australia 2008
『ライラの冒険/黄金の羅針盤』The Golden Compass  2007
マーゴット・ウェディング』Margot at the Wedding  2007
インベージョン』The Invasion 2007
『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』Fur: An Imaginary Portrait of Diane Arbus 2006
奥さまは魔女』Bewitched 2005
ザ・インタープリター』The Interpreter 2005
ステップフォード・ワイフ』The Stepford Wives 2004
記憶の棘』Birth 2004
ドッグヴィル』Dogville 2003
コールド・マウンテン』Cold Mountain 2003
白いカラス』The Human Stain 2003
バースデイ・ガール』Birthday Girl 2002
めぐりあう時間たち』The Hours 2002
アザーズ』 Los Otros 2001
『ムーラン・ルージュ』Moulin Rouge!  2001
アイズ・ワイド・シャット』Eyes Wide Shut 1999
『プラクティカル・マジック』Practical Magic 1998
『ピースメーカー』The Peacemaker 1997
『妻の恋人、夫の愛人』The Leading Man 1996
ある貴婦人の肖像』The Portrait of a Lady 1996
誘う女』To Die For 1995
『バットマン・フォーエヴァー』Batman Forever 1995
『冷たい月を抱く女』Malice 1993
『マイ・ライフ』My Life 1993
遥かなる大地へ』Far and Away 1992
『ビリー・バスゲイト』Billy Bathgate 1991

『セブン』

セブン [DVD]
セブン [DVD]
posted with amazlet at 12.07.16
原題:Se7en
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
音楽:ハワード・ショア
主題歌:「ハーツ・フィルシー・レッスン」 デヴィッド・ボウイ
製作国:アメリカ合衆国  1995年 127分

『羊たちの沈黙』(1991年)のハンニバル・レクター博士以来、猟奇シリアル殺人犯は、サイキックで超人的肉体と頭脳を持ち合わせていることがルチーンとなっている。なにしろ、90年代はサイコスリラーが全盛の時代だった。
この作品のシリアルキラーを演じたケヴィン・スペイシーも、ご多分に漏れず強靭でねちっこい。

キリスト教の七つの大罪に基づく連続殺人事件描いたサイコスリラー。

Seven1

殺人事件が発生し、サマセット(モーガン・フリーマン)と新人刑事ミルズ(ブラッド・ピット)が、雨が降りしきるなか現場に急行した。
被害者は肥満の大男で、現場には犯人が書いた「Gluttony=大食」という文字が残されていた。次に凄腕の弁護士が殺され、「Greed=強欲」の血文字が残されていて、その指紋からベッドに縛りつけられ廃人同然となった前科者が発見される。そこには、「Sloth=怠惰」と書かれた紙が残されていた。

サマセットは、犯人がキリスト教の七つの大罪に基づいて殺人を続けていることに気づき、七つの大罪に関する図書館の貸出記録から、容疑者を割り出そうとする。
やがて、第4の殺人「Lust=肉欲」として娼婦が殺され、第5の殺人「Pride=高慢」として顔を切り裂かれた美人モデルが自ら命を絶った。

Seven2

そんな時、意外にも犯人と名乗るジョン・ドゥが警察に自首して来た。
ジョンは自分は選ばれた人間で、誰もなし遂げなかった偉大なことを行ったと言う。レクター博士も、確かそんなことを言っていた。

Seven3

あとのふたつ、嫉妬=Evnyと憤怒=Wrathはどうなるのか。
緻密に構成された一級品のサイコスリラーだ。

モーガン・フリーマンに負けず劣らずのケヴィン・スペイシーのアクの強い演技がいい。
新人刑事ミルズを演じたブラッド・ピットは、本作でスターの地位を確立したという。

『アポロ13』

1969年7月11日、アポロ11号が人類史上はじめての有人月面着陸に成功した。その後のアポロ計画で、アメリカは合計6回の月面着陸に成功している。アポロ13号は3回目の月面着陸がミッションであった。

アポロ13 [DVD]
アポロ13 [DVD]
posted with amazlet at 12.06.13
原題:Apollo 13
監督:ロン・ハワード
脚本:ウィリアム・ブロイルス・Jr./アル・レイナート
原作:ジム・ラヴェル/ジェフリー・クルーガー
音楽:ジェームズ・ホーナー
製作:アメリカ 1995年

ジム・ラヴェル(トム・ハンクス)船長のクルーは、アポロ14号に搭乗する予定だったが、13号のクルーに病人が出たため繰上げになる。
訓練は順調に進み、打ち上げの前日にクルーのひとりケン(ゲイリー・シニーズ)が風疹を患い、予備飛行士のジャックと交替する。
どうも予定通りにいかない。「13」って数字も気になる。
そんな不安をよそに、1970年4月11日、13号は月へ向けて打ち上げられた。
【2011.11.10】『私を宇宙に連れてって』メアリー・ローチ

2日目、順調に月へ向かっていたが、酸素室の攪拌のスイッチをいれた途端、爆発事故が起こる。
この時点で、ジムたちが夢に見た月面着陸はおろか、地球への帰還も困難な事態になってしまう。
逆噴射で地球に引き返すよりも、月の周回軌道に入りUターンするほうが安全であるという結論になり、そのまま月の向かう。
かくして、飛行士たちは電気不足、水不足、酸素不足、寒さとの戦いを強いられる。

そんな絶望的な状況のなか、ヒューストン管制センターでは3人の飛行士を無事地球に帰すため、必死の救出作戦が展開される。
やがて、船内に蓄積する二酸化炭素の濾過が、新たな問題になる。
地上で、船内にあるもので二酸化炭素除去装置を作る取り組みが成功し、二酸化炭素の問題は解決される。

最後の問題は、遮熱板を破損している司令船が、大気圏突入に際して発生する2000度の熱に耐えられるのか。
ヴァチカンではパウロ6世が飛行士のために祈りを捧げ、エルサレムの嘆きの壁でも人々が祈る。
そして、数々の困難を乗り越えて、戦艦硫黄島が待ち受ける南太平洋に無事着水するのだった。

アポロ13号のミッションは、「成功した失敗 (Successful Failure)」と言われている。
本作品の原作は、ジム・ラヴェルとのジェフリー・クルーガーの共著『アポロ13 (Lost Moon)(新潮文庫)』。