1997年

『バベットの晩餐会』

バベットの晩餐会 HDニューマスター  [DVD]
Babettes gæstebud/Babette’s Feast
監督:ガブリエル・アクセル
脚本:ガブリエル・アクセル
原作:『バベットの晩餐会』カレン・ブリクセン(ちくま文庫)
音楽:ペア・ノアゴー
デンマーク  1987年  102分   ★★★★★

19世紀後半、デンマークの片田舎。
敬虔なプロテスタントの牧師を父に持つ美人姉妹のマーチーネとフィリパに、村の男たちが次々に求婚したが、父親はことごとく断った。
そんなある日、村に滞在していた青年将校のローレンスがマーチーネに一目惚れをした。しかし、ローレンスは母親のすすめる裕福な家の娘を選んだ。
その後パリの有名な歌手パパンが妹のフィリパの歌声に魅了され、歌のレッスンをするようになる。しかし、急接近しようとするパパンに、彼女は警戒しレッスンを断ってしまう。

1307171

そして35年が経ち、すでに父親は亡くなり、老女になった姉妹はずっと独り身を通してきた。姉妹は経済的にぎりぎりの生活をしながらも、貧しい村人たちに善行を施してきた。
そんなある日、バベットと名のる女性がパパンの紹介状を持って現れる。バベットはフランスの内乱で国を追われたのだった。姉妹が家政婦を雇う収入がないと断ると、給金はいらないから置いてくれと懇願する。姉妹は仕方なくバベットを雇うことにした。
はじめは受け入れなかった村人たちだが、バベットは徐々に溶け込んでいく。彼女にはどこか魅力がある。彼女が作る料理は美味しく、彼女のやりくりで姉妹だけで暮らしていた頃より余裕が生まれるのだった。

1307172

そして14年が経ち、姉妹の父親の生誕100年を祝う会を開くことになった。一方、バベットが毎年買っているフランスの宝くじが当たったと連絡がきた。その額1万フラン。
バベットは晩餐会をすべて任せて欲しいと姉妹に願い出て、買い出しにパリに向かった。8日後、大量の食材と高級シャンパンやワイン、食器を携えて、バベットが甥とともに帰ってきた。

1307174

村人と今は将軍のローレンスも招かれ、総勢12人の晩餐会が始まった。
村人たちは、食べ物の味をとやかく言ってはいけないという牧師の教えを守って黙々と食べていたが、将軍の食べる様子を真似しているうち、食事を楽しむようになる。
皆で和気あいあいと美味しい食事を摂ることは、どれほど幸福なことか。

このあと、バベットは姉妹にパリの高級料理店カフェ・アングレの料理長であったことを告白し、ちょうど1万フランの料理であったことを明かす。

心が温まるほのぼのとした映画だ。
第60回アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞している。→映画(全般) ブログランキングへ

バベットの晩餐会 (ちくま文庫)
イサク ディーネセン
筑摩書房
売り上げランキング: 107,348

『ジャッキー・ブラウン』

ジャッキー・ブラウン [DVD]
Jackie Brown
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
原作:エルモア・レナード  『ラブ・パンチ』(角川文庫)
音楽:ー
アメリカ  1997年  154分   ★★★★★

ジャッキー・ブラウン(パム・グリア)が三流航空会社のスチュワーデスの安っぽい制服に身を包み、空港の動く歩道の上を右から左に移動するバストショットが、延々と映し出されて映画は始まる。ジャッキーの肌は褐色に輝き溢れんばかりの色気が漂う。彼女はそのまま空港で逮捕される。
原作は『ラブラバ』の作者エルモア・レナードの『ラブ・パンチ』、彼は本作の製作総指揮に名を連ねている。

1306111

タランティーノは若かりし頃、パム・グリアの大ファンで、彼女を自慰の対象にしていたという。監督から直接に言われたどうかはわからないが、そんなことを知ってしまった主演女優の気分はどんなものだろう。誇らしく思えるものなのか、気持ち悪いと思うものなのか。パム・グリアは、もともとB級映画のセクシー路線で売り出したのだし、太っ腹そうなので、前者のような気がする。そう感じさせるところが彼女の魅力だ。

1306114_2

武器密売人オデール(サミュエル・ジャクソン)の資金の運び屋をしているジャッキーは刑務所から出所したばかりだった。やっと今の職を得て安い給料でなんとかしのいでいたのに、再び刑務所に入れば、出所したときには職がないくらい切羽詰まってしまう。なにしろスチュワーデスとしては歳も歳だ。

ここで、ジャッキーは起死回生の手を打つことにした。
彼女の身柄を引き取りにきた保釈金融業者のマックス(ロバート・フォスター)を抱き込んで、警察とFBIと取引して罪を逃れ、オデールの金を横取りしようと画策した。
パム・グリアとサミエル・ジャクソンがかぶっている「Kangol」のベレー帽が気になる。つい、かぶってみたいと思うくらいに、ふたりとも似合っている。

1306112_3

一方、オデールの相棒ロバート・デ・ニーロが演じる落ち目のヤクザのルイスは、オデールの女ブリジッド・フォンダに、彼のドジぶりをののしられて逆上し彼女を撃ち殺してしまう。映画界の血統書つきのブリジット・フォンダを黒人が囲う蓮っ葉な女として登場させ、しかもあっさり殺されてしまう役柄に配するところが、いかにもタランティーノらしい。

1306115_3

事が計画通りに進み、まんまと大金を手にしたジャッキーはマックスに一緒に暮らそうと誘うが、彼はもう歳だからとやんわり断る。この場面は、タランティーノがかつてお世話になったパム・グリアに個人的な感謝の意を込めて、マックスに「ピリオド」を打ってもらったと、とれなくもない。
本作は監督の思いが込められた大人の恋愛物語でもある。→ブログランキングへ

『ワグ・ザ・ドッグ/ウワサの真相』

大統領選を11日後に控え、中国訪問中のアメリカ大統領のセックススキャンダルが暴露された。
大統領サイドは、スキャンダルから大衆の目を逸らす作戦をとろうとする。
招集されたのは世論誘導の専門家 ロバート・デ・ニーロが扮するコンラッド。コンラッドのアシスタントを務めるのは大統領広報官のアン・フェッシュ扮するウィニフレッド。
まずは、大統領が病気のため帰国が遅れることにする。

1208312

ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相~ [DVD]
原題:Wag the Dog
監督:バリー・レビンソン
脚本:ヒラリー・ヘンキン/デヴィッド・マメット
製作 ジェーン・ローゼンタール/バリー・レビンソン/ロバート・デニーロ
音楽:マーク・ノップラー
製作国:アメリカ合衆国  1997年  97分  ★★★★★

コンラッドは、ダスティー・ホフマン扮するハリウッドの大物プロデューサーのスタンリーに、依頼した。
スタンリーの契約書には、仕事の成功報酬として大使の椅子を用意する、ただし秘密を漏らした場合は暗殺するという項目が盛り込まれている。

1208311

スタンリーのアイデアは、アルメニアとの間の戦争を捏造すること。
アルメニア人に似た風貌の少女をスタジオで走らせ、CGで背景に爆撃され炎上する民家を配し、少女には猫を抱かせ、架空の画像を作り上げマスコミに流した。
さらに、1930年代に作られたと見せかけたカントリーソングを流行させ、古靴を利用した草の根運動をでっち上げてしまう。

1208313

アルメニア戦争の嘘がばれると、アメリカ軍特殊部隊の生き残りをでっち上げようとする。
こうした、スタンリーたちがしかけた工作により、大統領の支持率は70%を超えるまでになるのだった。

大衆やマスコミを騙す、そんな大それたことを、デ・ニーロとホフマンそれにフェッシュが、あくまで軽いノリでこなしているところは、まるでコメディだ。
湾岸戦争で世界のマスコミに流された原油まみれの海鳥の映像はタンカー事故によるものであり、クェート大使の娘が訴えたイラク兵の新生児大量虐殺は娘の狂言であったなど、私たちはニュースがでっち上げられることを目にしてきた。
それにしても、世論誘導の専門家という職業が存在するとは驚きである。
ワグ・ザ・ドッグ(Wag the dog)とは、冒頭の The tail が省略されていて、尻尾が犬を振るという意味から、本末転倒のこと。

『コレクター』

コレクター [DVD]
コレクター [DVD]
posted with amazlet at 12.07.12
原題:Kiss the Girls
監督:ゲイリー・フレダー
脚本:デヴィッド・クラス
原作:ジェイムズ・パタースン
音楽:マーク・アイシャム
製作国:アメリカ合衆国  1997年 116分 ★★★★

ノースカロライラの学園都市ダーラムで、姪のナオミ(ジーナ・ラヴェラ)が誘拐されたことを知らされ、クロス刑事(モーガン・フリーマン)はワシントンDCに向かう。
これまでに才色兼備の女子大生8人が誘拐され、すでに2名は惨殺死体で発見された。
クロスは地元警察のラスキン刑事(ケーリー・エルウィス)らと共に捜査に当たる。
被害者たちの資料につぶさに目を通したクロスは、犯人が女性を収集し監禁する猟奇的なコレクターであると断言する。なにしろクロスは犯罪心理学の博士でもあるのだ。

1207131

やがて、犯人に捕らわれていた女性医師のケイト(アシュレイ・ジャッド)が、犯人の隠れ家から奇跡的に脱出する。
ケイトは勇敢にも傷だらけの姿で記者会見を開いた。
これは、犯人に対する挑発であり、絶対犯人を許さないという意思表示でもあるわけだ。
クロスはケイトの回復を待って、彼女とともに犯人を追う。

Kissthegirls_2

猟奇誘拐殺人犯はカサノバを語り、警察に脅迫状を送り付けてきた。
カサノバを気取りオダリスク(ハーレム)を作ろうと血迷う犯人に捜査陣は憤りを感じ、ケイトは「歴史とはずい分違うカサノバね。カサノバは女性を殺したりはしない」と皮肉を言い放つ。
カリフォルニアでも、若い女性の連続誘拐事件が発生した。ふたつの事件の犯人たちはメールで連絡を取り、競い合っていたのだ。
やがて、ケイトの記憶を頼りにクロスは犯人の隠れ家を探し出し、ついに女性たちを助け出す。

一方、ケイトの自宅にはラスキン刑事が押しかけていく。
その頃、クロスは脅迫状に書かれたカサノバのサインから、真犯人がラスキン刑事であることを突き止め、急遽ケイトの家に向かうのだった。

本作の原題は『Kiss the Girls』、1965年の『コレクター(The Collector)』とは全く関係がない。
犯罪心理学によって局面を次々と打開するモーガン・フリーマンと、可憐で知的しかも意志の強いアシュレイ・ジャレットとのコンビが小気味いい。
このコンビは、『ハイ・クライムズ(High Crimes)』(2002年)でもお目にかかれる。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-03-07)
原題:Good Will Hunting
監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:マット・デイモンベン・アフレック
製作:アメリカ  1997年
マット・デーモンがハーバード大学在籍中に、友人のベン・アフレックとふたりで書いた脚本をもとに作成されたという。
アカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞している。

マサチューセッツ工科大学のランボー教授(ステラン・スカルスガルド)が、廊下の黒板に書いた数学の問題を、アルバイト清掃員のウィル・ハンティング(マット・デイモン)が、難なく解いてしまう。どういうこと?
天才的な数学の能力を持つウィルは、数学の本の見開き2ページを、ものの数秒で理解してしまう。

ウィルには孤児で里親に暴力を受けた過去があり、心を開こうとせず刹那的な生き方をしている。
ある日、ウィルは暴行事件を起こして拘置所に拘留され、ランボーが身柄を引き取る。
ランボーは、ウィルを何とかた立ち直らせようと専門家のカウンセラーを受けさせるが、いずれもウィルが反抗的な態度をとりうまくいかない。
ランボーは大学時代のルームメイトで、今はカレッジの講師をしている、ショーン・マクガイア(ロビン・ウィリアムス アカデミー賞助演男優賞受賞)をたずねる。

ウィルと同じ地区で育ち境遇が似ているショーンなら、何とかしてくれると踏んだのだ。
はじめは反抗的な態度をとるウィルだったが、次第に心を開いていく。
いつのまにか、この天才を遊び仲間のはみ出し者たちも応援してしまう。
いわんやDVDを観た者をや。

『目撃』

目撃(Blu-ray Disc)
目撃(Blu-ray Disc)
posted with amazlet at 12.05.18
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-07-14)
原題:Absolute Power
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ウィリアム・ゴールドマン
原作:デイヴィッド・バルダッチ
音楽:レニー・ニーハウス
製作:アメリカ 1997年
★★★★

ルーサー・ホイットニー(クリント・イーストウッド)は腕利きの泥棒である。彼が富豪の留守宅に忍び込み、貴金属や金をバックパックに詰めいざ屋敷から出ようとしたときに、ハイチに出かけたはずの富豪の若い妻と不倫相手の中年の男が、部屋に入ってくる。
彼は逃げ出すことができずに、マジックミラー越しにふたりの情事を見ている。
男はサディスティックになり、それを逃れようとした女がナイフを振りかざしたその時に、女は背後から撃たれて死亡する。
男はアメリカ合衆国大統領(ジーン・ハックマン)、撃ったのはシークレットサービスの男たちだった。
そこに、女性補佐官(ジュディ・デイヴィス)が現れて証拠を隠滅し彼らは立ち去るが、血のついたナイフを置き忘れてしまう。
ナイフを取りに男たちが戻ったときに、ルーサーはナイフを持って逃走していた。

警察の捜査陣は、辻褄が合わない強盗殺人事件にとまどう。一方大統領サイドも独自の手を打つ。
やがて、華麗な盗みの手口からルーサーが容疑者として浮上する。
彼は外国に高飛びするつもりで空港に行くが、テレビに映し出された殺人事件ついての大統領のスピーチに憤りを覚え出国を思い直す。
モラルの欠如した大統領に悪事の報いを受けさせようと画策しはじめる。
ルーサーへの捜査の輪が絞られて行くなか、警察は彼の娘(ローラ・リニー)を囮にして逮捕しようとするが、すんでのところで失敗に終わる。
そして、大統領サイドは娘の口を封ずるために、娘を車ごと崖から突き落とす。
・・・・・・
ルーサーは娘の成長期に、刑務所に入っていて娘と関わることができなかったことに対し、良心の呵責を感じている。
出所したルーサーは娘の前に姿を現すことはほとんどなかったが、折につけ密かに娘をカメラに収め、その写真を自室に飾っていたのだった。
イーストウッドのテーマのひとつである父性性が、本作では明快に描かれている。
結末は痛快。