2002年

『スパニッシュ・アパートメント』

スパニッシュ・アパートメント [DVD]
L'auberge Espagnole/The Spanish Apartment
監督:セドリック・クラピッシュ
脚本:セドリック・クラピッシュ
音楽:ロイク・デュリー (Kouz-1)
製作国:フランス/スペイン 2002年 122分

大学生は気楽なもの。どうしたら楽しい生活が送れるかという遊び人の思惑で生活する者も多い。公務員志望の真面目そうな主人公は、そういう考えとは縁遠いようだったが、入ったアパートが彼を目覚めさせる。

1304261

パリの大学生グザヴィエ(ロマン・デュリス)は、父親の友人の勧めでバルセロナの経済学大学院に留学することにした。留学は公務員になってから何かと有利だというのだ。

1304262

バルセロナに着くと、母親が紹介したアパートには先客がいた。グザヴィエは飛行機で知りあった夫が神経科医の新婚夫婦の部屋にとりあえず住まわせてもらい、アパートを探すことにする。
見つかったのは、イタリア人、ドイツ人、スペイン人、デンマーク人、イギリス人が共同で暮らす国際色豊かなアパート。そこに大学院で知り合ったベルギー人の女子学生イザベル(セシル・ド・フランス)も住むことになって、気楽で賑やかな生活が始まる。
グザヴィエは、さっぱりした性格のイザベルに心を寄せるが、彼女はレスビアンだった。

1304264

映画2作目の出演となるセシル・ド・フランスは、本作でフランスのアカデミー賞にあたるセザール賞で、新人女優賞を受賞した。彼女は、『シスタースマイル ドミニクの歌』でもレスビアンの主人公を演じている。

1304265

そんなイザベルからグザヴィエは、女性の扱い方を伝授してもらう。教えられたやり方で、グザヴィエは神経科医の妻ソフィ(ジュディット・ゴドレーシュ)の心をつかみ一線を越えてしまう。

1304266

パリに住む恋人のマルティーヌ(オドレイ・トトゥ)が、アパートにたづねてきて、グザヴィエの部屋でふたりきりになるものの、落ち着かないと文句を言う。マルティーヌの誕生日にパリに帰らなかったことで、グザヴィエは別れを告げられてしまうのだった。ふたりの向かうところが違ってきたのだ。

こうして、波乱万丈の1年の留学生活が終わりパリに帰ったグザヴィエは、安定した公務員の身分を捨て、作家になる夢をつかもうとするのだった。

『ロシアン・ドールズ』(2005年  セドリック・クラピッシュ監督)は、本作の続編。→映画(全般) ブログランキングへ

【セシル・ド・フランス出演作品】
少年と自転車』(12年)
ヒアアフター』(10年)
シスタースマイル ドミニクの歌』(09年)
ある秘密 ~愛に焦がれて~』(07年)
モンテーニュー通りのカフェ』(06年)
スパニッシュアパートメント』(02年)

『アダプテーション』

アダプテーション [DVD]
Adaptation.
監督:スパイク・ジョーンズ
脚本:チャーリー・カウフマン(ドナルド・カウフマン)
音楽:カーター・バーウェル
アメリカ 2002年 114分

マルコヴィッチの穴』で成功を収めた脚本家のチャーリー・カウフマンが、自分自身が映画の脚本を書くことに苦しむ話を脚本にした。
悶え苦しんだ挙句に考えついたストーリーは、カウフマン自身を登場させるというマトリョーシカ人形のような話。『マルコヴィッチの穴』で、マルコヴィッチ自身が穴に入るのと同じ発想になる。しかも、チャーリーには双子のそっくりな弟がいるという回帰と重層とが絡み合った設定である。

130321adapation1

チャーリー・カウフマン(ニコラス・ケイジ)が、『マルコヴィッチの穴』の撮影現場に顔を出し、ジョン・キューザックやキャサリン・キーナーやジョン・マルコヴィッチが忙しそうにしているなか、係員から邪険に扱われるところから、この映画は始まる。まるで、『マルコヴィッチの穴』の撮影現場から、そのまま話が引き継がれたような設定になっている。
チャーリーは、脚本家は現場に顔を出すものではないと反省することしきり。ハゲでデブと自らを卑下している。

130321adapation2

彼は、プロデューサーのヴァレリー(ティルダ・スウィントン)から、スーザン・オーリアン(メルリ・ストリープ)の著書、『蘭に魅せられた男 驚くべき蘭コレクターの世界』の映画化を依頼された。
ヴァレリーからスーザンが近くにいるから会ってはどうかとすすめられるが、まだ準備が不十分だとか、著者に会うと影響を受けてしまうと言って、逃げ出してしまう。というくらいチャーリーは内気で自信がない。
彼は脚本のことが頭から離れないが、筆は進まないスランプ状態に陥っている。そのせいで、ガールフレンドのアメリア(カーラ・シーモア)との間もうまくいかない。

130321adapation4

一方、チャーリーと同居する双子の弟ドナルドは、陽気で前向きな性格。ロバート・マッキーの脚本家養成セミナーに参加しただけで書いた脚本が、高い評価を受けてしまう。

スーザンが、著書を書き上げるまでの取材の過程は、苦悩するチャーリーの話と並行して進んで描かれる。

130321adapation3

主人公は、フロリダで蘭を不法採集した栽培家のジョン・ラロシュ(クリス・クーパー)。ジョンの幽霊蘭の採取に同行したスーザンは、夫とうまく行ってないこともあって、一線を超えてしまう。
ところで、ジョンの前歯が何本も欠けているのは、自堕落な生活をしているからではなく、悲惨な事故にあったからだ。

130321adapation5

チャーリーの脚本は相変わらずさっぱり進まず、スーザンの著書を読み進むうちに、彼女にあらぬ妄想を抱く始末。彼は、脚本に自らを登場させるアイデアを思いつき、思い腰をあげてスーザンに会うことを決心する。そして、チャーリーとドナルドは、彼女のいるマイアミに向かう。
ここまでのストーリーは、チャーリーとスーザンのそれぞれの話が、幾分関係を持ちながら並行して進んでいって、マイアミで交差しクライマックスに向かう。

マイアミで、兄弟はラロシュが蘭から麻薬を抽出したことを掴み、さらにスーザンとラロシュの不倫現場を目撃してしまう。
兄弟に秘密が知られたラロシュは、銃を持ってふたりを追い掛け回し、その結果、ドナルドは自動車事故に遭い、ラロシュはワニに襲われて死亡してしまう。

ほうほうの体でマイアミから逃げ帰ったチャーリーは、陽気なドナルドの性格が乗り移り、アメリアに愛の告白をするのだった。

ドタバタしていて、どこか愉快。
チャーリー・カウフマンのアイディアに、振り回されているような気分になる作品。 映画(全般) ブログランキングへ

【チャーリー・カウフマンの作品】
『脳内ニューヨーク/Synecdoche, New York』(08年)監督・脚本
アダプテーション』(02年)脚本
エターナル・サンシャイン/Eternal Sunshine of the Spotless Mind 』(04年)脚本
マルコヴィッチの穴/Being John Malkovich』(99年)脚本

『たそがれ清兵衞』

たそがれ清兵衛 [DVD]
たそがれ清兵衛 [DVD]
posted with amazlet at 12.11.01
監督:山田洋次
脚本:山田洋次/朝間義隆
製作:大谷信義/萩原敏雄/岡素之/宮川智雄/菅徹夫/石川富康
音楽:冨田勲  主題歌:井上陽水「決められたリズム」
公開:2002年 日本 129分

庄内地方の海坂藩(うなさかはん 架空の藩)の下級武士、50石の井口清兵衛は、妻をなくし痴呆の母親の面倒をみながら娘ふたりを育て、ぎりぎりの貧乏生活を送っていた。仕事が終わると黄昏時にまっすぐ家に帰る清兵衛を、回りは「たそがれ清兵衛」と呼んでいる。

_2

清兵衛の年収50石は、現在どれくらいの金額なのか。
50石といっても、「お借り米」つまり借金の返済で20石差し引かれていた。手元に残るのは30石。1石を1両、1両を4~5万円と換算すると、年収は120万~150万円。かなり深刻なワーキングプアである。
鶏を飼い、裏庭には野菜を栽培し、虫かご作りの内職をしているが、焼け石に水。生活は赤貧洗うがごとくである。

_3

清兵衛の幼馴染みの朋江(宮沢りえ)が甲田豊太郎(大杉漣)に嫁いだものの、酒乱で暴力夫の甲田を恐れて、離縁して逃げ帰ってきた。ある夜、朋江のもとに酒に酔った甲田が現れて朋江に絡む。それを静止する清兵衛に腹を立てた甲田は、清兵衛に果し合いを申し出るのだった。
よく日、真剣を振り回す甲田に、清兵衛は木刀の小太刀で立ち向かい、気絶させてしまう。

ここで清兵衛がただものでないことがわかる。かつて師範代を務めたこともある、小太刀の遣い手であった。

_4

藩主が亡くなり跡目争いの結果、反体制側は粛清され、一刀流の遣い手である余呉善右衛門(田中泯)は切腹を命ぜられた。余呉は藩命に従わず、自宅に立て籠もった。清兵衛に余呉を斬るようにと家老から命じられる。余呉を斬れば禄高を上げるとの甘い言葉にも、惑わされず断るのだった。しかし、家老の命令に逆らうわけにはいかず、引き受けざるを得ない。
清兵衛は朋江を呼んで事情を説明し、生きて帰ったら一緒になってくれるように、清兵衛は思いの丈を伝える。

さて、余呉の家に入った清兵衛に、余呉は逃がしてくれるように頼む。ところが、余呉が立て籠もったいきさつを聞いているうちに、清兵衛はつい気を許してしまう。妻の葬式で出費が嵩み、大太刀を売ったので、いま腰にさしているのは竹光であると、信じられないこと口走ってしまう。それを聞いた余呉は、自らの剣の実力を見くびったと怒り、清兵衛に挑みかかろうとする。清兵衛は、自分が修行した流派は小太刀で戦う流派だと言い訳しても、余呉の怒りは収まらない。当たり前だ。そこで壮絶な斬り合いが始まる。
【ここからネタバレです。】

続きを読む "『たそがれ清兵衞』" »

『アバウト・シュミット』

オマハに住む66歳のウォーレン・シュミット(ジャック・ニコルソン)は、定年を迎えた。やることがなくなったウォーレンは、テレビのコマーシャルに応じて、月22ドルでアフリカの子供の養父になって、手紙を書くようになる。
手紙に書いたことがト書きの役割をして、物語は進んでいく。

1208221

アバウト・シュミット [DVD]
原題:About Schmidt
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:アレクサンダー・ペイン/ジム・テイラー
原作:ルイス・ベグリー
製作:マイケル・ベスマン/ハリー・ギテス
製作総指揮:ビル・バダラート/レイチェル・ホロヴィッツ
音楽:ロルフ・ケント
製作国:アメリカ合衆国 2002年  125分 ★★★☆☆

娘(ホープ・デイヴィス)の結婚式を控えたある日、妻が脳梗塞で亡くなる。
娘とフィアンセが駆けつけ、ネズミ講まがいの投資話を持ちかけるフィアンセを気に入らず、結婚を延期するように娘を説得するが娘は聞こうとしない。

1208222

そうこうするうちに、結婚式が間近に迫り、式の準備の手伝いを申し出るが娘に断られてしまう。もはや誰もウォーレンを必要としていないと悲嘆にくれる。しかし、暇で仕方がないウォーレンは、断られたことなどお構いなしに娘のいるデンバーに向かうのだった。
開けっぴろげでタガが緩んでいる花婿の家族と一緒に過ごしたウォーレンは、考え方が全く違うことに不安を抱く。娘に結婚を断念するように諭すのだが、娘は聞き入れるはずもない。
そして、結婚式の日、苦言を呈したい気持ちを押さえて、父親としてのスピーチを無難にこなし、自宅に帰るのだった。
家に帰るとアフリカからの手紙が届いていた。そして、ウォーレンは自分を必要としてくれる人間がいることに感謝するのだった。

1208223

花婿の母親役のキャシー・ベイツが出てきてからは、周りの役者は彼女に食われっぱなしだ。ジャック・ニコルソンの演技は、目的を失ってしまった会社人間の悲哀がにじみ出ている。アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

『ハイ・クライムズ』

ハイ・クライムズ [DVD]
ハイ・クライムズ [DVD]
posted with amazlet at 12.07.15
原題:High Crimes
監督:カール・フランクリン
脚本:ユーリー・ゼルツァー/グレイス・ケイリー・ビックレイ
原作:ジョセフ・ファインダー
音楽:グレーム・レヴェル
製作国:アメリカ合衆国  2002年  115分

辣腕女性弁護士のクレア(アシュレイ・ジャッド)の家に、泥棒が入る。
事件で採取された指紋から、夫トム(ジム・カヴィーゼル)の本名がロナルド・チャップマンであることがばれる。
海兵隊の特殊工作員だったトムは、1988年にエル・サルバドルで一般市民9人と仲間2人をを殺害し12年間逃亡をした容疑で、FBIに逮捕されてしまう。

クレアは、夫の無実を信じ軍事法廷で夫を弁護することを決意するが、姓名を変える人物はまともじゃないと思わなかったのだろうか。
軍事法廷は一般の裁判とやり方が違う。
そこで彼女は、かつて上司の妻に手を出して軍を追われた、いわくつきのアル中弁護士チャーリー(モーガン・フリーマン)に援助を依頼する。ぴったりの役柄だ。

事の真相は、1988年エル・サルバドルでの作戦中、アメリカ人旅行者をアメリカ軍が射殺してしまった。軍はその責任をゲリラになすりつけようと、小さな村をおそって犯人をでっち上げたのだった。

_2

裁判が始まると、クレアとチャーリーは何度も危険な目に遭う。
軍から禁固5年の司法取引を持ちかけられ、旗色の悪いクレアとチャーリーはトムに妥協するように説得するが、トムは拒否する。
ところが、事件の真相が明らかになりかけたところで、裁判は突然に中止となり、トムは釈放される。
軍のやらせが明るみに出てスキャンダルとなることを、軍の上層部が恐れたのだった。
そして、やっぱりそうかという、どんでん返しが待っていた。

_3

タフで可憐なアシュレイ・ジャッドと、落ち着き払ったモーガン・フリーマンの演技がいい。ふたりの息の合ったコンビは、『コレクター(Kiss the Girls)』(1997年)でも見ることができる。

『シモーヌ』

シモーヌ デラックス版 [DVD]
シモーヌ [DVD]
posted with amazlet at 12.07.13
原題:S1m0ne
監督:アンドリュー・ニコル
脚本:アンドリュー・ニコル
音楽:カーター・バーウェル
製作国:アメリカ合衆国 2002年 117分 ★★★★

女優(ウィノナ・ライダー)たちのわがままに嫌気がさしていた落ち目の映画監督タランスキー(アル・パチーノ)は、バーチャル女優作成ソフトを手に入れ、このソフトで作った美貌のシモーヌ(レイチェル・ロバーツ)を主人公にした映画を撮影する。

1

これが大当たりして、映画はアカデミー賞を総なめし、シモーヌは世界的な女優になる。
さらにタランスキーはホログラム使ったコンサートを成功させ、シモーヌは世界的な歌手にもなってしまう。よくぞばれなかったもんだ。

2

あまりの人気沸騰ぶりに、このままでは収集がつかなくなると怖気づいたタランスキーは、シモーヌに失態を演じさせ人気を落とそうとするが、世間は失態すらも賛辞するようになっていた。

直接、人前に現れないシモーヌに疑惑を抱き、追跡する雑誌記者に秘密がばれそうになり、タランスキーはシモーヌをウイルスソフトで消してしまう。
しかし、彼は遺体なき殺人事件の犯人として逮捕されてしまうのだ。
ここで、タランスキーの娘(エヴァン・レイチェル・ウッド)が、機転をきかせてシモーヌを蘇らせ、彼は罪をまぬがれる。
離婚した妻(キャサリン・キーナー)がタランスキーのもとに戻ってきて、親娘3人でシモーヌに女優を続けさせることにするというハッピーエンド。

シモーヌがそのまま消滅せずに、復帰して人気女優を続ける結末がいい。
これはひとえに利発な娘のお手柄というより、監督で脚本を書いたアンドリュー・ニコルの思惑だ。
A・ニコル監督は、妻であるスーパーモデルのR・ロバーツをシモーヌ役に抜擢した。シモーヌはヴァーチャル女優だから、大根でも問題なし。

「シモーヌ」は、バーチャル女優作成ソフトの「Simulation One」から名付けられた。タイトルは「S1m0ne」と書かれていて、「1」と「0」が使われている。コンピューターの2進法を表している。
大傑作だ。

『バースデイ・ガール』

バースデイ・ガール [DVD]
原題:Birthday Girl
監督:ジェズ・バターワース
脚本:トム・バターワース
音楽:スティーヴン・ウォーベック
製作国:アメリカ 2002年
ジャンル:サスペンス/ロマンス/コメディ

銀行員のジョン(ベン・チャップリン)は、ネットの出会い系サイト「ロシアより愛を込めて」でロシア人の花嫁ナディア(ニコール・キッドマン)を選んだ。

彼の前に現れたナディアは美人だが、嫌煙派と登録されていたのにタバコを吸い、英語が堪能なはずなのにまったく通じない。
空港から自宅に向かう車の中で、吐き気を催し路肩で吐いてしまう。

120706

ところが、ナディアは性的にはいたって熟達していて、ジョンは彼女にすっかり参ってしまう。
こうして、新婚生活にも似た幸福を味わうのも束の間、彼女の誕生日に、従兄と称するユーリ(マチュー・カソヴィッツ)と、その友人アレクセイ(ヴァンサン・カッセルブラックスワン』のバレエ監督トマス役だった)がやってきて、そのまま住み着いてしまう。
野卑で乱暴な彼らはナディアを縛り上げ人質にしてジョンを脅し、勤め先の銀行からギターケース2つ分の大金を持ち出させるのだった。
実はナディアは2人とぐるで英語ペラペラ、アレクセイの女だった。
3人はヨーロッパ各地で同じ手口の悪事を働いてきた。

1207062_2

しかし、ナディアはアレクセイの非情さに愛想をつかしていて、彼の子供を宿しているにもかかわらず、別れることを選択するのだった。

1207063_2

警察から追われているジョンは、アレクセイのパスポートを使って、ナディアとモスクワ行きの飛行機に乗ろうとする。その時ナディアは、初めてソフィアという本名を名乗るのだった。

ジョンは緊縛が趣味、ナディアは彼の意に沿うように縛られる、そして4人それぞれが縛られてしまう。テーマは「縛る」?
いかにも金をかけずに作った感じがするが、そのチープさがかえって軽いストーリーにあっている。はすっ葉な役柄のキッドマンがいい。

『めぐりあう時間たち』

めぐりあう時間たち [DVD]
The Hours
監督:・ダルドリー
脚本:デヴィッド・ヘア
原作:マイケル・カニンガム
音楽:フィリップ・グラス
製作国:アメリカ  イギリス    2002年

Photo

1923年リッチモンド、ヴァージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)は『ダロウェイ夫人』を執筆し始めた。パーティの準備をするラリッサ・ダロウェイ夫人の一日を書こうと、頭を悩ませている。

Photo_2

1951年ロサンゼルス、妊娠6ヶ月のローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)は、夫の誕生日のケーキ作りを息子と始めるが、うまくいかない。
日々の生活に違和感を感じているローラは、『ダロウェイ夫人』を読んでいる。

2_5

2001年ニューヨーク、サリー(アリソン・ジャニー)と暮らすクラリッサ・ボーン(メリル・ストリープ)は、小説家である友人のリチャード(エド・ハリス)の受賞パーティーの準備をしている。リチャードはエイズの末期で足を引きずりながら生活をしている。
クラリッサはパーティ好きで、ダロウェイ夫人とあだ名されている。

ヴァージニアとローラはそれぞれが死を考えている。クラリッサには死が迫った友人がいる。ヴァージニアもローラも女性とキスをすることで心が落ち着く。クラリッサは女性と暮らしている。
死とゲイがテーマだ。
3人のそれぞれの一日が代わる代わる映し出され、『ダロウェイ夫人』が、3人を結びつけている。

ヴァージニア・ウルフは女性との性交渉があったと言われている。
1941年、ヴァージニアは夫と姉に遺書を残し入水自殺した。
シモーヌ・ド・ボーヴォワールは著書『第二の性』(1949年)の中で、「これまでのすべての女性作家の中で既定の条件について探求しようとした女性作家は、エミリー・ブロンテ、ヴァージニア・ウルフ、そして“時々”キャサリン・マンスフィールドの3人だけである」と書いている。
最初にフェミニズムを訴えた女性のひとり。

いつになったらニコール・キッドマンが顔を出すのだろうと思わせるぐらいのつけ鼻メイクで、鬼気迫る演技を見せたニコール・キッドマンが、アカデミー賞主演女優賞を獲得している。別人に見えた。
→『バージニアウルフなんかこわくない』(1966年 マイク・ニコルズ監督)

【・ダルドリー監督作品】
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』Extremely Loud and Incredibly Close (11年)
愛を読む人 』The Reader(08年)
めぐりあう時間たち』The Hours (02年)
リトル・ダンサー』 Billy Elliot(00年)