2004年

『サイドウェイ』

サイドウェイ [Blu-ray]
サイドウェイ [Blu-ray]
posted with amazlet at 13.03.09
Sideways
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:アレクサンダー・ペイン/ジム・テイラー
原作:レックス・ピケット
音楽:ロルフ・ケント
アメリカ  2004年  130分 ★★★*

バツイチ教師と売れない俳優が、カリフォルニアのワイナリー巡りをするロードムービー。

1303091

小説家希望の英語教師のマイルス(ポール・ジアマッティ)と売れないTV俳優のジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は、大学時代のルームメート。ワインをこよなく愛するマイルスは結婚を間近に控えたジャックとともに、カリフォルニアのサンタバーバラ郡のワイナリーを巡りゴルフを楽しむ旅行に出かけた。
マイルスは未だに前の妻に未練たらたらで、旅行中に酔っ払って電話するようなダメ男である。マイルスの執筆中した小説は、編集者の手に渡って、出版されるかどうかの連絡待ち。

一方、ジャックの旅の目的は、もっぱらガールハント。結婚式ぎりぎりまで、羽目を外して思いっきり女遊びをしようというとんでもない魂胆。

1303093

マイルスはワイナリーで働く顔なじみのマヤ(ヴァージニア・マドセン)に出会い、彼女の友人のステファニー(サンドラ・オー)も加え、4人で夕食をともにすることになる。

Sideways

マヤの夫はカリフォルニア大の哲学の教授であったが、ふたりは1年前に離婚していた。彼女はワイナリーで働きながら、園芸学の講義に週2回通っているという。
彼女はワインに対しての鋭い味覚を備えていて、夫のワインの味覚がインチキだとわかったことが、別れる理由だったという。マイルスとマカはワインの話題で盛り上がる。当然ながらふたりの距離は縮まっていく。

マヤはマイルスがピノ・ノワールを好む理由を訊く。
ピノ・ノワールは高温多湿を嫌い、栽培には手が掛かかる。出来あがるワインは繊細で、マイルスはその繊細さが好みだと話す。カベルネ・ソービニオンシラーは、生命力が強く放っておいても育ち、ワインの味も力強い。今はリースリングに凝っているという。
こうしたワインのちょっとした薀蓄が所々に差し挟まれて、ストーリーが展開される。

1303092

一方、ジャックはステファニーと気が合い深い中になるが、ジャックが結婚を控えているとわかると、ステファニーは烈火のごとく怒り出す。マヤもマイルスがジャックの結婚を内緒にしていていたと怒り出す。
怒り方が尋常でない激しさのステファニーは、東洋系女優サンドラ・オーが演じている。彼女は、『ラビット・ホール』(10年)にも出ていて、主人公ニコール・キッドマンの夫役のアーロン・エッカートと不倫の関係になる、本作と似たような役どころだった。韓国系カナダ人である。

これでジャックは女遊びに懲りたかと思いきや、今度はレストランのウェートレスに手を出し、女の部屋にクレジットカード入りの財布を忘れてしまうという体たらくで、またもやひと騒動が起こる。

13030944_2

マイケルの小説は今回も出版が見送りになり、彼は自暴自棄になってワインをがぶ飲みする。

こうしてふたりのドタバタの旅行は終わり、ジャックはなんとか結婚式をあげる。
留守電にマヤからの伝言が入っていて、それを聞いたマイケルは彼女に会いに出かけるのだった。

ワイン好きにはたまらないワインの薀蓄がそこかしこに挟み込まれている。
アカデミー賞脚色賞を受賞している。


ブログランキングへ

【ロードムービー】サイト内リンク
星の旅人たち』The Way/10年
リトル・ミス・サンシャイン』Little Miss Sunshine /06年
『サイドウェイ』Sideways/04年
ヴァイブレータ』Vibrator/03年
モンスター』Monster/03年
ストレイト・ストーリー』The Straight Story/99年
テルマ&ルイーズ』Thelma and Louise/91年
スタンド・バイ・ミー』Stand by Me/86年

『エターナル・サンシャイン』

エターナル・サンシャイン [Blu-ray]
Eternal Sunshine of the Spotless Mind
監督:ミシェル・ゴンドリー
脚本:チャーリー・カウフマン
原案:チャーリー・カウフマン/ミシェル・ゴンドリー/ピエール・ビスマス
音楽:ジョン・ブライオン
アメリカ  2004年  107分 ★★★*

『マルコヴィッチの穴/Being John Malkovich』(99年)脚本、『脳内ニューヨーク/Synecdoche, New York』(08年)の監督・脚本で、異才を放ったチャーリー・カウフマンが、本作ではアカデミー賞脚本賞を受賞した。
また、ケイト・ウィンスレットが、アカデミー賞主演女優賞ノミネートされた。
消す必要のない記憶を消そうとすることで騒動が巻き起こる異色のラブストーリー。

1302251

ジョエル(ジム・キャリー)は決断力がなく消極的で平凡な男。
一方のクレメンタイン(クレム/ケイト・ウィンスレット)は気まぐれでひっきりなしに喋っている女。髪の毛の色を「青い廃墟」「アカの脅威」「緑の革命」「枯葉剤色」などと名付けて、しょっ中替えている。
ふたりはバレンタインの日を前に別れてしまう。

1302252

クレムにすげなくされたジョエルは、彼女がクリニックで記憶消去の処置を受けたことを知る。それならばと、彼もクレムを忘れるために記憶消去の処置を受けることを決意する。
相手に関わる思い出の品物やエピソードを脳からひとつずつ消していく方法で、記憶消去は行われる。

1302253

ジョエルの記憶消去は、彼が無意識に記憶を消し去ることに抵抗しているのか、スムースにいかない。
記憶を消す処置を行うスタン(マーク・ラファロ)にも問題があった。スタンとクリニックの受付嬢メアリー(キルスティン・ダンスト)は、ジョエルが消却の処置を受けて寝ているベッドの上で、酒を飲んで踊りマリファナを吸ってセックスをするというデタラメさなのだ。
そんな、いい加減なことで処置がうまくいくはずがなく、ジュエルの脳のどこかにクレムについての記憶が紛れ込んでしまう。
どうにも手に負えなくなったスタンは、真夜中にハワード博士(トム・ウィルキンソン)を呼び出すことにした。博士が現れると、マリファナの影響が抜けないメアリーは、前から思いを寄せていた博士に言い寄ってキスをせがんでしまう。メアリーには、ハワード博士のことを忘れるために記憶消去を受けた過去があった。
ここで、博士を追いかけてきた妻が、博士とメアリーがキスをするところを目撃して逆上するのだった。

1302254

記憶を消す過程をどう映像化するかが、この映画の難しいところだが、そこに今ひとつ説得力がない。

もうひとりの助手パトリック(イライジャ・ウッド)は、クレムに記憶消却の処置をしているときに一目惚れをしてしまい、不届きにも彼女のパンティを盗んだり言い寄ったりするのだ。

1302255

こんなドタバタするなか、振り出しに戻ったふたりは、それぞれの欠点を認め合いながら、やり直そうとするのだった。
見終わった直後は不可解さに戸惑うが、時間が経ってストーリーを思い返すと、どこか救われるような気持ちになる、不思議な魅力がある映画だ。→映画(全般) ブログランキングへ

ちなみに、原題の「Eternal Sunshine of the Spotless Mind/汚れなき心の永遠の陽光」は、作中メリーが口ずさむ、18世紀前半の英国詩人アレクサンダー・ポープの詩の一節からきている。
How happy is the blameless vestal’s lot !
The world forgetting, by the world forgot.
Eternal sunshine of the spotless mind !
Each pray’r accepted, and each wish resign’d.

【チャーリー・カウフマンの作品】
『脳内ニューヨーク/Synecdoche, New York』(08年)監督・脚本
アダプテーション』(02年)脚本
エターナル・サンシャイン/Eternal Sunshine of the Spotless Mind 』(04年)脚本
マルコヴィッチの穴/Being John Malkovich』(99年)脚本

【ケイト・ウィンスレット出演作品】
おとなのけんか』Carnage/2011年
『コンテイジョン』Contagion/2011年
『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』Mildred Pierce /2011年
愛を読むひと』The Reader/2008年
リトル・チルドレン』Little Children/2006年
エターナル・サンシャイン』Eternal Sunshine of the Spotless Mind/2004年
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』The Life of David Gale/2003年 
アイリス』Iris/2001年
『エニグマ』Enigma/2001年
『タイタニック』Titanic/1997年
いつか晴れた日に』Sense and Sensibility/1995年
『乙女の祈り』Heavenly Creatures/1994年

『真珠の耳飾りの少女』

真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]
Girl with a Pearl Earring
監督:ピーター・ウェーバー
脚本:オリヴィア・ヘトリード
原作:トレーシー・シュヴァリエ『真珠の耳飾りの少女』
製作:アンディ・パターソン/アナンド・タッカー
音楽:アレクサンドル・デプラ
製作国:英国  ルクセンブルク  2004年  100分

1650年代、オランダのデルフト。
冒頭、フェルメールの絵に描かれている部屋や調度品が映し出される。壁に貼られた世界地図や、背もたれが鋲で留められた椅子や、市松模様風の床などが映ると、フェルメールファンは一気に引き込まれる。画面は、いわゆるフェルメールの光に満ちている。

主人公のグリート(スカーレット・ヨハンセン)の父親は、デルフト焼きのタイル絵師。グリートは見習い女中としてフェルメール家に住み込むことになる。父親が盲目であったため、家具を元の位置のまま掃除ができる特技を持つ設定である。

グリートに仕事を説明する女中頭は、ひところ流れていた牛乳のTVコマーシャルでおなじみの「牛乳を注ぐ女」そのもの、白い帽子をかぶり前掛けをして肉付きがよく貫禄十分。

フェルメール(コリン・ファース)は寡作の画家で、妻の母親は資産家とはいえ、6人目の子供が生まれたばかりと子沢山、経済的な余裕はない。このあとも、フェルメール家は子宝に恵まれ、14人もの子供が生まれたという。

2

画商のファン・ライフェン(トム・ウィルキンソン)はフェルメール家の生殺与奪の権を握っていると言っていい。ライフェンのさじ加減ひとつで、フェルメール家の経済状況は変わるのだ
ライフェンの事務所には、あの名作「デルフト眺望」が、さりげなく壁にたてかけられておかれている。「ふたりの紳士と女」の男のモデルは、ライフェン自身だと自慢する。
本作では「真珠の首飾りの女」のモデルは妻だと、フェルメール家に招かれたディナーの席でライフェンが言う。フェルメールの絵に何回か使われるテンの毛皮の襟がついた黄色の服を身にまとい、いままさに真珠の首飾りをつけようとしてる構図である。ライフェンは「妻は牛の小便で染めた黄色の服を着せられた」と嫌味を言う。当時、黄色の絵の具はマンゴーの葉を食べさせた牛の小便から抽出して作られたという(『深読みフェルメール』)。
ライフェンは、フェルメール家の女中に手を出し身ごもらせた前歴がある厄介な人物。機会あらばグリートを手篭めにしようと狙っている狒々ジジイだ。

3

グリートには、アトリエの窓を拭くと光が変ってしまうとためらうような色彩に敏感なところがある。
そこをフェルメールが見込み、グリートに絵を描くために使うカメラの原型であるカメラ・オブスクーラを見せたり、絵の具の調合をさせたりするのだった。そうしてふたりは心を通わせていく。

4

やがて、アトリエでフェルメールとグリートが過ごす時間が長くなり、妻はふたりの関係に疑惑を抱くようになる。

そして、普段は足を踏み入れないアトリエに逆上した妻が入り、フェルメールに描いている絵を見せるよう迫る。その絵には、青いターバンを巻き、妻が所有する大きな真珠の耳飾りをつけ、口を半開きにして、こちらを振り向くグリートが描かれていた。

5

フェルメール・ラバーは見逃せない映画。
第76回アカデミー賞で撮影賞・美術賞・衣裳デザイン賞で候補にあがった。

【2012.11.02】『深読みフェルメール』朽木ゆり子×福岡伸一
【2011.12.21】『フェルメール 静けさの謎を解く』藤田令伊
【2011.11.09】 フェルメールからのラブレター展@宮城県美術館
【2011.10.28】『フェルメール 光の王国』福岡伸一


画(全般) ブログランキングへ

『家の鍵』

15年の空白を経て、父親が障害を持つ息子と、これから生活をともにする決意に至るまでの過程を描いた作品。

家の鍵 [DVD]
家の鍵 [DVD]
posted with amazlet at 12.09.12
原題:le chiavidi casa(The Keys to The House)
監督:ジャンニ・アメリオ
脚本:ジャンニ・アメリオ/サンドロ・ペトラリア/ステファーノ・ルッリ
製作:エンツォ・ポルチェッリ/カール・バウムゲルトナー/ブリュノ・ペズリー/ジャンフランコ・バルバガッロ/マイケル・シュワルツ
音楽 :フランコ・ピエルサンティ
製作国:イタリア フランス ドイツ  2004年  111分

15年前に難産で恋人をなくしたジャンニ(キム・ロッシ・スチュアート)は、生まれたわが子を恋人の家族に預けたままになっていた。
障害のある息子のパオロとは、これまで会ったことがなかった。
恋人の兄がジャンニを呼び出して、パラオをミュンヘンからベルリンのリハビリ施設まで連れていくようにと言う。
まさか嫌とは言えないジャンニにとって、これからの生活を占うふたりだけの旅になる。

障害を負った理由は、出産が長引き帝王切開には時間の余裕がなく踏み切れず、鉗子分娩が行われた。新生児は酸素欠乏と分娩時のなんらかの損傷により脳性麻痺となった。

3

ジャンニとパラオはイタリア語で話し、ドイツ語が理解できないという設定なので、ジャンニはより一層孤独で不安な状況にある。
リハビリ施設でのやりとりは言葉の壁もあって、ぎこちない。

2

そんななか、リハビリ施設でイタリア語を話すニコール(シャーロット・ランプリング)と出会う。
ニコールは重い障害をもつ娘の介護を20年も続けてきた。
ジャンニはパラオの父親であることを素直に彼女に語ることができないでいる。慣れていない父親であることに、戸惑いを感じているのだ。
彼女は障害を持つ子どもの親の苦悩をジャンニに語るのだった。現実を受け止めて向き合うしかないと。。
チャリティ会場で、ジャンニが目を離した隙に、パラオはひとりで会場の外に出かけ、ベルリンの町で迷子になってしまう。
このことをきっかけに、ジャンニの戸惑いは少しずつ薄まっていく。
この辺のジャンニの気持ちの変化が、本作の見どころである。

1

リハビリ施設を出たジャンニとパラオは、パオロが文通している少女の住むノルウェーに船で向う。
やがて、ジャンニは吹っ切れてパオロを家族に迎えることを妻に電話をして、パラオにも話すのだった。しかし、パオロは車のなかで運転させろとハンドルを握り、離すように言っても聞き入れない。そんなパオロのわがままに苛立ち覚え、ジャンニは車を止め外に出て、思わず涙を流すのだった。そこに近寄ってきたパラオがジャンニを慰める。

父親としてパラオを受け入れようとするものの、受け入れきれないでいるジャンニの葛藤が、見事に描かれている。


映画(全般) ブログランキングへ

『シリアの花嫁』

もともとシリア領だったゴラン高原の小さな村は、シリアと分断されイスラエルの占領下にある。住民の多くがイスラエル国籍を拒否し無国籍のままだ。

1208241

アマル(ヒアム・アッバス)の妹モナ(クララ・フーリ)が結婚する日なのに、アマルたちの心は晴れない。モナが村を出て嫁いだら、2度と村に戻って来れなくなるからだ。
モナの結婚相手はダマスカスに住む親戚の人気俳優。ふたりは写真を見ただけで結婚を決めたものの、今まで顔をあわせたことがない。

シリアの花嫁 [DVD]
シリアの花嫁 [DVD]
posted with amazlet at 12.08.23
原題:The Syrian Bride
監督:エラン・リクリス
脚本:
製作国:フランス・ドイツ・イスラエル  2004年  97分
★★★★

父親は反イスラエル運動により何度も収監されたイスラエルにとっての要注意人物。
おりしも、シリアの大統領が息子のアサド(見境なく反対派や市民を殺しているあのアサド大統領)に交代しようとしているとき、村ではイスラエルの占領に反対するデモが行われる。
警察は、父親がデモに加われば逮捕し、娘を見送りに「軍事境界線」に行くことも許さないと脅す。

1208242

やがて、ロシアから長男ハテムとイタリアから次男のマルワンも、やってくる。しかし父親は故郷を捨てロシア人と結婚したハテムを許そうとしない。
アマルの夫は、娘が男と会った罰として結婚パティーに出席させないと言う。
そんななか、アマルは父親のことで警察に掛け合い、父にハテムを許すように言い、夫には娘を出席させるように促し、孤軍奮闘するのだった。
やがて、パーティが終わり、モナの一家は新郎たち一家が待つ「境界」へ向かう。しかし、一行は融通のきかない小役人に翻弄され、延々と待たされる。

1208243

面子や建前にこだわのは、それは家庭も村も国家も同じ。
アマルは毅然とした態度でのぞむ。

腹の出た男性カメラマンが、結婚に不安を抱くモナに、「結婚はスイカと同じ。割ってみなければわからない」と含蓄のある話をする。爆笑ものだ。
本作で意志の強い女性を演じたヒアム・アッバスの『扉をたたく人』(08年)での、苦悩する母親の演技も印象的だ。

『下妻物語』

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
下妻物語[DVD]
posted with amazlet at 12.08.17
英語表記:Kamikaze Girls
監督:中島哲也
脚本:中島哲也
原作:嶽本野ばら
音楽:菅野よう子『Tommy heavenly6』
製作国:日本  2004年  102分

女性版、任侠もののコミック風コメディー、肩の凝らない青春の友情物語。

茨城県下妻市に住む桃子(深田恭子)は、ロリータファッションを愛する孤独な高校生。下妻は周りが田んぼであぜ道には牛がいるのどかな田舎。
桃子たち一家が尼崎から下妻に引っ越してきたのは、ヤクザの父親(宮迫博之)が手がけた偽のベルサーチが売れに売れ、警察に目を付けられたため、組長に姿を消すように命じられたからだ。

1208161

桃子がそのバッタモンのベルサーチをネット販売したところ、暴走族のイチゴ(土屋アンナ)が桃子の家に直接買いにきて、イチゴはその後もなにかと桃子の家に顔を出すのだった。

1208162

イチゴは所属する暴走族のリーダーが引退する時に、リーダーに対する感謝の気持ち込めて「ありがとう」と刺繍した特攻服を着たいと思っている。
そこで、伝説の刺繍人を探しに、ふたりは代官山に繰り出すが、見つけ出せない。
刺繍の腕に覚えがある桃子は、イチゴのために徹夜で特攻服に刺繍を施す。その刺繍の出来栄えに、イチゴは大感激するのだった。
こうして、まっすぐで単純なイチゴと今まで他人と交わることなくわがままに暮らしてきた桃子の友情は、深まっていく。

1208163

所属する族の方針に従わないとして、イチゴが集団リンチを受けることになる。巨大な牛久大仏が見下ろすリンチの現場に、桃子は殴り込みをかける。
そして、元ヤンキーの祖母(樹木希林)、三下ヤクザの父の血を引く桃子は、この手のことはお手の物、暴走族たちの前で威勢のいい啖呵を切るのだった。

『イン・ザ・カット』

ニコール・キッドマンが製作に名を連ねているのは、どういうわけだろう。
最初この役は、ニコール・キッドマンにきたが断ったという。メグ・ライアンとの間に、次のようなやり取りがあったんじゃないか。
ニ:「この役、私にきたんだけど、あんたやらない? 私、忙しくて時間とれないのよ」
メ:「脚本読んだけど、私には濡れ場が凄すぎるわ」
ニ:「いつまでも、ラブコメの女王じゃ、潰しが効かないわよ。私が後押しするからさ、やってみたらどう」
メ:「じゃあ、前向きに考えてみるわ」
てな具合にだ。

イン・ザ・カット [DVD]
原題:In the Cut
監督:ジェーン・カンピオン
原作:スザンナ・ムーア
脚本:スザンナ・ムーア/ジェーン・カンピオン
製作:ニコール・キッドマン/ローリー・パーカー
音楽:ヒルマル・オルン・ヒルマルソン
製作国:アメリカ合衆国  2004年  119分

ライアンが演じる大学の講師フラニーは、他人に心を開かない生き方をしている。唯一、異父姉妹の妹のポーリーン(ジェニファー・ジェイソン・リー)だけには心を許している。
ある日フラニーの家の近くで女性の猟奇殺人事件が発生し、現場のカフェにいたフラニーは、犯人らしき人物の手首のタトォーを目撃した。

120815_1

聞き込みにきたマロイ刑事(マーク・ラファロ)は、フラニーの家に入り込み、図々しいくらいにあれこれ訊く。見るからに怪しげなマロイ刑事の手首にも同じタトォーが彫られていた。
フラニーは何かが吹っ切れたように、マロイの誘いにのって親密な関係になっていく。
犯人と疑いながらも性的に深みにはまっていくフラニーは、マロイにいつ危害を加えられるのかという恐怖を抱えているわけだ。

120815_2

それに、気味の悪い研修医役のケヴィン・ベーコンがストーカーのようにフラニーに付きまとう。

120815_3

やがて女子医学生が殺されて切り刻まれる。
フラニーのマロイに対する疑惑は、強くなるばかり。それにつれ、ふたりの関係は深まっていくのだった。
そして、第3の殺人事件が発生するに至って、フラニーのマロイに対する疑いは確信に変わる。

イン・ザ・カット (ハヤカワ文庫NV)
スザンナ・ムーア
早川書房

『クローサー』

見た目は草食系のダン(ジュード・ロウ)と見るからに肉食系のラリー(クライヴ・オーウェン)のふたりが、食欲旺盛な雑食系のアンナ(ジュリア・ロバーツ)を奪い合う三角関係に、ストリッパーながら足が地に着いた若いアリス(ナタリー・ポートマン)が絡むストーリー。どろどろした三角関係のなかで、交わされる言葉は直接的でえげつなく辟易する。救いはアリスが我が道を行くところ。
有名な戯曲の映画化だそうだ。

クローサー [DVD]
クローサー [DVD]
posted with amazlet at 12.08.01
『クローサー』
原題:Closer
監督:マイク・ニコルズ
脚本:パトリック・マーバー
製作:ケイリー・ブロコウ/ジョン・コーリー/マイク・ニコルズ/スコット・ルーディン
音楽:モリッシー
製作国:アメリカ合衆国  2004年  103分

ニューヨークからロンドンに出て来たストリッパーのアリスと小説家志望のダンは、同棲を始める。アリスをモデルにした小説を書きあげたダンは、写真家のアンナに、厄介なことに、一目惚れをしてしまう。

1_2

ダンのイタズラにより、アンナと皮膚科医のラリーが出会うことになり、ふたりは心を通わせ始める。
ここで三角関係が生まれることになるわけだ。

2

アンナとラリーは結婚を約束するが、アンナは不謹慎にもダンとの密会を重ねるようになる。結婚したふたりのわだかまりは消えない。
アリスは、ダンがアンナに惹かれていることを知り、ダンの元から姿を消しストリッパーとして働き始める。そのアリスの前に性器が服を着ているようなラリーが客として現れる。

ラリーはアンナとの離婚届にサインする代わりに、最後にもう一度彼女を抱きたいと言い出し、アンナはその条件を受け入れる。
それを知ったダンは、アンナを信頼できなくなる。
さらに、ラリーの診療所を訪ねダンは、アンナとラリーの離婚は成立していなかったことを知らされ、愕然とするのだった。

4人の男女の駆け引きの機微が面白い、と言えばその通りだが。。
筋が通っているのはストリッパーのアリスだけ、あとの3人は下半身のモラルがゆる過ぎる。アリスは、もうロンドンっ子はうんざりとばかり、ニューヨークへ帰ってしまう。

『ステップフォード・ワイフ』

ステップフォード・ワイフ [DVD]
ステップフォード・ワイフ [DVD]
posted with amazlet at 12.07.15
The Stepford Wivwes
監督:フランク・オズ
脚本:ポール・ラドニック
音楽:デヴィット・アーノルド
製作:アメリカ合衆国 2004年 93分

諷刺の利いた作品。
過激なテレビ番組を作ったことで、辣腕女性プロデューサーのジョアンナ(ニコール・キッドマン)はテレビ局を解雇される。失意の妻を転地療養させようと、夫ウォルター(マシュー・ブロデリック)はコネティカット州のステップフォード(架空の地)に引っ越すことを決める。

1_2

ステップフォードは町が清潔で静か、まるでゲートタウンのように安全そうである。ステップフォードの妻たちは、そろいもそろって美人で見事なプロポーションをフェミニンなカラーのワンピースに包み、夫に従順である。あまりにも妻たちが画一的であることに、ジョアンなは違和感を抱く。
男たちは「ステップフォード男性協会」に集まり、なにかを企んでいるらしい。

2_2

ある日の会合で体調が悪くなった女性が、同じことを口走りくるくる回転しながら倒れる。
この女性は故障したロボットだった。
ジョアンナが、ネットで妻たちの過去を調べると、バリバリのキャリアウーマンとしての過去を持つ女性ばかりであった。
ステップフォードの男たちにとっての理想の妻は、会社で有能な仕事をする女性ではなく、いつもきれいに着飾り、オナラはしない、従順で家庭を守る良妻賢母である。
男たちの目的は、フェミニズムが大手を振っている風潮に抗い、ステップフォードに古き良き男たちの時代を蘇らせることである。

そしてついにジョアンナにも魔の手が伸び、金髪になってしまう。

3

ステップフォードの実力者と思われたマイク(クリストファー・ウォーケン)は実はロボットで、その妻クレア(グレン・クローズ)こそがステップフォードの創始者だった。クレアは脳外科医にして遺伝子工学の世界的な権威、やがては男たちも改造するつもりだった。
という、教訓に満ちた含蓄のあるSFコメディーでした。
原作は、『ステップフォードの妻たち』アイラ・レヴィン ハヤカワ文庫。

『記憶の棘』

記憶の棘 オリジナル・バージョン [DVD]
記憶の棘 [DVD]
posted with amazlet at 12.07.07
原題:Birth
監督:ジョナサン・グレイザー
脚本:ジョナサン・グレイザー/ジャン=クロード・カリエール/ミロ・アディカ
音楽:アレクサンドル・デプラ
製作:アメリカ合衆国  2004年

ジョセフ(ダニー・ヒューストン)との結婚を控えたアナ(ニコール・キッドマン)は、10年前に最愛の夫ショーンを心筋梗塞で亡くした。

アナの母親(ローレン・バコール)の誕生日に、ショーンと名乗る10歳の少年(キャメロン・ブラント)が現れて、アナに「君は僕の妻だ、結婚をしないでほしい」と唐突に言う。
「なんだこのガキ」という態度は大人たちだから誰も出さず、アナは少年を部屋から追い出す。

1207071

少年はアナしか知り得ないショーンとのエピソードを語り、やがて少年が言うようにショーンの生まれ変わりかもしれないとアナの胸中は揺れ動く。
そして、少年と1日一緒に暮らしたりデートをしたりすることで、アナの思いは確信に変わっていく。
アナは少年が21歳になったら結婚しようとまで言い出すのだった。
それはいいとして、風呂に一緒に入るのはまずいんじゃないの?

1207073

アナの母親は少年に「出て行きなさい」と言うし、出産を控えている姉も迷惑だと言う。もちろん婚約者のジョセフは面白くないことこの上ない。
少年を信じようとするのはアナだけである。

1207072

そんなアナの変わりように、小肥りでいかにも世俗的なジョセフは、ある日アナの家族の前で少年に大人げのない暴力をふるってしまい、彼女との間に溝ができてしまう。

ショーンの親友だったクリフォード(ピーター・ストーメア)は、少年はショーンではないとアナに断言する。
さらに、アナの友人のクララ(アン・ヘッシュ)は少年に、「あなたはショーンでない」と確信をもって言う。
クララから突きつけられたショーンについての事実を知らなかったことで、少年はあっけなくアナから去っていく。
少年はショーンとアナとの間で起こったことについては知っているが、ショーン付き合ったアナ以外の人間とのエピソードについては全く知らない。これで少年の言う生まれ変わりは眉唾だとわかる。

DVDの冒頭に戻ると、ショーンの講演からこの物語は始まっている。
「それでは率直に答えます。もし妻が亡くなり、その翌日窓辺に小鳥が飛んできて、僕を見つめてこう言ったら?〈ショーン、アナよ、戻ってきたの。〉僕はどうするか?きっとその鳥を信じ、一緒に暮らすでしょう。でも科学者ですから、生まれ変わりは信じません。以上です。帰る前にジョギングしないと」
そして、ショーンは冬の道を走り始める。

クラシック演奏会の客席に座るアナが、少年がショーンの生まれ変わりだと確信するに至る心の変化を、長々と映る顔だけで表現している。キッドマンに並外れた演技能力があるからこそのシーンだと思う。