« 『ルート66をゆく』アメリカの「保守」を訪ねて 松尾理也 | トップページ | 『キングの身代金』 エド・マクベイン »

『フェルメール 光の王国』 福岡伸一

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)
福岡伸一
木楽舎
2011年8月1日
ISBN 987-4-86324-040-7

本書にはふたつのテーマがある。
ひとつはフェルメールに関する多くの本がそうであるように、光の使い方についてである。
著者はそれを「光の粒だち」と呼んでいる。
もうひとつは、著者が登場させる歴史上の人物たちについてである。
著者の独自の視点でフェルメールと彼らを結びつけ、フェルメールの人物像や絵の分析を試みている。

ヨハネス・フェルメール、アントニー・ファン・レーウェンフックマウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898~1972)、野口英世、夭折の天才数学者エヴァリスト・ガロア、DNAの2重らせん構造の発見者のワトソンとクリック、著者が動的平衡の拠り所としているルドルフ・シェーンハイマー、地動説のガリレオ・ガリレイ(1564~1642)、土星の輪の発見者ジョヴァンニ・カッシーニ(1625~1712)、ロゼッタストーンを解読したトマス・ヤング、そしてポール・マカットニー。
マッカートニーはロンドンのケンウッドハウスにある『ギターを弾く女』がお気に入りでときどきお忍び現れるとのこと。
時代も場所もかけ離れた接点のない人物の逸話を挟み込んで、話しは分裂することなく広がりを見せている。

Image

フェルメールの絵には、"フェルメールの部屋" と呼ばれる構図で描かれているものがある。
光が左の窓から差し込む構図である。
人物の向こう側の壁には絵画や地図などが描かれる。
切り取られた日常のひとこまが、光に照らされる部分と影により、物語性が表現されている。
フェルメールはカメラで捉えたように写実的に描きながらも、人工的な変化を加えて、ある意図を表現している。
有名な『真珠の耳飾りの少女』に見られるように、真珠の耳飾りや少女の眼差しや唇に「白」を加え、さらに眼差しは故意に視点をずらして、神秘的な表情にしている。

最終章では、再びフェルメールとレーフェンフックの関係に触れ、フェルメールがレーフェンフックの顕微鏡にうつる画像を写生したのではないかと、大胆な推理を立てている。

現存するフェルメールの絵は37点とされているが、真贋の決着を見ていない作品があり、さらに盗難にあい未だ行方不明の作品もある。
こうした未解決のことも含め、絵にもフェルメール自身についても解明されていない謎がある。著者は、それらの謎にいくつかの独自の仮説を披露している。

消えたフェルメール/朽木ゆり子/インターナショナル新書/2018年
恋するフェルメール  37作品への旅/有吉玉青/講談社文庫/2010年
フェルメールになれなかった男  20世紀最大の贋作事件/フランク・ウイン/ちくま文庫/2014年
真珠の耳飾りの少女(DVD)
深読みフェルメール/朽木ゆり子×福岡伸一/朝日新書/2012年
フェルメール 静けさの謎を解く/藤田令伊/集英社新書/2011年
フェルメールからのラブレター展@宮城県美術館(2011.11.09)
フェルメール 光の王国/福岡伸一/木楽社/2011年

« 『ルート66をゆく』アメリカの「保守」を訪ねて 松尾理也 | トップページ | 『キングの身代金』 エド・マクベイン »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『フェルメール 光の王国』 福岡伸一:

« 『ルート66をゆく』アメリカの「保守」を訪ねて 松尾理也 | トップページ | 『キングの身代金』 エド・マクベイン »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ