« 酒場放浪記 吉田 類/親子丼@喜ぐち | トップページ | 象 レイモンド・カーヴァー »

2011年11月 4日 (金)

『半身』サラ・ウオーターズ

半身 (創元推理文庫)
半身 (創元推理文庫)
posted with amazlet at 11.10.28
サラ・ ウォーターズ
2003年

アン・クリーブスの『大鴉の啼く冬 』のなかで、本書が話題になるところがある。
殺された女子高生に好意をもっていた担任の女性教師が、参考人として警部の尋問をうけたときに本書が出てくる。
担任は次のように供述している。
<「・・・彼女(殺された女子校生)はサラ・ウォターズの『半身』を読み終えたところでした。作者の筆力、ヴィクトリア風の文体に、すごく感銘を受けていました。・・・」>

主人公のマーガレットは、父親似で美人ではないらしい。
神経症かなにかの病気を患っていて、ときどき医師の診察を受け、寝る前にクロラールや阿片チンキやモルヒネを服用して精神の安定を保っている。
そんなマーガレットが、テムズ河畔にそびえ建つミルバンク刑務所を、慰問する気になった。
なぜまた、暗く寒くて異臭が漂う、おぞましい刑務所を慰問する気になったのか。
そりの合わない母親の監視から、いっときでも逃れるためかもしれない。

マーガレットは、はじめての慰問のときに、19歳の女囚シライナに惹かれた。
シライナは霊媒だと看守から聞かされた。
慰問を重ねるごとにシライナの秘密が明かされ、ふたりの絆は深まっていく。
監獄や霊媒という非現実的な世界が、現実のように感じられるのは、筆者の圧倒的な筆致による。

『大鴉の啼く冬』のなかで女子校生の言ったように、<作者の筆力、ヴィクトリア風の文体に、すごく感銘を受けました。>という印象がある。

« 酒場放浪記 吉田 類/親子丼@喜ぐち | トップページ | 象 レイモンド・カーヴァー »

小説」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『半身』サラ・ウオーターズ:

« 酒場放浪記 吉田 類/親子丼@喜ぐち | トップページ | 象 レイモンド・カーヴァー »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ