« 『二流小説家』 デイヴィット・ゴードン | トップページ | 『クリスマスのフロスト』 R.D ウィングフィールド »

『野兎を悼む春』アン・クリーブス

野兎を悼む春 (創元推理文庫)
Red Bones
アン・クリーヴス
玉木 亨訳
創元社
2011年7月
ISBN 978-4-488-24507-8

シェトランド署のペレス警部の部下、新米刑事のサンディ・ウィルソンはウォルセイ島に帰省した。
ウォルセイ島では、サンディの祖母ミマ・ウィルソンの所有するセッター農場で、大学院生のハティが中心となって遺跡の発掘調査が行われていた。
その発掘現場から古い頭蓋骨の一部が発見された。

若い頃、ミマは美しく陽気で、島中の男性から注目を集めていた。
早々と結婚したものの、夫を海の事故でなくし、その後は結婚せずに周囲が眉をひそめるような奔放な生活を送っていた。
歳をとった今は、詮索好きで島のスキャンダルに通じていて、人々に恐れられている。

ある雨の夜、サンディは発掘現場の溝に銃弾を浴びて死んでいるミマを発見する。
酒を飲んだ従兄のロナルドがウサギを狙って、誤射したと見られる死だった。
地方検察官やミマの親戚たちは、事件性のない事故として処理されることを望んでいた。
しかしペレスはその死に疑惑を捨てきれずにいた。

そうこうするうちに、サンディが再び発掘現場で自殺と見られる遺体を発見する。
ペレスはこの自殺にも疑惑の念を抱く。
このふたつの死は関係があるのか、そして発掘された頭蓋骨との関係はどうなのか。
謎解きは、終末に向ってめまぐるしくスリリングに展開してゆく。
本書はペレスと二人三脚で捜査を進めるサンディの成長の物語でもある。

【シェトランドに関するミステリ】
大鴉の啼く冬』(07年7月)
野兎を悼む春』(11年7月)
白夜に惑う夏』(09年7月)
青雷の光る秋』(13年3月)  アン・クリーブス著〈シェトランド四重奏〉
三つの秘文字』 シャロン・J・ボルトン著

« 『二流小説家』 デイヴィット・ゴードン | トップページ | 『クリスマスのフロスト』 R.D ウィングフィールド »

ミステリ」カテゴリの記事

警察小説」カテゴリの記事