« 『卵をめぐる祖父の戦争』 デイヴィッド・ベニオフ | トップページ | コレステロール治療の常識と非常識 桑島 巌 横手幸太郎 »

2012年2月10日 (金)

対岸の彼女 角田光代 

主人公の小夜子は35歳、3歳の娘がいる。
独身時代は映画の配給会社に勤めていたが、結婚を期に退社した。
Image_20201218092701対岸の彼女
角田光代
文春文庫
2012年

平穏な生活に飽き足らず、夫の反対を押し切って働きはじめる。
雇用主は、小夜子と同じ大学出身で同い年の独身女性、葵である。旅行会社と思って働き始めるが、与えられた仕事は掃除代行。
登場する女性たちは仲良くなったり、気まずくなって離れたりする。
そうした、粘っこい微妙な人間関係がよく描かれている。

第132回(平成16年度、2004年度下期)直木賞の受賞作。(2005/1/17)。→人気ブログランキング

« 『卵をめぐる祖父の戦争』 デイヴィッド・ベニオフ | トップページ | コレステロール治療の常識と非常識 桑島 巌 横手幸太郎 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対岸の彼女 角田光代 :

« 『卵をめぐる祖父の戦争』 デイヴィッド・ベニオフ | トップページ | コレステロール治療の常識と非常識 桑島 巌 横手幸太郎 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ