« クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力  にむら じゅんこ | トップページ | 清水ミチコ物語(CD) »

2012年4月 9日 (月)

『アーティスト』

120407tアーティスト
原題:The Artist
監督:ミシェル・アザナビシウス
音楽:ルドビック・ブールス
製作国:2011年 フランス映画 100分
★★★★★

舞台は1927年のハリウッド。
あるきっかけで、サイレント映画の大物俳優ジョージ(ジャン・ジャルダン)が、女優志願のペピー(ベレニス・ペジョ)に目をかけるようになる。
ちょうどサイレント映画からトーキー映画と変わりゆく時代である。
サイレント映画に固執するジョージは落ちぶれて行く。
一方、ペピーはトーキー映画の隆盛と共に人気女優になっていく。
ふたりはお互いに惹かれあっていて、ペピーがジョージを立ち直らせようとするが、うまくいかない。
という、話としてはベタな恋愛もの、それがなんとも心地い。
どこに行くにもジョージのそばから離れない愛犬(アギー)の演技も見もの。 白黒のサイレント映画で話は進んでいく。
どこかで、いずれサイレントではなくなるだろう、どこかでしゃべり出すはずだ。
白黒で終わるはずがない、いつカラーになるだろうと余計なことを考えていると、期待は次々に裏切られていく。

サイレント映画はセリフがないから、観客は想像力を駆使して作品を理解しようとする。
そこで大きな役目を果たすのが、それぞれの場面の雰囲気にピタリとくる音楽だ。
それと、そこかしこで布石がうたれていること。
あのシーンがこの状況を暗示していたんだと、思わずうなずく箇所がいくつもある。
分かりやすい構成になっているのだ。

映画人ならば、応援したくなる作品だと思った。
だから、2012年のアカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞ほか5部門を受賞したのだろう。
フランス映画として初の米アカデミー作品賞受賞作。
公式サイト

« クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力  にむら じゅんこ | トップページ | 清水ミチコ物語(CD) »

ヒューマン」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ