« 『日の名残り』 | トップページ | 『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 »

インスタントラーメン読本

あくなき食の追及者、いまや暴走老人の異名を持つ嵐山光三郎が、編者かつ著者。
実体験食日記「5泊6日インスタントラーメン101食」は壮絶な試みだ。
101÷6≒16.83だから、一日にインスタントラーメン約17食を食べることになる。
食べたのは嵐山光三郎。
Photo_20201114080501 インスタントラーメン読本
嵐山光三郎 編著
新潮文庫
1985年

最近のテレビ番組には、ゲーム仕様の暴飲暴食番組があるが、今どきのそんな出演者の食べっぷりを凌駕する凄さだ。
対談陣、論文執筆陣は、いまでは各界の重鎮として輝く人たちであり、充実している。
松村友視、中沢新一、渡辺えり子、中村えい子、橋本治、糸井重里の顔ぶれ。
下積み時代、インスタントラーメンで生き延びた面々だろうね、多分。
20年以上前に発刊された本なので、インスタントラーメンの銘柄に今とのギャップはあるが、ユーモアと機知に富んだ内容である。
ラーメン界の古典と呼ぶに相応しい名著である。
本書はすでに絶版になっているが、ネットで古書が手に入る。→人気ブログランキング

« 『日の名残り』 | トップページ | 『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『日の名残り』 | トップページ | 『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ