« セザンヌ展@国立新美術館 | トップページ | 『ジュリー&ジュリア』 »

フライド・グリーン・トマト

人種差別、ドメスティック・バイオレンス、ミステリの要素があり、ゲイかもしれず、カニバリズムの疑惑もあって、涙あり感動ありの息もつかせぬストーリー展開。
『ミザリー』で見る者を恐怖のどん底に引き込んだキャシー・ベイツがエヴェリン役で、『ドライビング Miss デイジー』でアカデミー主演女優賞を獲得したジェシカ・タンディがニニー役で、いい味を出している。
Image_20210131084301フライド・グリーン・トマト
Fried Green Tomatoes
ジョン・アヴネット
ファニー・フラッグ
アメリカ 1991年

エヴリンは夫のエドへの愛情が失せつつあり、夫婦仲は倦怠期そのもの。彼女は自己啓発セミナーに通いマンネリ生活から脱却しようと奮闘するが効果はない。
そんなある日、叔母の面会で訪ねた老人ホームで、ニニーに出会う。そしてニニーが語る昔話にエヴリンは引き込まれていく。

約50年前、アラバマの小さな町に暮らす男勝りのイジー(メアリー・スチュアート・マスターソン)は、最愛の兄バディを事故で亡くしてしまう。失意のイジーとバディの恋人だったルース(メアリー=ルイーズ・パーカー)のふたりは友好を深め、お互いになくてはならない存在になっていた。
やがてルースは結婚する。
しかし、夫のフランクが彼女に暴力をふるい、イジーは身重のルースをフランクのもとから連れて帰る。
イジーとルイスは、黒人やホームレスたちも入ることができる食堂を経営し、店は繁盛する。
しかし、黒人に優しい対応をするふたりを、快く思わない住人がいた。フランクやKKK団から嫌がらせを受け続けていた。
そして、村の祭りの夜に、赤ん坊を奪い取ろうとしたフランクが車ごと姿を消す。・・・・・・
エヴリンはニニーの話に感動し、生きる希望を見い出していく。

タイトルの『フライド・グリーン・トマト』は、カフェの名物料理のこと。スライスした青いトマトに衣をつけて揚げたもの。食べてみたいね。→人気ブログランキング

« セザンヌ展@国立新美術館 | トップページ | 『ジュリー&ジュリア』 »

ミステリ」カテゴリの記事

ヒューマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セザンヌ展@国立新美術館 | トップページ | 『ジュリー&ジュリア』 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ