« 『マシンガン・パニック』 | トップページ | 『上海』 »

『ミリオンダラー・ベイビー』

ミリオンダラー・ベイビー 3-Disc アワード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2005-10-28)
原題:Million Dollar Baby
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ポール・ハギス
音楽:クリント・イーストウッド
製作:アメリカ  2004年

トレラーハウスで育った31歳のマギー(ヒラリー・スワンク)は、ウェートレスの仕事をしながら、ボクシングに打ちこんでいる。
彼女は、小さなボクシングジムを経営する初老のトレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)に弟子入りを懇願するが、女の面倒はみないと断られる。

ジムの雑役係スクラップ(モーガン・フリーマン)は、かつてフランキーが治療係務めたボクシングの試合で、選手生命が絶たれるケガを負った。フランキーは、なんとかできなかったかと良心の呵責を感じている。
マギーのトレーニングに励む姿に、フランキーは心を動かされ、ついに指導を始める。やがてフランキーと家族の愛に恵まれないマギーの間には、師弟関係を超えた深い絆が芽生えていく。
そしてマギーはメキメキと腕を上げチャンピョンに挑戦するまでになる。
いよいよ、百万ドルのファイトマネーを賭けたタイトル・マッチの日がくる。チャンピョンは汚い手を使うことで知られるビリー。試合はマギーの優勢で進んだものの、ビリーの反則攻撃によりマギーは致命傷を追ってしまう。
ここで、終わっても物語は成立つのであるが、話は続く。
フランキーはあらゆる治療をマギーに受けさせるが、全身麻痺は回復しない。
やがて彼女は死を願うようになる。
・・・・・・
理由は明らかにされていないが、娘に送るフランキーの手紙は開封されず毎回送り返されてくる。
その娘への愛の代償としてマギーに愛情を注いでいる。

« 『マシンガン・パニック』 | トップページ | 『上海』 »

2004年」カテゴリの記事

シリアス」カテゴリの記事