« ラム・ダイアリー ハンター・S・トンプソン | トップページ | ダウト ~あるカトリック学校で~ »

2012年6月 3日 (日)

『ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」』

ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~ [DVD]

ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~ [DVD]

posted with amazlet at 12.05.25
Happinet(SB)(D) (2012-05-02)
原題:Goethe!
監督:フィリップ・シュテルツル
脚本:フィリップ・シュテルツェル、クリストフ・ムーラー、アレクサンダー・ディディナ
音楽:インゴ・L・フレンツェル
製作:ドイツ 2010年

Amazon.co.jp で詳細を見る

それを知った父親は、戯曲や詩ばかり書いてないで、裁判所で実習生として働くように命ずる。父親にそう言われても、ゲーテは落ち込む様子はなく、あっけらかんとしている。
ゲーテが得た仕事はケストナー参事官(モーリッツ・ブライブトロイ)の助手、裁判の資料を整理しまとめる仕事である。

ある夜の舞踏会で、シャルロッテ・ブッフ(ミリアム・シュタイン)に出会い一目惚れをしてしまう。
その後、同室のイェルーザレムとゲーテは馬で遠乗りに出かけロッテの家を訪れる。
ロッテは、母親に死なれ幼い子どもたちと父親と暮らしている。
そこで、厚いもてなしを受け、子どもたちの人気も得る。
やがて、ゲーテとロッテは、たがいに魅かれあうようになる。

一方、参事官は教会でロッテを一目見て気にいてしまう。
ゲーテと参事官は同じ相手に魅かれているとは露ほど思わず、「女との間はうまく言ってるか」などと会話を交わすのだった。

ある日、参事官はロッテの家を訪れ、家族の前で求婚する。
ロッテの父親は、裕福な男がロッテを見初めてくれないかと、考えていたのだった。
父親と子供たちの喜ぶ姿に、参事官のプロポーズを、ロッテは断ることができずに承諾してしまう。
やがてゲーテは参事官とロッテの婚約を知ることとなり、その切ない思いに追いうちをかけるかのように、人妻との恋に破れたイェルーザレムが自殺してしまう。
ゲーテは猛然と小説『若きウェルテルの悩み』を書き上げ、ロッテに送るのだった。

背が高くて肩幅が広い二枚目で態度がでかい、おまけに派手な服をきているので否応なく目立つ。
そんなゲーテの悩みは、なんとなく軽く伝わってくる。
むしろロッテのおかれた立場が悲惨に思える。
ということで、『若きウェルテルの悩み』はかなり深刻だと思ってきた者にとって、いささか拍子抜けした。

 

« ラム・ダイアリー ハンター・S・トンプソン | トップページ | ダウト ~あるカトリック学校で~ »

ラブストリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラム・ダイアリー ハンター・S・トンプソン | トップページ | ダウト ~あるカトリック学校で~ »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ