« 『ステップフォード・ワイフ』 | トップページ | 『セブン』 »

『ハイ・クライムズ』

ハイ・クライムズ [DVD]
ハイ・クライムズ [DVD]
posted with amazlet at 12.07.15
原題:High Crimes
監督:カール・フランクリン
脚本:ユーリー・ゼルツァー/グレイス・ケイリー・ビックレイ
原作:ジョセフ・ファインダー
音楽:グレーム・レヴェル
製作国:アメリカ合衆国  2002年  115分

Amazon.co.jp で詳細を見る

事件で採取された指紋から、夫トム(ジム・カヴィーゼル)の本名がロナルド・チャップマンであることがばれる。
海兵隊の特殊工作員だったトムは、1988年にエル・サルバドルで一般市民9人と仲間2人をを殺害し12年間逃亡をした容疑で、FBIに逮捕されてしまう。

クレアは、夫の無実を信じ軍事法廷で夫を弁護することを決意するが、姓名を変える人物はまともじゃないと思わなかったのだろうか。
軍事法廷は一般の裁判とやり方が違う。
そこで彼女は、かつて上司の妻に手を出して軍を追われた、いわくつきのアル中弁護士チャーリー(モーガン・フリーマン)に援助を依頼する。ぴったりの役柄だ。

事の真相は、1988年エル・サルバドルでの作戦中、アメリカ人旅行者をアメリカ軍が射殺してしまった。軍はその責任をゲリラになすりつけようと、小さな村をおそって犯人をでっち上げたのだった。

_2

裁判が始まると、クレアとチャーリーは何度も危険な目に遭う。
軍から禁固5年の司法取引を持ちかけられ、旗色の悪いクレアとチャーリーはトムに妥協するように説得するが、トムは拒否する。
ところが、事件の真相が明らかになりかけたところで、裁判は突然に中止となり、トムは釈放される。
軍のやらせが明るみに出てスキャンダルとなることを、軍の上層部が恐れたのだった。
そして、やっぱりそうかという、どんでん返しが待っていた。

_3

タフで可憐なアシュレイ・ジャッドと、落ち着き払ったモーガン・フリーマンの演技がいい。ふたりの息の合ったコンビは、『コレクター(Kiss the Girls)』(1997年)でも見ることができる。

« 『ステップフォード・ワイフ』 | トップページ | 『セブン』 »

ミステリ」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ