« 誘う女 | トップページ | ギルバート・グレイプ »

2012年7月21日 (土)

パフューム  ある人殺しの物語

舞台は18世紀のパリ。
「パリの悪臭は群を抜いていた」のナレーションで映し出されるパリは汚く不潔で、行き交う人々は薄汚れていて、画面から悪臭が漂ってきそうである。
魚市場の屋台で魚をさばいている女が、主人公のグルヌイユ(ベン・ウィーショー)を産み落とす。赤ん坊は放置され死ぬ運命にあったが、持って生まれた強靭な生命力で生き延びる。
Image_20201213131501パフューム ある人殺しの物語
原題:Perfume: The Story of a Murderer
監督:トム・ティクヴァ
脚本:トム・ティクヴァ/アンドリュー・バーキン/ベルント・アイヒンガー
原作:パトリック・ジュースキント『香水 ある人殺しの物語』
製作 ベルント・アイヒンガー
音楽:トム・ティクヴァ/ジョニー・クリメック/ラインホルト・ハイル
製作国:ドイツ/フランス/スペイン  2006年  147分

1

グルヌイユには、花の匂いからネズミの死骸の臭いまで、どんな臭いにも興味をもち嗅ぎ分ける能力が備わっていた。
ある日、彼は町で見かけた若い娘から放たれる匂いに心を奪われ、ふとしたきっかけでその娘を殺してしまう。

2

一方、パリのジャンジュ橋で香水店を営む香水調合師(ダスティ・ホフマン)は嗅覚が鈍り落ち目になっている。そんな折、天才的な嗅覚をもつグルヌイユにであい助手として雇うことにする。
この店で、グルヌイユは香水調合師としてのずば抜けた才能を開花させていくのだった。
しかし若い女性から溢れる香りに魅せられたグルヌイユは、香気を抽出する目的だけで猟奇殺人を繰り返すようになっていく。

3

彼は富豪の娘ローラ(レイチェル・ハード=ウッド)に憧れ、つけ狙うようになり、ついに彼は目的を果たす。

4

彼が若い女性から抽出し調合した甘美な香水に人々は陶酔するが、やがて連続猟奇殺人犯として捕らえられてしまう。公開の場で処刑が行われるとき、一転して群衆は残忍になるのだった。

この類まれな嗅覚の持ち主には体臭がないという奇妙な設定は、彼には究極の香水を作ること以外に、何ら欲望がなかったということだろう。
本作は匂いという映像や音声で伝わらない感覚を表現することに腐心している。悪臭は見事に表現されているが、芳香は伝わってこない。悪臭の記憶は数々あるが、何が芳香かと問い質してみると大して思いつかないからかもしれない。
原作は、パトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』(文春文庫)、世界で1500万部売れた大ベストセラーとのこと。→人気ブログランキング

« 誘う女 | トップページ | ギルバート・グレイプ »

ミステリ」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ