« ザ・ファイター | トップページ | アメリカン・サイコ »

2012年8月19日 (日)

レスラー

1980年代後半、人気プロレスラーだったランディ(ミッキー・ローク)は、20年たった今は、満身創痍。引退を考えているが、貯えがない。そもそもレスラー以外の仕事は思いもつかない。
ランディの生き様は、頑な生き方を貫き波乱の人生を送るミッキー・ローク自身にダブって見える。
2935023c4a6d4ae49ddc1d0e72a3d6f3レスラー
原題:The Wrestler
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ロバート・シーゲル
製作:ダーレン・アロノフスキー/スコット・フランクリン
音楽:クリント・マンセル
製作国:米国  2008年  115分

仕込んでおいたカミソリで自ら額を切り、血を流す壮絶な試合を演出する。あるいは、有刺鉄線に絡まれ、巨大なホッチキスで何箇所も皮膚を留められ、ビンで頭を殴られ、ブリキ缶で背中をしたたか殴られる、という身も心も痛みを伴う試合をしている。
そんな試合をしても、痛みを和らげる薬や筋肉増強剤を購入するとファイトマネーは消えてしまい、家賃の支払いもままならない。
そうしたツケがたたり、左耳は難聴となり補聴器の世話になっている。腰も肘もガタガタ、心臓病も抱えている。

1208172

ストリップバーで仕事をする2人の子供を抱えるシングルマザーのキャシディ(マリサ・トメイ)も、ランディと同じように身を削ってぎりぎりにところで生きている。そうしたふたりは心を通わせている。
疎遠になっていた娘(ステファニー・ラムジンスキー)との関係を取り戻そうとするのだが、娼婦と一夜を過ごし約束の時間をすっぽかしてしまい、娘から絶縁される。

1208173

そんななか、心臓発作を起こし、心臓のバイパス手術を受けるのだった。
激しい運動はドクターストップがかかり、肉屋の店員として働くが、そんな仕事が続くはずもない。

1208174

やがて昔人気を博したライバルとの再選を企画する。
ランディは会場に駆けつけたキャシディの制止をきかず、リングに上がる。胸痛を感じながら、コーナーポストに上がりダウンしている相手目掛けて必殺技のダイビングを試みようとするのだった。ランディーは、まるでミッキーロークそのものだ。

シモーヌ』(03年)では、まだあどけなかったステファニー・ラムジンスキーが、すっかり大人になった演技を披露している。
アカデミー賞主演男優賞(ミッキー・ローク)、助演女優賞(マリサ・トメイ)にノミネートされた。→人気ブログランキング
にほんブログ村

« ザ・ファイター | トップページ | アメリカン・サイコ »

スポーツ」カテゴリの記事

ヒューマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザ・ファイター | トップページ | アメリカン・サイコ »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ