« アバウト・シュミット | トップページ | あの頃ペニー・レインと »

2012年8月29日 (水)

21グラム

3人の男女が心臓移植をめぐり交差する。
心臓病で余命1カ月と宣告された大学で数学を教えるポール(ショーン・ペン)は、夫婦の間がうまくいっていない。妻(シャルロット・ゲンズブール)は子供ができれば事態が打開されると信じ、ポールの病状にかかわらず不妊治療に通おうとする。
ドラッグ依存症から立ち直ったクリスティーナ(ナオミ・ワッツ)は、夫とふたりの娘に囲まれて幸せに暮らしている。
2121グラム
原題:21 Grams
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本:ギレルモ・アリアガ
製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/ロバート・サレルノ
製作総指揮:テッド・ホープ
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
製作国:アメリカ合衆国   2003年  124分 

120829211

過去の犯罪から更正して、神を信じて真面目に働いているジャック(ベニチオ・デル・トロ)には妻(メリッサ・レオ)とふたりの子供がいる。

120829212

ある日、ジャックはピックアップトラックでクリスティーナの夫と娘たちをはねてしまう。娘たちは即死、夫は重度の脳損傷となり生体移植のドナーとなるように、担当者からクリスティーナは説得されるのだった。
そして、ポールは心臓移植術を受け順調に回復する。
ジャックは自首するが、クリスティーナが告訴しなかったため、短期間の拘留で出所する。
健康を回復したポールは、どうしても心臓の持ち主を知りたくなり、探偵を雇いクリスティーナの夫であることを突きとめるのだった。
以前、ポールはスポーツクラブで、クリスティーナに声をかけたことがあった。そしてふたりはは親密になっていく。

120829213

事故から立ち直れないクリスティーナは、再び薬とアルコールに手を出す。
取り乱したクリスティーナがジャックへの復讐を口にしたことで、ストーリーは悲惨な方向に向かうのだった。

120829214

時制がめまぐるしく前後し、3人がかわるがわる映し出される複雑な構成にもかかわらず、違和感を感じないのは、十分に計算され尽くされているからだろう。
監督は『バレル』(06年)を撮ったアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、三つの話を交差させ、時間軸が前後する作り方は、似通ったテーストを感じる。本作のあと、ショーン・ペンとナオミ・ワッツは、『フェアゲーム』(10年)で夫婦役を演じている。→人気ブログランキング

« アバウト・シュミット | トップページ | あの頃ペニー・レインと »

シリアス」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ