« アバター | トップページ | シリアの花嫁 »

2012年8月22日 (水)

『ザ・インタープリター』

アフリカのマトボ共和国に生まれ、国連の同時通訳を務めるシルヴィア(ニコール・キッドマン)は、同国のズワーニ大統領の暗殺計画を小耳に挟む。
やがて不審なアフリカ人が彼女の周りに現れ始める。

1208231

大統領の暗殺計画を調べるために、ケラー(ショーン・ペン)とウッズ(キャサリン・キーナー)を中心とするシークレット・サービスの面々が乗り込んでくる。

ザ・インタープリター [DVD]
原題:The Interpreter
監督:シドニー・ポラック
脚本:チャールズ・ランドルフ/スコット・フランク/スティーヴン・ザイリアン
原案:マーティン・スティルマン/ブライアン・ウォード
製作:ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー/ケヴィン・ミッシャー
製作総指揮:シドニー・ポラック/アンソニー・ミンゲラ/G・マック・ブラウン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
製作国:アメリカ合衆国  イギリス  フランス 2005年  129分
★★★★★

ケラーはシルヴィアとのやり取りで、彼女が嘘をついていると直感し、彼女を嘘発見器にかけるが、結果は判定不能であった。しかし、そんな曖昧な状況にもかかわらず、FBI、CIAにズワーニの警護班も加えた合同捜査態勢がとられた。

1208232_2

一方、調査が進むにつれてシルヴィアの過去が明らかになっていく。
彼女の両親と妹は、政府の仕掛けた地雷で殺されたのだった。そして、シルヴィアはマトボ共和国民主化のデモに参加していた。
大統領暗殺の動機を持つのは、民主化を推進するゾーラ率いるグループと、ブルックリンで亡命生活を送るり政権を奪おうと企むクマン・クマンの一派。

1208233

シルヴィアの警護をするようになったケラーは、ダンサーだった妻がケラーを捨てて男とともに去り、2週間前に車の事故で死んだことを告げるのだった。
そんなおり、シルヴィアがかつて愛したゾーラがクマンクマン仕掛けた罠にはまり殺されたことを知る。
愛する者を失って傷ついたふたりに愛が芽生え、安らぎを求めて近づいていく。

1208234

ズワーニは、大統領として権力を握った頃は共和国の英雄と尊敬されたが、今や独裁者となり国際的にも問題のある人物となっていたのだ。

大統領に国連での演説をさせまいとする反体制派、大統領を殺害し元首の座を奪おうとする一派、さらに大統領を警護するマトボ政府関係者の攻防が、ニューヨークで繰り広げられる。それに、FBI、CIA、シークレットサービスが絡み、シルヴィアとケニーの愛が育まれていく展開は見事である。
シドニー・ポーラック監督は、ケラーの上司として登場している。

« アバター | トップページ | シリアの花嫁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

サスペンス」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・インタープリター』:

« アバター | トップページ | シリアの花嫁 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ