« 『レスラー』 | トップページ | 『アバター』 »

『アメリカン・サイコ』

1980年代のニューヨーク。
主人公のベイトマン(クリスチャン・ベール)はウォール街の投資会社の副社長で、出身校はハーバード大学、高級マンションのアメリカンガーデンに住み、趣味はエキササイズという27歳。

アメリカン・サイコ [DVD]
原題:American Psycho
監督:メアリー・ハロン
脚本:メアリー・ハロン/グィネヴィア・ターナー
原作:ブレット・イーストン・エリス
製作:エドワード・R・プレスマン/クリス・ハンリー/クリスチャン・ハルシー・ソロモン
製作総指揮:マイケル・パサーネク/ジェフ・サックマン/ジョセフ・ドレイク
製作国:アメリカ合衆国  2000年  102分 ★★☆☆☆

1208201

ベイトマンは、ブランドのスーツやネクタイで身を包み、新しい名刺を見せびらかし、一流のレストランを予約できるかを競い合い、精神的には充実感のない生活を送っているヤッピーのひとり。

1208202

夜になると、ベイトマンは殺人の衝動にかられる。
殺す相手には一貫性がない。路上生活者、ヤッピー、娼婦、昔の女友達、殺した人間は20人であったか40人であったか、はっきり覚えていない。殺し方は残虐極まりない。めちゃくちゃなのだ。
そんな生活は、いずれ収集がつかなくなる。

1208203

多数の遺体がいつの間にか消えてしまい、殺した相手と最近出会ったあったという人物が現れて、ベイトマンが殺人を犯したのか、殺人は彼の想像の産物なのか曖昧としたまま、終わる。
このリアリティーのなさが、すっきりしない後味を残す。

特典映像で、監督は「原作の評判の悪い部分を消したあげた」と強気のことを言っている。狂気を孕んだ人物を演じたらピカ一のクリスチャン・ベールの演技は見ものだ。

アメリカン・サイコ〈下〉 (角川文庫)
ブレット・イーストン・エリス
角川書店

« 『レスラー』 | トップページ | 『アバター』 »

2000年」カテゴリの記事

サイコスリラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/55458355

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカン・サイコ』:

« 『レスラー』 | トップページ | 『アバター』 »