« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

眉山

東京の旅行代理店に勤める咲子(松嶋菜々子)は、知人の知らせで母親の龍子(宮本信子)が入院したことを知り、徳島に帰省する。主治医(永島敏行)の説明によると膵臓がんが肝臓と肺に転移していて、長くはもたないという。
Image_20201129083701眉山-びざん
監督:犬童一心
脚本:山室有紀子
原作:さだまさし
音楽:大島ミチル
主題歌:レミオロメン『蛍』
公開:日本  2007年  120分 

「神田のお龍」と呼ばれた龍子は、曲がったことが許せないたちの江戸っ子、お龍さんが怒ったら怒られている方が悪いと周りは言うくらいだ。
龍子は小料理屋をたたんでケアハウスに入居したときも、今回の入院も咲子には知らせなかった。咲子にすればなぜ知らせてくれないのかと思っている。
咲子は母親の付き添いをしているうちに若い小児科医(大沢たかお)と親しくなる。

1210311_2

母娘の人間関係は、ややもすると互いに依存した関係になりがちで、それが原因で母娘間に問題が起こることがあると言われている。(→ 『母は娘の人生を支配する』なぜ「母殺し」は難しいのか
しかし、龍子がサバサバした男気質であったから、あるいは小料理屋が忙しくて娘に手を掛けていられなかったから、母娘はそれぞれがインディーな生活を送らなければならなかった。ふたりともベタベタするようなタイプではない。

咲子は龍子から父親は死んだと聞かされていたが、墓も遺骨もない。
そのことで龍子に詰め寄ると、主治医から知らされた病状を教えなかったことと、父親について嘘をついていたことでおあいこだと、龍子ははぐらかす。

咲子は自分の出自を知りたかった。龍子にすればそのことを知らせれば母娘の間に亀裂が入るような気がしたのかもしれない。この母娘の感情の機微が本作の重要なテーマである。この点をもっと掘り下げた方が良かったのではないか。

知人が咲子に龍子から預かったという風呂敷包みを渡した。そこには、父親と思われる人物からの龍子へのラブレターと咲子の誕生日ごとに送られてきた現金書留の封筒が入っていた。さらに、眉山を背景に撮った若き日の龍子と父親のスナップ写真が入っていた。父親には妻がいて、龍子は引き下がらざるを得なかったのだという。
このあと、咲子は手紙に書かれている東京本郷の住所を訪ねる。

咲子は父(夏八木勲)の診療所に患者を装って受診する。
ふたりは娘とも父とも名乗り出せないまま、咲子が「徳島の祭にお出でください」と言い残して、診療所をあとにするのだった。

1210313

龍子は毎年楽しみにしている阿波踊りを見たいと言い出した。
主治医の制止に対し、「阿波踊りを見にいかなければ良くなるのですか?」と咲子は反論して、龍子を連れ出すのであった。
阿波踊りの桟敷席には父親が現れる。
という当たり障りのないベタなストーリーだ。

その2年後。
龍子は献体に登録していた。
献体とは医学生の解剖実習に遺体を提供することである。それゆえ、家族の元に遺体が戻ってくるのは、解剖実習が終わってからになり、死後半年から2年くらいかかる。そして、献体を登録した人は、学生に対して一言書き残すことができる。
龍子が書いたのは、「咲子は私の宝でした」であった。→人気ブログランキング

2012年10月30日 (火)

ダブルフェイス 秘めた女

パリに、夫とふたりの子どもと暮らすジャンヌ(ソフィー・マルソー)は小説家をめざすライター。
自らについて書いた小説を出版社に持ち込むが、出版を断られてしまう。
その頃から、ジャンヌに異変が起こる。

Image_20201129085301ダブルフェイス 秘めた女
監督:マリナ・ドゥ・ヴァン
脚本:マリナ・ドゥ・ヴァン/ジャック・アコティ
製作:パトリック・ソベルマン
製作国:フランス  2009年  110分 

家の中の家具の配置が前と違って見えたり、家族がジャンヌを阻害しているように思えたり、街角に少女が現れ追いかけると消えてしまったりというようなことが起こる。
そうこうするうちに、夫も子供も見たことのない人物に変わってしまう。
そして、ジャンヌの顔半分が別人になる。身体には傷が現れたり腫れたりして、異変が起こっている。 下の写真は顔の右半分がモニカ・ベルッチ、左はソフィー・マルソー。

121030_2

ジャンヌは子供の頃の記憶が喪失しているので、そこを掘り下げていくと、ジャンヌ自身が封じ込めていたいまわしい過去が蘇ってきて、体に変調をきたしているらしい。

121030_3

ジャンヌは、自分の過去を探るために子どもの頃の写真を持ってイタリアに向かうのだった。
イタリアのあるカフェで、母親らしき人物ヴァレリーを見かける。ヴァレリーはジャンヌとの接触を避けようとするが、ジャンヌはヴァレリーの親族が集まったパーティーに忍び込み、そこで、ヴァレリーと息子の会話を耳にする。
【このあとネタバレです。】→人気ブログランキング

続きを読む "ダブルフェイス 秘めた女" »

2012年10月28日 (日)

人のセックスを笑うな(映画)

原作は山崎ナオコーラのデヴュー作。
挑戦的なタイトルは、著者が、本屋の同性愛のコーナーで本棚を眺めながらクスクス笑っている人を見て思いついたという。

19歳の男子学生が39歳の美術教師にのぼせ上がり、そこに男子学生を想う同級生が絡む、三角関係の物語。
見た目はやる気がなさそうだが正直に生きている大学生役の松山ケンイチと、常識にとらわれない飛んでる女性役の矢作博美、松山を密かに恋慕する女子学生役の蒼井優、それぞれの役柄がぴったりとはまっている。
Image_20201122171201人のセックスを笑うな
Don't Laugh at My Romance.
監督:井口奈己
脚本:本調有香
製作:西ヶ谷寿一/永田芳弘/河合洋/松下晴彦/廣瀬敏雄
出演者:松山ケンイチ/永作博美/蒼井優/忍成修吾/温水洋一/あがた森魚/桂春團治
音楽:HAKASE-SUN
製作国:2008年 日本 137分 

1

舞台は桐生市の冬。
美術学校に通うみるめ(松山ケンイチ)は、リトグラフの講師・ユリ(永作博美)からモデルを頼まれアトリエを訪れる。みるめは予想していたのか考えもなく引き受けてしまったのか、ユリに裸になることを要求され、そのまま関係を持ってしまう。それ以来みるめは有頂天になる。

みるめに想いを抱くえんちゃん(蒼井優)は心穏やかでない。といって、みるめに告白したところでどうなるものでもないと、彼女は思っている。えんちゃんの乙女心は切ない。
ある日、リトグラフ教室にユリの姿が見当たらないので、みるめが家を訪ねてみると、そこには「猪熊カメラ工房」と看板が出ていた。中からユリの父親くらいの年恰好の男性(あがた森魚)が出てきて、ユリからその男性は夫であることを知らされる。「あれ、言ってなかったけ」とユリはしれっと言う。

3

あまりのショックに、みるめはユリとの関係を断つ決心をして携帯電話を針金でぐるぐる巻きに縛りハンダ付けして開かないようにした。別に人妻だっていいじゃないとは、19歳のみるめは思わなかったのだ。
原作でははじめから、ユリが結婚していることをみるめは噂で知っていた。そのことで思い詰めたりしない。映画の設定の方が、みるめの繊細さが強調されていい。
えんちゃんは電話に出なくなったみるめが心配になり家を訪ね、みるめのユリへの想いを聞き出すのだった。えんちゃんは、自分の気持ちを抑えて、ユリに会うようみるめを促す。

4

ある日突然、ユリは姿を消す。夫婦でインドのサイババに会いに行ったという噂もある。
そして途方に暮れるみるめは、家に引きこもるようになる。そんなみるめを励まそうと、えんちゃんは「ユリを見た」と告げる。そして、ふたりはバイクに乗ってユリを探しにでかけるのだった。えんちゃんは恐らく、みるめを励まそうと嘘をついたのだろう。
なにもそこまで落ち込まなくとも思うのだが、それが19歳の純真な男が経験した失恋なのだ。

 原作では、ユリは見た目も39歳で、目尻には小じわがあって、髪は長く、ボサボサ、肉付きがいい 、口紅はしているものの、汚れたスモックを着ている油絵の講師。
ユリは原作よりも映画のほうが魅力的な女性の設定になっている。そうじゃないと、この映画は成り立たない。→人気ブログランキング
『人のセックスを笑うな』(小説)

2012年10月27日 (土)

『スーパーチューズデー~正義を売った日~』

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ [Blu-ray]

 

 

The Ides of March
監督:ジョージ・クルーニー
脚本:ジョージ・クルーニー/グラント・ヘスロヴ/ボー・ウィリモン
原作:『Farragut North』 ボー・ウィリモン
製作:グラント・ヘスロヴ/ジョージ・クルーニー/ブライアン・オリヴァー
製作総指揮:レオナルド・ディカプリオ/スティーヴン・ペヴナー/ナイジェル・シンクレア/ガイ・イースト/トッド・トンプソン/ニーナ・ウォラースキー/バーバラ・A・ホール
音楽:アレクサンドル・デスプラー
製作国:アメリカ合衆国  2011年 98分 ★★★★☆

 

 

 

 

1

 

民主党の大統領予備選を控えたモリス陣営の広報官が主人公。
優秀なを潰そうと相手陣営から引き抜きがかかり、は断ったものの、相手陣営と極秘に接触したことが選挙参謀の上司の知るところとなり、解雇される。職を失ったは相手陣営に擦り寄るが、今度は門前払いされる。
ならばと、開き直ったは、起死回生の手を使い、モリス陣営に返り咲きく。その後、モリス陣営はスーパー・テューズデーにむけて快進撃を開始するというストーリー。

 

 

 

24

 

民主党の大統領予備選に出馬したマイク・モリスは正念場をむかえていた。ペンシルバニア州知事として実績を積んだモリスは、対立候補のプルマン上院議員をリードしていた。
モリスを支えるのは、ベテランの選挙参謀ポール(フィリップ・シーモア・ホフマン)と、切れ者と相手陣営が恐れる若き広報官のスティーヴン(ライアン・ゴズリング)である。

 

2

 

3月15日のオハイオ州予備選(スーパー・チューズデイ)に勝利すれば、その後の戦いが有利に進むことは間違いない。そんななか相手陣営の選挙参謀ダフィ(ポール・ジアマッティ)が、に極秘の面会を打診してきた。ダフィの目的は、スティーヴンを自陣営に引き抜くことだった。副大統領にするだの国務長官の席を開けておくだの論功行賞をちらつかせるダフィの申し出を、スティーヴンは即座に断る。

 

その夜、は選挙スタッフのインターン、モリー(エヴァン・レイチェル・ウッド)とホテルで一夜を過ごす。朝方にかかってきたモリーの携帯電話に出たは、その電話の相手が大統領候補のモリスであることを知ってしまう。ここではモリスの弱みを握ったのだ。
【このあとネタバレです。】

続きを読む "『スーパーチューズデー~正義を売った日~』" »

2012年10月26日 (金)

わたし出すわ

故郷に帰ってきた摩耶(小雪)は高校時代の友人と会い、「わたし出すわ」と言って金をばらまく。その額が途方もないのだ。金をもらったことで友人のそれぞれの人生は大なり小なりの波風が立つというストーリー。
Bcaad7eea7e0421a9110d57f1bf5debeわたし出すわ
It's on Me
監督:森田芳光
脚本:森田芳光
公開:2009年  日本  110分 

1

東京から函館のマンションに引っ越してきた山吹摩耶は、ふたりの運送業者に10万円ずつチップを渡す。面食らった運送屋に、摩耶は「いい思い出を作ってください」と言う。

摩耶がかかわる友人は5人。
路面電車の運転手の道上保(井坂俊哉)は、世界中の路面電車に乗りたいという夢を持っている。その夢を実現させるための費用が、ダンボールに入って保の家に送りつけられる。
かつて華々しい活躍をした長距離ランナーの 川上淳(山中宗)は、故障に苦しめられている。ケガの治療にはアメリカでの手術とリハビリが必要だという。その費用を摩耶がぽんと出す。

3

特に欲しいものはないという平場さくら(小池栄子)には、寝室に置く小型冷蔵庫をプレゼントする。箱庭作りが趣味の夫(ピエール瀧)の望みは箱庭協会の会長になること。それには多少の金が必要で、それを摩耶にお願いできないかと夫はさくらに言う。もちろん摩耶は出す。
保利満(小澤征悦)は、特殊な電波を流し魚を誘導する実験を行っている。その研究費を出してやる。

4

高校時代ライバルだった魚住サキ(黒谷友香)は、社長夫人におさまっていた。ところが夫が急死してしまう。クラブのホステスとなり再起をはかろうとするサキには、金の延べ棒5本を渡すのだった。しかし、サキは何者かに殺されてしまう。その殺人事件の捜査で、摩耶のマンションに刑事が現れ、摩耶がサキに渡した金塊について追求するが、金の出どころは不明のまま。

5

いまひとつ盛り上がらないストーリーのなかで、期待が持てたのは、道上の妻かえで(小山田サユリ)が送られてきた大金を、ホストつぎ込みにつぎ込み使い果たしてしまうところ。起こりそうなことが起こったわけで、いよいよここから面白くなるぞと期待したものの、切羽詰まったかえでが摩耶のマンションに怒鳴り込み、摩耶をナイフで刺そうとする。たまたま居合わせた警官ふたりにかえでは取り押さえられてしまい、そんなコントのような展開に期待はしぼむ。
【このあとネタバレです。】

続きを読む "わたし出すわ" »

2012年10月25日 (木)

チョコレート

ハンクは、息子の自殺と交通事故に遭った黒人の子どもの死を経験し考え方が変わる。黒人の子どもの母親レティシアを愛するようになり、父親が貫く南部の白人の男としての生き方に疑問を感じ、人間らしい生き方に目覚める。
Photo_20201218081901チョコレート
Monster's Ball
監督:マーク・フォースター
脚本:ミロ・アディカ/ウィル・ロコス
製作:リー・ダニエルズ
製作総指揮:マーク・ウルマン/マイケル・バーンズ/マイケル・パセオネック
製作国:アメリカ合衆国  2001年  111分 

ジョージア州ジャクソン刑務所の看守ハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)一家は、父親(ピーター・ボイル)、ハンク、息子のソニー(ヒース・レジャー)の3人ともに看守を仕事としてきた。父親もハンクも人種差別主義者、しかしソニーは母親似で優しい性格をしている。

南部の男といえば人種差別主義者で、男尊女卑のガチガチのマッチョというイメージが強い。父親はその典型、ハンクは父親に感化されて南部の男を演じているようなところがあるが、ソニーは優男だ。そんなソニーをハンクは嫌っている。

3

黒人の死刑囚ローレンスの刑執行が間近に迫り、妻レティシア(ハル・ベリー)と息子が、最後の面会に訪れた。息子は父親を描いた絵が学校新聞の表紙になると誇らしげに父に伝える。そうして面会が終わった。

2

死刑執行の日、ハンクが「イギリスでは、死刑執行前の看守たちの宴をMonster's Ballと呼ぶ」と薀蓄を披露し、看守たちはローレンスのために祈りを捧げるのだった。
その日、死刑執行に初めて携わったソニーはローレンスを監房から移動させる途中で吐いてしまう。ローレンスはハンクとソニーに「写真とは違って、似顔絵は心を描くことができる」と言いながら似顔絵を書き残した。フローレンスは妻への伝言をハンクに頼むのがハンクは断る。

刑が終わると、ハンクはソニーを罵倒しながら掴みかかった。死刑囚の最期のときを台無しにしたのは、看守として失格だというのだ。その夜、ソニーは「父さんが好きだった」言いながら、ハンクの目の前で銃で自殺する。
息子の自殺をきっかけに、ハンクは自分の人生を見つめ直すようになる。 ある雨の夜、レティシアと一緒に歩いていた息子が車にはねられる。そこに、たまたま車で通りかかったハンクはふたりを病院に運ぶが、少年はそのまま息をひきとる。短い間に夫と息子を亡くし、ひとりになったレティシアは悲嘆にくれる。
ハンクは初対面だったレティシアをアパートに送る。そのアパートには、「家賃を払わなければ、30日後に立ち退きを命ずる」との札が貼られていた。

死刑の方法は、絞首刑、電気椅子、静脈注射などがあるが、ジョージア州立刑務所は電気椅子である。レティシアの亡くなった息子を解剖することになる。それに対しレシティアは、「息子は黒人なのに警察は犯人を捕まえてくれるの?」と疑問を抱く。交通事故で黒人が亡くなっても、警察はまともに捜査しないという土地柄らしい。<

4

レティシアの勤めるカフェで、コーヒーとチョコレートアイスクリームを注文し、車が壊れたレティシアに家まで送ると言って、ふたりの交際が始まるのだった。

ある日ハンクは、刑務所を辞めてしまう。 そして退職金で、ガソリンスタンドを購入する。ハンクは、息子のピックアップトラックを、以前は嫌っていた黒人の整備士に整備を頼み、レティシアにプレゼントするのだった。

ハンクを訪ねて家にやってきたレティシアに、差別的な言葉を投げかけた父親に業を煮やし、ハンクは父親を施設に入れてしまう。もはや、ハンクには人種差別し女性蔑視する父親に我慢がならなくなっていた。

5

ハンクは自宅の壁を塗り替えて、ガソリンスタンドにレティシアと書いたネオンサインを取り付け、アパートを追い出されたレティシアを家に向かい入れるのだった。
そして、ハンクがチョコレートアイスクリームを買いに行っている間に、レティシアは夫が描いたハンクとソニーの似顔絵を発見し、ハンクが夫の最期を看取ったことを知るのだった。

父親に呪縛されていたハンクが「南部の白人男」を演じることから開放され、黒人のレティシアとの愛が育まれていく過程が丁寧に描かれている。
邦題の『チョコレート』は、ハンクの大好物チョコレートアイスクリームと黒人の肌の色からとったもの。
本作で、ハル・ベリーは有色人種初となるアカデミー賞主演女優賞を獲得した。→人気ブログランキング

 

2012年10月24日 (水)

悪人

本作を観て、「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人おや」というフレーズが思い浮かんだ。
善人が悟りを開くことができるのだから、まして悩みに苦しめられ試行錯誤を繰り返している悪人が悟りを開き彼岸に行けないわけがないという意味である。
悪人とは主人公の祐一と光代、善人とはふたりの周りにいる、この事件で迷惑を被ったと訴えている人々と思えてくる。

9d279d963a014a78ab89cf617455a47b悪人
Villain
監督:李相日(イ・サンイル)
脚本:吉田修一/李相日
原作:吉田修一
音楽:久石譲
製作国:日本  2010年  139分

祐一(妻夫木聡)が佳乃を殺したのは、夜の峠で車から降ろされ置き去りにされた佳乃(満島ひかり)を、祐一が助けて車に乗せようとしたものの、佳乃が強姦で訴えると叫んだことがきっかけになった。
その夜、祐一と待ち合わせていた佳乃は彼の車には乗らず、近くに停まっていた大学生の増尾(岡田将生)の車に乗り込だ。佳乃は増尾から安っぽい女と蔑まれ、車から蹴り落とされたのだった。

1210241

数日後、祐一は出会い系サイトで知り合った光代(深津絵里)と長崎駅前で待ち合わせ、初対面にもかかわらず、光代をホテルに誘い関係を結んでしまう。別れ際、光代は「本気でメールを書いた」という。
これがふたりの運命的な出会いであったのだ。
数日後、光代の最後の言葉が気にかかっていた祐一は、光代に「俺も本気でメールを書いた。もっと早く会っていれば良かった」という。

事件から1週間後、増尾は名古屋のカプセルホテルに潜伏していたところを発見され、往生際悪く大暴れし捕まったものの、殺人の容疑は晴れた。
そして祐一が容疑者として指名手配される。

祐一は光代を連れて車で逃走する。
海の見える食堂の二階で、一緒に旅行ができて楽しいと喜ぶ光代に、祐一は殺人を打ち明けるのだった。

1210242

そして土砂降りの中、車から降りて自首しようと警察署に向かう祐一に「好きだから待っている」と言ったにもかかわらず、光代はクラクションを鳴らして一緒に逃げることを願うのだった。

この辺りで、妻夫木演じる祐一は「悪人」ではないと思い始めた。では、この映画では、一体誰が悪人なのか?

母親(余貴美子)は、祐一が幼い頃、灯台に彼を置き去りにして棄てた。祐一は祖母の房枝(樹木希林)に育てられ、今も一緒に暮らしている。

1210243

祐一と光代の逃避行の間、周りの人たちは、次のような状況にあった。

母親は祐一がしでかしたことで世間体が悪いと房枝にこぼす。
その房枝は、悪徳業者から高額な漢方薬を無理やり買わされた。今や、房江の家の周りには迷惑を顧みないマスコミの記者がたむろしていて、房江が外に出て行くたびに群がってくる。
佳乃の父親(柄本明)は、佳乃の仇をとりに増尾の後をつけ、「なぜ光代を置き去りにした」とレンチで殴りかかる。
増尾は殺された佳乃からのメールを飲み友達に見せて、安っぽい女だったと笑っている。佳乃の父親が殴りかかった事件を振り返って、へらへら笑っている。
電話の向こうの光代の妹は、「何で殺人犯と逃げているの、私は職場で笑者になっている」とすごい剣幕で怒鳴る。
祐一と光代の周りの人間たちの利己的な考えが目について醜く見えてくる。

1210244

灯台に立てこもった、祐一と光代は愛する人と一緒にいられる幸せに浸っている。
目の前に広がる海を見つめながら、「この先どこへでも行けるような気がする」と祐一はいう。
【このあとネタバレです。】→人気ブログランキング

続きを読む "悪人" »

2012年10月23日 (火)

バーレスク

アリ(クリスティーナ・アギレラ)のパンチの効いた伸びのある歌声と円熟したテス(シェール)の渋いバラードは、聞き応えあり、歌と踊りだけでも十分に楽しめる映画だ。
筋をかいつまんで書くと、才能豊かな田舎娘のアリが都会に出てきて、夢を実現しようと孤軍奮闘する。アリの歌声と踊りは、人々を魅了する。スターダムにのし上がろうとするアリに、野心家の金持ち男が近寄ってくる。アリが心を奪われると思いきや、自分を認めて寛大に見守ってくれたバークレイに関わる人たちのことを、アリは忘れなかった。

Photo_20201204144801バーレスク
Burlesque
監督:スティーヴ・アンティン
脚本:スティーヴ・アンティン
製作:ドナルド・デ・ライン
製作総指揮:ダナ・ベルカストロ/ステイシー・クレイマー/グレン・S・ゲイナー
音楽:クリストフ・ベック
製作国:アメリカ合衆国  2010年 119分 

アイオワの田舎のバーで働くアリは、一旗あげようとサンフランシスコに出て行く。その前に、アリが無人の店で一曲歌う。その歌声を聞いて、彼女は田舎でくすぶっているような人間ではないと、映画を見ている者は確信する。

サンフランシスコの安ホテルにたどり着いたアリは、早速、大人のためのショークラブ、バーレスクに向かう。そこで繰り広げられるショーを見て、アリはステージに上がることを願うのだった。そこで、彼女は勝手にウエートレスの仕事を手伝って、そのまま居ついてしまう。

1

ある日アリが泊まっているホテルの部屋に泥棒が入り、金目の物がすべて盗まれてしまう。アリはバーテンのジャック(キャム・ギガンデット)のアパートに転がり込むが、そのあとも、アパートから出ていくチャンスを逃しルームメイトとして暮らすようになる。ジャックには、ニューヨークに婚約者のナタリーがいる。

2

かつて繁盛していたバーレスクは経営難に陥っている。オーナーのテスは、舞台監督のショーン(スタンリー・トォツチ)とともにバーレスクを再建しようとするが、経営は悪化するばかりだ。バーレスクを買い取って、大西洋が見える高層ビルを建てて一儲けしようと企んでいるマーカス(エリック・デイン)は、テスにバーレスクを売却するように迫っていた。

3

そんなある日アリにチャンスが巡ってくる。テスの指示で問題児のニッキ(クリスティン・ベル)の代わりに歌うことになった。怒ったニッキはショーの最中にマイクのジャックを抜いてしまう。しかし、とっさにアリがアカペラを披露すると、歌声はホールに響き渡り、客たちは拍手喝采するのだった。アリの迫力ある歌声で、バーレスクは連日満員の大盛況で賑うようになったった。しかしその程度では、バーレスクの借金には焼け石に水。

4

アリは、甘い言葉をかけてきたマーカスから、不動産の空中権について教えてもらったことを思い出した。バーレスクの向かいにある高層マンションのオーナーにテスを連れて会いに行き、二人はオーナーにバーレスクの土地の空中権を売ることを持ちかけた。空中権がなければマーカスは、バーレスクの跡地に高層ビルを建てられない。一方、オーナーとしては、目の前に高層ビルが建てば、高所からの絶景を売り物にしていたマンションの価値がなくなるため、オーナーは高額で空中権を購入してくれることになった。そうしてテスは借金を完済しバーレスクは救われた。

_5

ジャックはナタリーと別れアリと結ばれる。そしてジャックが作曲した歌を、アリは高らかに歌うのだった。

こうしたストーリーの中に、アリの歌やバックダンサーたちとの踊りがそこかしこに挟み込まれ、わくわくする。決め所で歌うテスの歌声にも聞き惚れてしまう。エンターテーメント満載の映画だ。→人気ブログランキング

2012年10月22日 (月)

赤ずきん

グリム童話の『赤ずきんちゃん』のその後を描いたファンタジーサスペンス。
まずは、『赤ずきんちゃん』が、どんな話だったのか、おさらいしよう。
赤ずきんと呼ばれる女の子が、お使いを頼まれて森の向こうのおばあさんの家へ向かう途中で、一匹の狼に遭い道草をする。狼は先回りをしておばあさんの家へ行き、おばあさんを食べてしまう。そしておばあさんの姿になりかわり、赤ずきんが来るのを待つ。
赤ずきんがおばあさんの家に着くと、おばあさんに化けていた狼に食べられてしまう。
満腹になった狼が寝入っているところに猟師が通りかかり、狼の腹の中からふたりを助け出す。赤ずきんは言いつけを守らなかったことを反省していい子になる。
実にあっけない話だった。ただし、いくつかのヴァージョンがあるとのこと。

E4e7d06c628840ac8f5e371777fb1756赤ずきん
Red Riding Hood
監督:キャサリン・ハードウィック
脚本:デヴィッド・レスリー・ジョンソン
製作:レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・デイヴィソン・キローラン/アレックス・メイス/ジム・ロウ/ジュリー・ヨーン
製作国:アメリカ合衆国  カナダ 2011年 100分

美しく成長した赤ずきん・ヴァレリー(アマンダ・サイフリッド)は、母親に村一番の金持ちの後継ぎヘンリー(マックス・アイアンズ)との婚約が決ったことを知らされる。だが、彼女は幼馴染みで貧しい木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)と、愛し合っていた。
ヴァレリーの姉のルーシーが満月の夜、何者かに殺される。ルーシーは母とヘンリーの父であるエイドリアンの間に生まれた娘。

1210221

村人達はルーシーの仇を取りに狼退治に森に入り、狼を一頭殺す。それで片がついたと、村人たちが祝宴をあげようとするところに、ソロモン神父が現れ、退治されたのはただの灰色の狼、犯人は満月の夜に狼に変わる人狼だというのだ。人狼は正体を隠したまま村に紛れているという。
ソロモン神父の言うように何人かが殺され、疑心暗鬼となった村人たちは、パニックに陥ってゆく。

1210222

そして13年に一度の赤い惑星と月が並ぶ夜に、人狼は姿を現した。
人狼はヴァレリーに村を一緒に出ようと誘うのだった。

1210223

人狼の目的がヴァレリーを連れ去ることと知ったソロモン神父は、彼女を囮として広場に拘束し、人狼を罠を仕掛ける。

1210224

一方、恋敵のピーターとヘンリーは共闘を組んで、ソロモン神父からヴァレリーを開放し、さらに人狼と戦うのだった。
ソロモン神父は人狼によって傷けられ殺害される。
そして、ついに人狼の正体が暴かれる。

村人を疑心暗鬼に陥れ村を支配しようとしたソロモン神父は邪悪である。
人狼は、ヴァレリーと村の外へ連れ出したかっただけだ。その点は、ピーターも変わらない。
ヘンリーは、潔くヴァレリーをピーターに譲るといっている。
結論は、赤ずきん家は旧弊にがんじがらめの村から、果敢にも外の世界へと出て行こうとするパイオニアたちだった。→人気ブログランキング

人のセックスを笑うな(小説)山崎 ナオコーラ

19歳の男子美術学校生みるめの失恋の物語。
ユリは見た目も39歳で、目尻には小じわがあって、髪は長く、ボサボサ、肉付きがいい 、唇紅くらいはしていて、汚れたスモックを着ている。美術学校の油絵の講師だ。「私、君のこと好きなんだよ、知ってた」と言ってユリは、磯貝みるめに近づいてきた。ユリは結婚していた。
Photo_20201117134101 人のセックスを笑うな 
山崎 ナオコーラ
河出書房新社
2006年 

その後、ユリはみるめを「服着ていていいからさー」と巧みにモデルに誘う。モデルを続けていているうちにセックスをするようになった。

「気をゆるめればすぐにホームレスになってしまう。仕事が嫌いなんだもの」とユリはいう。52歳の夫の猪熊さんと結婚して14年になり、喧嘩が耐えないらしいが、気が合うのだという。「磯貝くんことも好きなんだけれど、猪熊さんも大事な人なんだ」などと調子のいいことをことをいうのだ。
ユリはみるめからの携帯に出ないし、メールは1週間くらいたってから書く、それが当たり前だと思っていたという。そんなユリにみるめはのぼせ上がっていた。

ある日に学校の屋上で、同級生からえんちゃんを紹介された。その夜、3人でとんかつ屋でとんかつを食べる。えんちゃんは絵の才能もないし家業の電気屋をやろうかと悩んでいる。その帰りに駅のホームで、みるめはえんちゃんにキスをしたのだ。歯がぶつかった。
年が明けて、えんちゃんが学校を辞めることになり、えんちゃんからみるめは愛の告白を受ける。
しかし、みるめの心はユリにすっかり奪われている。

4月になると、ユリは学校を辞めた。5月には、ユリと猪熊さんは1ヶ月の予定でミヤンマーに行った。
1ヶ月経って、電話をしたが出ない。メールにも返事は帰ってこない。そして、7月になってやっと電話がきた。ユリは絵をやめるという。
その後、みるめは就職活動をはじめた。それ以来ユリとの連絡は途絶えている。

ユリは、厳しい見方をすれば、若者をたらしこんだ不倫妻。
これを、みるめの目を通して見るとそういう人には映らない。なにしろ、みるめはのぼせ上がっていたのだ。→人気ブログランキング

→ 『人のセックスを笑うな』

2012年10月21日 (日)

『グッドナイト&グッドラック』

グッドナイト&グッドラック 通常版 [DVD]
Good Night, and Good Luck.
監督:ジョージ・クルーニー
脚本:ジョージ・クルーニー/グラント・ヘスロヴ
製作総指揮:マーク・バダン/・ソダーバーグ
製作国:アメリカ合衆国  2005年 93分 ★★★*

マッカーシズム(赤狩り)は、アメリカ史の汚点と言われている。
赤狩りは、1950年2月に共和党のジョセフ・マッカーシー上院議員が国務省内に205人の共産党員が入り込み、スパイのネットワークが作られているという、ショッキングな演説を行ったことから始まった。そして、共産党員、共産党シンパの摘発が、大々的に行われた。
背景にはソ連との核戦争に対する民衆の恐怖があったと言われている。
たとえ共産主義と関わりがなくとも、自分たちの意に沿わなければ、重箱の隅をつつくように、あることないことをでっち上げ、共産主義とかかわっているとして、職を追われ社会的に抹殺されるような風潮があった。
そうしたマッカーシー派の手法に疑問を抱いても、自分自身が標的にされることを恐れ、表だって批判できなかった。
しかし、赤狩りがエスカレートするにつれ、偽の「共産主義者リスト」が作られたり、事実の歪曲、自白の強要、協力者の告発や密告が奨励されるようになり、そうした強引な手法は次第に民衆の反感を買うようになった。

本作は、マッカーシズムが吹き荒れるなか、それが終焉をするきっかけを作ったCBSのドキュメンタリー番組「See it Now」の製作にかかわったエド・マロー(デヴィット・ストラザーン)やディレクター(ジョージ・クルーニー)達のおよそ1年間の及ぶ闘いを描いたものである。
登場人物や企業はすべて実在する。

1210211

マローは、「See it Now」の番組で、ミシガン州空軍予備役の中尉が、父親と妹が共産主義者という内部告発で、空軍からの除隊勧告を受けたことを番組で取り上げ、公然と批判した。企業体としてのテレビ局の上層部は、政治権力と闘うことに難色を示すが、マローたちは引き下がらない。

1210212

生放送の番組作りは真剣勝負だ。机の下に隠れたプロデューサーが、マローの脛に触れて番組のスタートを合図するユーモラスなシーンが何回か出てくる。緊張感の続く中で和むシーンだ。

1210213

そうしたなか、マッカーシー上院議員(本人の実際の映像)が出演したCBSのテレビ番組の中で、マローをいかにも共産主義者のシンパであるかのようにでっち上げた。これに対してマローはひとつひとつ反論して、マッカーシーの嘘を暴いたのだった。

121021

そしてマローはこう結んだ。「私は成熟したアメリカ人なら、核爆弾や洗脳に頼らず共産主義者と渡り合えると信じています。われわれの信念や決意は彼らよりも強く、武力によらずとも勝てることを、思想によって打ち勝てると信じています」。
いつもタバコをくゆらせながら、静かな物腰の中に強靭な意志を感じさせるマローを演じたデヴィット・ストラザーンの演技は見事だ。

なお、タイトルの「Good Night, and Good Luck.」は、番組の最後で、マローが必ず口にするセリフ。
映画はドキュメンタリー風のクラシックな映像スタイルで、現実にあったことを淡々と映し出している。マッカーシーの演説などの肉声の映像がところどころに差し込まれれ、マッカシー陣営とマロー達の闘いの緊迫感が、ひしひしと伝わってくる。

マローたちが集うバーで歌うダイアン・リーブスの歌声が素晴らしい。
本作は、第78回(2005年)アカデミー賞では6部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、美術賞)にノミネートされた。
またサウンドトラック版でダイアン・リーヴスが第48回グラミー賞ベスト・ジャズ・ヴォーカル賞を受賞した。


映画(全般) ブログランキングへ

2012年10月20日 (土)

フライトプラン

仕事先のベルリンのアパートで、1週間前に夫が転落死した。カイル(ジョディ・フォスター)は6歳の娘のジュリアとともに、夫の遺体をベルリンから故郷のニューヨークまで飛行機で運ぶことになった。
ジュリアは父親の死以来、人目を避けるようにしている。タクシーに乗るときに、カイルのスカートの中に隠れたくらいである。
この人物に見られたくないジュリアの行動は、ジュリアの行方不明への布石である。
Photo_20210513083801フライトプラン

監督:ロベルト・シュヴェンケ
脚本:ピーター・A・ダウリング/ビリー・レイ
音楽:ジェームズ・ホーナー
製作国:2005年  アメリカ合衆国  98分

1210201

ジュリアの質問に、「飛行機はE474型、世界最大のジャンボジェット、私が作ったのよ」と航空機設計士のカイルは答える。 カイルの職業が、本作の鍵になる。

カイルとジュリアは飛行機に一番乗りして、次々に乗り込んでくる乗客を眺めていた。
離陸して3時間が経ちカイルが仮眠をとっている間に、ジュリアがいなくなった。客席を隈なく探しまわるが、ジュリアは見つからない。
ジュリアを見たという搭乗員も客もおらず、バッグに入れたはずのジュリアの搭乗券は見当たらない。
さらに、搭乗記録にはジュリアの名前はないと告げられる。

1210202

そんな筈はないと、航空保安官のカーソン(ピーター・サースガード)が制止するのも聞かず、機長のリッチ(ショーン・ビーン)に捜索を迫る。機長の指示の下、乗客を客に座席に座らせ徹底的な捜索が行なわれるがジュリアは発見されない。
やがて乗務員から、ジュリアは夫と共に6日前に死亡したという信じがたい知らせがもたらされる。

1210203

パニックに陥りそうなカイルに、機長は「睡眠薬は飲んでいるか、精神安定剤は常用しているか」と訊く。カイルは「ときに睡眠薬を飲むし、1週間前に夫が死んで安定剤を処方してもらった」と答える。
すべてはカイルの妄想だと判断され、彼女は機長から逮捕命令を下された。カイルは手錠をかけられ、カーソンの監視下におかれることしなる。
しかし、カイルは諦めず孤独な戦いを開始する。

1210204

このあとのスケールの大きな展開が本作の見どころである。
航空機設計士であるカイルだからこそ、トイレの天井に貨物室があることを知っていて、そこへはどうやったら行けるかも頭の中に入っている。
犯人との壮絶な戦いで、ジャンボ機の構造を知り尽くしていることが、彼女に有利に働くのである。
神経質そうでいて大胆なジョディ・フォスターの演技は、サスペンス映画によく似合う。→人気ブログランキング

2012年10月18日 (木)

『最高の人生をあなたと』

最高の人生をあなたと [DVD]

最高の人生をあなたと [DVD]

posted with amazlet at 12.10.18
原題:Late Bloomers
監督:ジュリー・ガヴラス
脚本:ジュリー・ガヴラス /オリヴィエ・ダザ
製作:シドニー・デュマ
製作総指揮:シルヴィー・ピアラ/ベルトラン・フェーヴル
音楽:ソディ・マルシシェヴァー
製作国:フランス ベルギー イギリス 2011年 90分

ロンドンに住む、元教師のメアリー(イザベラ・ロッセリーニ)は、夫アダム(ウィリアム・ハート)の業績を讃える授賞式で、「記憶が飛んだ」。
すわ、ボケたのかと自らも周りも不安になる。なにしろ晴れの舞台でのことだ。

1

還暦を前に、ボケていられないと水泳教室に通い始めるメアリー。しかし、周りは若い女性ばかりで、男性インストラクターはメアリーに見向きもしない。水泳教室に通うくらいだから、プロポーションには多少自信があった。だから惨敗とは認めたくない、周りに見る目がないと思いたい。

2

バスに乗れば不本意ながら席を譲られる。「私は年寄りじゃない」とシカトするものの、周りがそんな風に見てるのかと落胆する。
ボランティアに参加しようとすると、横柄なコーディネーターにやる気のない高齢者グループに入れられ、元教師のキャリアなんてなんの効力もない。そんな扱いに憤慨しても、還暦前であり、視力が衰えていて記憶が飛んだのは事実である。

アダムは、建築界の名誉賞を受けるような著名な建築家である。
しかし、設計事務所の経営状況は思わしくない。

3

意に反して引き受けた老人ホームの設計には、さっぱり身が入らない。高齢者の快適な環境など、自分のすぐ将来のことのようで、頭に浮かべたくないのだ。
若いスタッフとともに美術館の設計プロジェクトに加わって仕事をしていると、活力が湧いてくる。

4

メアリーはそんなアダムに嫉妬を感じているのか、あるいは一緒にいると年齢を感じてしまうのか、これまで仲睦まじかった夫婦の間がギクシャクしていく。
そして、それぞれが若者相手に情事に走ってしまう。
この熟年夫婦はどうなるのか?

まぎれもなく人生の終盤に差し掛かった夫婦。
その現実を受け入れたくないから、なんとか今とは違う居場所を探そうとする。そんな所はある筈もないとわかっていても、抵抗を試みたい。
高齢者社会が到来した先進国の共通のテーマである。
ヨーロッパ映画は、「渋いテーマ」をなんなく扱うから油断できない。
それにしても、日本語タイトル『最高の・・・』はどうにかならなかったのかな。

 

2012年10月17日 (水)

わたしを離さないで

カズオイシグロの同名の小説の映画化。
原作を先に読むか映画を先に観るかは、多くの場合は原作を先に読んだ方がいいと思っている。原作の方が経緯を理解しやすい場合が多い。映画は説明を省略せざるを得ないので、後半まで何がなんだかわからないことがある。
『わたしを離さないで』に限っては、映画を先に観た方がいいと思った。
原作では、介護人と提供者という言葉が早々と出てきて、その真の意味がわかるのはかなり話が進んでからだ。
映画では、冒頭からしばらくは、田園地帯にある寄宿学校での子供たちの日々の生活が淡々と描かれていて、彼らが寄宿舎を卒業してから、少しずつ核心が見えてくるという展開である。起承転結の承の部分が卒業してからに当たり、この辺で主人公たちが置かれた立場が見えてくる。
原作では頭の片隅にはっきりしないことを抱えながら読み進むことになる。
はっきりしないことで不安感が煽られることが、作者の狙いなのかもしれないが。
Photo_20210331081601わたしを離さないで
原題:Never Let Me Go
監督:マーク・ロマネク
脚本:アレックス・ガーランド
原作:カズオ・イシグロ
製作国:イギリス  アメリカ合衆国  2010年  105分

冒頭で、「画期的な治療法が開発されて寿命は100歳を超えるようになった」とテロップが流れる。画期的な技術とは、クローンと臓器移植のことである。

_1

イギリスののどかな田園地帯にある寄宿学校「ヘールシャム」で学ぶキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミーの3人は、幼い頃からなかよく一緒に暮らしてきた。寄宿学校では、保護管と呼ばれる先生がすべて女性だ。寄宿舎の規則は厳格で、生徒たちは寄宿舎の外に出ることができない。

_3

3人は、18歳になり寄宿学校を出て農場のコテージで共同生活をはじめた。やがてルースがトミーに近づきふたりは親密になり、キャシーは孤立する。本当に愛し合っているカップルは提供者としての通知が来るまで、数年の猶予が与えられるという噂があった。

その後、コテージを出て離れ離れになった3人には、それぞれに別の運命が待っていた。彼らは臓器提供者としての通知を待って暮らしているのだ。
ルースには比較的早く「提供」の通知がきた。
キャシーは提供者の介護人として働いていた。介護人として働いていれば、比較的自由な生活を送ることができ、「提供」の通知の受け取りを遅らせることができる。

_4

ある日、キャーシーはトミーはに再開し、ふたりは愛し合うようになる。そして、真に愛し合っていると確信するふたりは、書類を整え提出するが、噂は本当ではなかった。トミーの落胆ぶりは絶望にも近いものだった。
そうするうちに、トミーに「提供」の通知がくる。
キャシーはトミーの「提供」の介護人として付き添うことになった。1回目の提供は順調に回復したが、2回目は致命的な臓器の提供であった。

本作では、主人公たちの住む世界と別の世界がある。映し出されないその別の世界は、人間のエゴが生み出した究極の格差の上に成り立っている社会である。その社会構造は、現代の格差社会を象徴しているととれるが、あまりにもグロテスクだ。
人気ブログランキング

2012年10月16日 (火)

南極料理人

海上保安官の料理人西村(堺雅人)は、妻(西田尚美)と幼い子どもの4人暮し。
ある日、赴任予定者が交通事故に遭い、ピンチヒッターで南極勤務を命じられる。
西村にとっては青天の霹靂、できれば行きたくないのだが、妻と小学生の娘は、西村の南極行きをむしろ歓迎しているように思えて、彼はショックだ。
Photo_20210209083301南極料理人
監督:沖田修一
脚本:沖田修一
製作:太田和宏/川城和実/春藤忠温/町田智子/近藤良英
音楽:阿部義晴
主題歌:ユニコーン「サラウンド」
公開:2009年  日本  125分 

_1

_2_2

南極とはいっても、標高3810mと富士山より高い「ドームふじ基地」という空気が薄い極寒の地。ペンギンやアザラシはおろか、ウイルスさえもいない地の果てのようなところだ。
西村の任務は、8人分の食事を作ること。
ただし、標高が高いので気圧が低く85度で沸騰するため、圧力鍋を駆使しなくてはならない。

_3_2

こういうところでは食べることが唯一の楽しみ、西村が作る料理は、なかなかのもの。
和風の納豆付き朝食、焼き魚、魚の煮付け、かきあげ、おにぎりなどの身近なものから、フォアグラやスズキのポアレのフランス料理、隊員のリクエストで作った失敗作の伊勢海老のエビフライ、大量のタラバガニ、そして肉の塊に油を塗って火をつけ雪原を走り回って作った分厚いローストビーフと、ヴァリエーションに富んだ西村の料理は隊員を喜ばせる。

晴れ渡った空のもと、雪原に真っ赤なジュースで線を引き、息抜きの野球を始めるのだが、その前にジュースでマークしたベースをスプーンですくい取り、シャーベットとして食べてしまう。隊員たちは何でも食べることに結びつけてしまう、このシーンが面白い。

ところで、隊員は家族に電話をしたり家族からのFAXでホームシックを癒している。その隊員たちに比べると日本にいる家族や恋人の反応は醒めたもの。そのギャップは皮肉だ。まるで見えないものは存在しないかのように、電話の向こうはつれない。

そんななか、隊員たちがインスタントラーメンを毎日のように隠れて食べたため、早々と備蓄のラーメンがなくなってしまう。気象学者のタイチョー(きたろう)は「これから何を楽しみにすればいいんだ」と寂しそうに言うのだった。
タイチョーは小麦粉で自家製のラーメンを作れるだろうと西村に迫るが、カンスイがないとラーメンのコシと風味は出ない。雪氷学者の元さん(生瀬勝久)が、「ベーキングパウダーには炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)が含まれているはずだから、元素記号上はカンスイになる」とアドバイスする。

_4_2

そして、西村が作ったラーメンは、縮れ麺にチャーシュウ、メンマ、ホウレンソウがのる正統派醤油ラーメン、よだれが出そうなくらい旨そうだ。皆が貪るようにラーメンを食べている最中にオーロラが現れて、観測を促す大気学者の平さんに、タイチョウーは「どうでもいいっ」と言い放ちラーメンに没頭するのだった。

文字通りの極限状態の中での長期共同生活は、隊員たちの人間性が出てくる。
小競り合いあり、不貞腐れて氷原に飛び出す狂言自殺行為あり、失恋による引きこもりあり、笑いあり、涙あり、の男8人の1年半に渡る生活を、食を通して見たなんとも不思議な魅力が漂う映画だ。

かくして、南極での生活を終え無事帰国した西村は、家族と訪れた遊園地で、ファーストフードのハンバーガーを家族をとともに頬張り、「旨い」とつくづく思うのだった。→人気ブログランキング

ノーバディーズ・フール

冬を迎える、ニューヨーク州の田舎町。
60歳の土木作業員サリー(ポール・ニューマン)は、中学代の恩師ミス・ベリル(ジェシカ・タンディー)の家に下宿している。
彼とヴェラの結婚は、はるか昔に失敗に終わり、息子がわずか1歳のときにサリーは家を出た。
Photo_20210414133901ノーバディーズ・フール
Nobody's Fool
監督:ロバート・ベントン
脚本:ロバート・ベントン
原作:リチャード・ルッソ
製作国:アメリカ合衆国  1994年 110分

_4

サリーは仕事中の事故で膝にケガを負い、雇い主のカール(ブルース・ウィリス)とそのことで係争中である。とは言ってもサリーとカールは気心のしれた悪友同士。
カールは浮気者で、妻のトビー(メラニー・グリフィス)は悲嘆にくれている。ことあるごとにカールに町一番の美人トビーを大切にしろと言い、トビーを慰めてきたのがサリーだった。

_2

気負って向かった裁判で、サリーはあっさり負けてしまう。
腹いせに、カールの建築現場からコンクリートブロックを盗もうと、オンボロトラックにコンクリートを積見込んでいると、重さに耐えかねたトラックが壊れてしまう。そこに、たまたま音信不通だった息子のピート一家が車で通りかかり、息子たちは別れた妻のヴェラのところへ感謝祭の祝いに行くところだった。なんという偶然だろう。

感謝祭の日。元の妻ヴェラの家を訪ねたサリーは、ピートの長男、つまり孫のウィルと出かけることになる。サリーは臆病なウィルに「勇気を出すこと」を教える。
息子の教えてやれなかったことを、孫に教える、せめてもの罪滅ぼしだ。

息子のピートは妻と別れたうえに大学教授の職を失い、サリーの土木作業のアシスタントとして働くことになった。ところがピートの出現で、少ない仕事が一層少なくなるといじけるロブ(プルット・テイラー・ヴィンス)は、現場から怒って去っていく。
ロブをなだめようと追いかけたサリーは、ロブの後ろについて歩道を車でゆっくり走っているところを、運悪くピントのずれた若い警官(フィリップ・シーモア・ホフマン)に見つかりってしまう。銃で狙いすまされたサリーは、善良な市民を威嚇する警官を殴り倒してしまう。

フィリップ・シーモア・ホフマン演ずるこのバカ警官、『天才バカボン』の警察のように、どこでも銃をぶっぱなしそうなのだ。名優も駆け出しの頃は、端役だ。

リーはあわや刑務所送りになりかけるところ、なんとか丸く収まり留置所から出る。

_3

一方トビーは浮気に懲りないカールに愛想をつかす。
サリーは「一緒に町を出てハワイに行こう」とトビー誘い、いっときは誘いに乗るトビーだが、結局トビーはカールの許へ帰っていく。
息子のピートも妻とよりを戻しウィルとともに町を去ってゆく。
一日が終わり疲れ果てて、ミス・ベリルの下宿に戻ったサリーは、彼女の傍で笑みを浮かべながら眠りにつくのだった。

ところで、サリーは毎週同じ数字を買い続けてきた馬券を、警察沙汰で買えなかったが、その数字の馬券がなんと万馬券になった。
落胆しているサリーにビートが馬券をわたす。気を利かせて買っておいたのだ。
人生悪いことばかりではない。

リーは、常に仕事をしているわけでなく、いわばその日暮らし。
60歳になって蓄えはなく、一体、残りの人生はどうするのだというような状況なのに、いたって呑気なのだ。友人たちと一緒にいれば何とかなるさという感じだ。

みんなから慕われ、男気があって優しい、それなのに早々と離婚して家を出たサリー。彼を取り巻く人々の、彼と繋がっていることで癒される、ほのぼのとした人間関係を描いた心暖まるドラマ。
本作は、ジェシカタンディーの遺作となった。→人気ブログランキング

2012年10月14日 (日)

天地明察

江戸時代、保科正之から新しい暦作りを命じられた安井算哲は、長きに渡る天体観測と膨大な量の資料を数量解析し、西洋の天文学から得た知識をも加え、日本独自の大和暦を作り上げる。しかし代々、暦に関するを役目を朝廷から賜ってきた公家たちは、猛烈に反発し妨害を加える。算哲が「蝕」を予測した日、京都市中の観測台の周りに、見物人が集まり公家たちも姿を現す。そして、予測した午の刻が訪れる。果たして太陽は欠けるのか。
安井算哲こと渋川春海(1639年~1715年)は実在の人物。
本作は、冲方丁のベストセラー小説『天地明察』が原作である。
Image_20210117165901天地明察 
監督:滝田洋二郎
脚本:加藤正人/滝田洋二郎
原作:冲方丁
音楽:久石譲
製作国:日本 2012年 141分 

江戸時代前期、第4代将軍綱吉の時代、太平の世が続いていた。
主人公の安井算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていた。
算哲は、前もってお互いに打つ手順を決めておく、形ばかりの御城碁に疑問を抱き、真剣勝負の碁を打ちたい願うようになる。その勝負碁を望むのは、碁における革命児本因坊道策も同様であった。
そんな算哲は、庭に日時計を作ってデータを集めたり、太陽や星の観察が何より好きであり、算術にもことさら興味があった。

 算哲は、神社に奉納された算額絵馬に書かれた問題を解くことに、没頭していた。
解答を絵馬に書いて、正解であれば「明察」、間違っていれば「惜シクモ」「誤謬ニテ候」と朱で黒白がつけられる。そこで、後に妻となる「えん」に出会い、また問題を見てたちどころに回答する一蔑即答の人物、関和孝の存在を知る。
 

ある日、徳川家綱の後見人である幕府のブレーン会津藩主の保科正之(松本幸四郎)の命を受け、北極出地の旅に出ることになる。
北極出地とは全国各地をくまなく回り、各地の北極星の位置を測り、その地の緯度を正確に調べるというもの。一行には、隊長の武部伝内(笹野高史)、副隊長の伊藤重孝(岸部一徳)をはじめ、総勢14名。

_2

武部、伊藤、算哲の3人は、歩幅で距離を計っているため、大手を振って大股に歩く。それはまるで小学生の行進のようだ。3人の後ろには、子午線儀をのせた馬車が続く。北極出地に費やす期間は1年の予定であったところ、1年半の歳月がかかってしまった。

当時使われていた宣命暦は800年前からの中国唐時代のものであるため誤差が積もり、天の動きより2日先行していた。
日々の暮らしに直結する暦の狂いは、農耕の時期に狂いが生じ、月の大小や日の吉凶などが根拠なきものになる。幕府のみならず日本国の沽券に関わること。

原作によれば、当時〈ヨーロッパではコペルニクス(1473年~1543年)が没して百余年が経ち、ガリレオ(1564年~1642年)が地動説を実証し、教会から禁止さられながらもその正しさが認識された。さらにはニュートン(1642年~1727年)によって万有引力の法則が解明されんとしており、新たな宇宙観の萌芽となっている。〉という状況にあった。

算哲は、北極出地での業績を評価され、保科正之から新しい暦作り「改暦」を命じられる。
しかし本来なら、暦の管理は朝廷の聖域である。公家たちの妨害は壮絶なものとなることが予想された。

_4

算哲は同僚や師や関孝和(市川猿之助)などの友人たち、さらに算哲の妻になったえん(宮崎あおい)や、算哲の後見人として援助する水戸光圀(中井貴一)に支えられ、改暦に取り組んでいく。
算哲は天体観測と和漢のデータだけでは、暦の狂いを解決できない考え、光圀に助けを求める。
そこは、鎖国とはいえ世界に目を向けている新しい物好きの光圀だ。

_5

そして得た結論は、経度にして15度の差、中国と日本の緯度の差を見逃していたのだ。
算哲は、いかに優れた中国の暦であっても、日本で使うには補正を加えなければならないことを突き止めたのであった。
それは保科正之に北極出池を命じられてから、23年が経った算哲46歳の時であった。

おりしも、今年(2012年)のノーベル賞物理学賞は、極めて正確な光時計の原理につながる理論を発見したフランスとアメリカのふたりに送られた。光時計は宇宙誕生の137億年前から時を刻んだとしても、5秒しか狂わないという。
人気ブログランキング

2012年10月13日 (土)

イン・ザ・ベッドルーム

アメリカの北東端メイン州の漁港町。
大学生のフランク(ニック・スタール)は、夏の間、帰省してロブスター漁のアルバイトをしている。両親は、開業医のマット・ファウラー(トム・ウィルキンソン)と合唱隊の教師ルース(シシー・スペイセク)。

Image_20201206090001イン・ザ・ベッドルーム
In the Bedroom
監督:トッド・フィールド
脚本:ロバート・フェスティンガー/トッド・フィールド
音楽:トーマス・ニューマン
製作国:アメリカ  2001年  130分 

_1

フランクは、年上でふたりの息子を持つナタリー(マリサ・トメイ)と交際している。彼女との離婚に応じない夫のリチャード(ウィリアム・マポーザー)が、よりを戻そうと彼女を訪ねてくる。

潔癖な母親は、息子が年上のふたりの子持ちの女と付き合っていることを快く思っておらず、交際に対して寛容に振舞う夫には、苛立ちを感じている。フランクはナタリーに惹かれてはいるものの、母親には「一夏の恋」と調子のいいことをいけしゃーしゃーと言っている。

_2

ある日、ナタリーからリチャードが強引に家に入ろうとしていると助けを求める電話がかかり、フランクが駆けつけると、リチャードは銃を放ちフランクは射殺されてしまう。
リチャードは計画性があったわけではない、もみ合っているうちにかっとなって銃を撃ってしまったと故殺を主張。

計画性のない故殺が認められれば、刑はたった5年である。
暴力夫とは言え、リチャードは離婚を望んでおらず、ナタリーとフランクが不倫の関係にあったことも、量刑に影響したかもしれない。

 

_3

息子の死以来、夫婦の間には気まずい空気が流れている。ルースはマットが寛容過ぎた、子持ちの女と付き合うようになったのは、マットのせいともとれるようなことを言う。一方、マットはルースが口やかましく、何事も制限したと非難する。

一人息子を殺された両親が加害者の量刑があまりにも軽すぎると、やり場のない怒りを感じるのはもっともだ。
その犯人と、ときどき顔を合わせなければならないとしたらどうだろう。精神の安寧は保てるのだろうか。

そんなある日、ルースはスーパーで保釈中のリチャードを目撃して動揺する。
ルースの様子を見てマットは決意する。
マットはリチャードの家に忍び込み、銃で脅しながら旅行仕度をさせ、街から出ていくように言う。
マットは空港に送ると言ってリチャードを車で連れ出し、山荘で友人のところへ行き、彼を撃ち殺してしまう。

_4

明け方になって、マットが家に帰り、ルースに気づかれないようにとベッドルームに入ると、彼女は起きていた。

画面が静かにゆっくり進み、両親の思いがことさら見ている側に伝わってくる。
第72回アカデミー賞の脚本賞、主演男優賞(トム・ウィルキンソン)、主演女優賞(シシー・スペイシク)、助演女優賞(マリサ・トメイ)に、ノミネートされた。→人気ブログランキング

2012年10月12日 (金)

武士の家計簿

幕末から明治にかけて、加賀藩の下級武士、会計処理の役人「御算用者」の三代に渡る物語。
武士が武芸に秀でていても食べていけない世にあって、算術を身につけていれば、なんとか生きる術がある。当時、加賀藩には150名の御算用者がいたとのこと。
Photo_20201207082701武士の家計簿 
監督:森田芳光
脚本:柏田道夫
原作:『武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新』磯田道史 新潮新書
音楽:大島ミチル
主題歌:Manami「遠い記憶」
公開:2010年

代々猪山家は、加賀藩の会計のエキスパートとして務めてきた。

猪山家八代目の直之(堺雅人)は「そろばん侍」とあだ名されるくらい、そろばんの腕がたつ。父信之(中村雅俊)とともに、御用算者としてその能力を高く評価されている。

_1_2

直之は間違いをそのままにしておけないタイプ。
彼は米台帳に間違いを見つけ上司に報告するが、詮索するな言われる。そこで引き下がれる性分でない直之は、密かに過去の米台帳を調べると、領民への救済米と称して米が横流しされていることを突き止める。
上司たちは不正が公になることを恐れ、直之に輪島への転勤を命じる。ところが、藩がその不正を知るところとなり、関係者は処罰され、直之の左遷は取りやめとなり、異例の昇進をするのだった。

ここで、猪山家の年収が気になる。
直之の出世で、100石から180石になった。
180石は、大雑把に計算すると、1石が1両、1両が4~5万円とすると、7200万~900万円となる。多いんだか少ないんだか。。

_2_2

そんな直之はある日、町同心・西永与三八(西村雅彦)を父にもつお駒(仲間由紀恵)と結婚をする。
披露の宴会は世間様に恥ずかしくないようにと背伸びをした。
武家社会には、出世するにつれて冠婚葬祭をはじめとする交際費が増え借金をせざるを得ないという構造的な問題があった。猪山家もご多分に漏れず、収入に見合わない借金を抱えていた。

倹約生活に入る前は意外と贅沢な暮らしをしていたように思える。
武士の体面を保つために交際費がかさむというのは、武士がいかに見栄を張って生きているかということだ。
猪山家の借財は、父信行が江戸詰の生活のときに嵩んだとなっている。

_3_3

そんな折、息子の直吉4歳の「着袴(きばかま)の祝い」を前に、直之は家計が窮地に追い込まれていることを知る。直之はお駒と知恵を絞り、祝膳に欠かせない「鯛のお頭」の代わりに、鯛の絵を書いて膳にそえたのだった。

_4_3

家族は一丸となって借金を返済することに腹をくくり、余分な家財道具を処分することを決める。
着物はひとり3着として、父親の書画骨董、母親(松坂慶子)の着物、祖母(草笛光子)の茶道具などの贅沢品はすべて売り払うことにした。
そして、猪山家の入払帳(家計簿)が直之の手で細かくつけられることになった。
新婚のころ、同僚に羨ましがられた弁当は、今や雑穀に漬物それにサツマイモと、同僚が哀むほど質素なものになった。
そんな生活のなか、直之は4歳の直吉に家計簿をつけるよう命じ、徹底的にそろばんを教える。

時は幕末となり、父の英才教育のおかげもあって、直吉は父と同じく算用場に見習いとして入る。
時代の荒波のなか、直吉は成之(伊藤祐輝)と改め、生き方を模索していた。しかし、父の平時と変わらない泰然とした様子がもどかしく思え、成之は父に激しくぶつかるのだった。

その後、成之は京都に出向き、そこで新政府軍の大村益次郎にそろばんの腕を見込まれ、軍務官会計方に入り、新政府軍の財政を支える。しかし、大村が暗殺された事件で加賀出身の者も殺されたと伝えられ、息子の安否を気遣う直之とお駒は不安に苛まれるのだった。
------
その後、成之は兵部省会計少佑海軍掛を経て大日本帝国海軍の主計官となり、海軍主計大監に昇進して、呉鎮守府会計監督部長と大出世を遂げている。→人気ブログランキング

2012年10月11日 (木)

『リトル・ダンサー』

リトル・ダンサー コレクターズ・エディション [DVD]

リトル・ダンサー[DVD]

posted with amazlet at 12.10.11
Billy Elliot
監督:・ダルドリー
脚本:リー・ホール
製作:グレッグ・ブレンマン/ジョン・フィン
製作総指揮:ナターシャ・ワートン/チャールズ・ブランド/テッサ・ロス
音楽:・ウォーベック
製作国:イギリス  2000年 111分

ダルドリー監督の『めぐりあう時間たち』(03年)、『愛を読むひと』(08年)、『ものすごくうるさくて ありえないほど近い 』(11年)は、いずれもレベルが高い作品だ。
本作はダルドリー監督のデビュー作、イギリスの賞を総なめにしたという。
監督は、2012年のロンドンオリンピック、パラリンピックで、開会式・閉会式の総合プロデューサーを務めた。

サッチャー政権下の1984年、イギリス北部の炭鉱町に住む11歳のビリーは、炭鉱夫の父と兄、それと認知症の祖母との4人ぐらし。母親はすでに亡くなっている。
ビリーは父親の勧めでボクシングを習っている。ビリーの家は、表向き男らしい家族ということになっている。

_1

おりしも、炭鉱のストライキの影響で、バレーの練習場所がなくなり、バレーもボクシング場で練習をすることになった。
もともとボクシングに身が入らないビリーは、バレーがやりたくて仕方がない。彼は父と兄に内緒で女の子たちに混じってバレーを始める。ビリーの非凡な才能を見抜いたバレー教師のウィルキンス先生は、彼にに個人レッスンを受けるように勧めるのだった。

ある日、ウィルキンス先生がビリーの家にやってきて、ビリーをロイアルバレースクールに進学させるべきだと主張する。しかし、父親は、まだ多くの人が女性がするものと考えられているバレーを、息子にさせることを受け入れられない。それに、炭鉱の先行きは暗く経済的な余裕はない。

クリスマスの夜、ビリーと女装癖のある同級生のマイケルが踊っているところを父親が見てしまう。開き直ったビリーはアドリブで踊る。その踊りを見て、息子の非凡な才能に気がついた父親は、ロイアルバレースクールを受験をさせようと決意するのだった。
ここで父親は苦渋の選択をする。これまでスト破りを非難する立場の父親は、受験料を稼ぐためにスト破りに加わり採掘場に向かうバスに乗り込むのだった。

父親に長男は食ってかかるが、父親は「先細りの炭鉱夫の仕事を、将来がある11歳のビリーにさせるわけにはいかない。才能があるなら、チャンスを与えるのが親の役目だ」と長男を諭すのだった。

_2

やがて、ロイアルバレースクールの受験日となり、父と子はロンドンに向かう。審査員たちは、ビリーの正統派でないアドリブの踊りに魅せられて才能を認め、ビリーは合格となる。

いよいよロンドンのバレースクールに入学する日、心細いビリーは父親に「嫌になったら帰ってきてもいいか」と訊く。父親は「部屋を他人に貸すから帰ってくるところはない」と、優しそうに告げるのだった。
武田鉄矢の『母に捧げるバラード』いある「花の都に出てゆくかぎりは、誰にも負けたらつまらない、日本の星になって帰ってこい」と、父は言いたかったのだ。

そして、月日が立ち、ビリーは『白鳥の湖』の主役を演ずるようになる。彼の晴れ姿を見ようと父と兄が駆けつけた劇場には、化粧をしたおかまのマイケルもいたのだった。
成人したビリーが踊るシーンは、特別出演した世界的なバレエダンサーのアダム・クーパーが演じている。
舞台の袖で出番を待つクーパーの姿は、まるで獲物に飛びかかろうとする豹のように精悍である。

本作もそうだが、ダルドリー監督は、『愛を読むひと』にしろ、『ものすごくうるさくて ありえないほど近い 』にしろ、少年が主人公の物語が得意のようだ。

2012年10月 9日 (火)

寝ずの番

原作は中島らもの短編集『寝ずの番』、落語家笑福亭松鶴夫妻がモデル。
Photo_20201204083501寝ずの番
監督 : マキノ雅彦
脚本 : 大森寿美男
原作 : 中島らも
プロデューサー : 坂本忠久・林 由恵
音楽 : 大谷幸
製作:日本 2006年 110分

_1

余命いくばくもない橋鶴(長門裕之)の末期の願いは「そとが見たい」。これを1番弟子の橋次が女性器の京都弁「そそ」と勘違いしたものだから騒動になった。そこで、白羽の矢が当たったのが、3番弟子の橋太(中井貴一)の妻茂子(木村佳乃)。

_2

はじめは「どうして私が?」と納得がいかず、ホルターガイスト現象ばりにそこらにある物を橋太目がけて投げつけたものの、師匠のためならと一肌脱ぐことになる。その3日後(原作では3分後)に橋鶴は亡くなった。

通夜のあとは酒を酌み交わしながらの寝ずの番になる。
破天荒だった橋鶴師匠の様々なエピソードで大いに盛り上がる。「そそ騒動」は、「師匠は、臨終にまでオチつけなはった」と評価が高い。
橋鶴の息子、序列でいえば2番弟子の橋弥(岸部一徳)は、父親から落語を教えてもえなかったと嘆く。師匠は教えてもどうせ下手だろうから、教えたと人に知れたら師匠が下手ということになるので教えなかったと、一番弟子の橋次に言ったとか。
最後には、亡骸を立たせて『らくだ』のカンカン踊りまでが飛び出した。

_3

寝ずの番は、故人が寂しがらないように、ろうそくと線香の火を絶やさないようにと、遺体の前で番をする。大概は、親族のなかの若手が受けもつことになる。寝ずの番が多ければ、故人の話で盛り上がって時間が早く経つ。
ときどき、ふと遺体の顔を拝みたくなって、棺桶の蓋を開けて、しみじみと眺めたりする。ふと、踊ってみようと誰かが言い出したら、皆が酔っ払っているものだから無茶が通ってしまった。
下ネタがどんどん飛び出して、息をつかせない爆笑に次ぐ爆笑である。

マキノ雅彦監督の人脈だろうか、弔問客には桂三枝、笑福亭鶴瓶、浅丘ルリ子、米倉涼子、中村勘三郎と豪華な面々が訪れる。

それから暫くして、「そそ騒動」の張本人、そそっかしい橋次が突然亡くなった。
再び、通夜のあとは想い出話に花が咲く。
橋次はついていない男だった。寺を借りての独演会では、本堂が火事になったり、住職が亡くなったり、と不運ばかり。だが、色っぽい女性(高岡早紀)との一夜もあったとか。
ここでも下ネタは盛りだくさん。

葬式になると仏事にやたら詳しい奴がいて、それは例えば遠縁のオジさんだったりする。それは違うとかこうやれとか、仕切りたがる。はじめは素直に従がおうとしない周りは、やがてその仏事通に従うことになる。ところが「この地区では違う」と、地元のやり方を主張する別の人物が出てきたりする。周りはどっちでもいいと思っているが、ふたりにとっては面子をかけた勝負なのだ。大体は地元のやり方を主張した方が通る。今回その仏事通の役は、4番弟子の橋枝(木下ほうか)であった。

_4

その一年後、今度は師匠の奥さん、色っぽい志津子(冨司純子)姐さんが、突然亡くなった。
通夜に初老の男(堺正章)がやって来て、その昔新地の一番人気の芸妓だった志津子姐さん会いたさに夜な夜な通い詰め、中国の故事の「傾城」よろしく鉄工所を潰してしまったとのこと。今はタクシーの運転手だという。

_5

なんでも、その男は師匠と姐さんを取り合った恋敵で、姐さんから教わった座敷歌をぜひ唄いたいと言い出した。唄は下ネタがテーマ。それに橋太が唄い返す。
男は「おれの心はトタンの屋根よ 変わらないのを見ておくれ」と師匠が姐さんに送った都々逸を、姐さんが教えてくれたと披露する。
そして、例によって下ネタの大歌合戦となるのだった。

「文部科学省認定でありながら、卑猥な言葉が70数回も出てくることでR-15指定を受けた」というネタがまかり通っているのも、大いに笑える。人気ブログランキング

2012年10月 8日 (月)

私がクマにキレた理由

大学を卒業したアニーは、セレブ夫婦の住み込みベビーシッター(ナニー)になる。母親はエステと社会奉仕で忙しく子育て放棄、父親は仕事中毒、5歳の息子はわがまま放題だ。
アニーは、父親からはセクハラを受け、母親からは散々こき使われて、自由時間なし。おまけに恋路を邪魔されて、それでブチキレる。
Image_20201206140601私がクマにキレた理由
The Nanny Diaries
監督:シャリ・スプリンガー・バーマン/ロバート・プルチーニ
脚本:シャリ・スプリンガー・バーマン/ロバート・プルチーニ
製作:リチャード・N・グラッドスタイン
音楽:マーク・スオッゾ
製作国:アメリカ合衆国  2007年 106分

1

ナニー映画の傑作『サウンド・オブ・ミュージック』(65年)、『メリー・ポピンズ』(64年)へのオマージュの場面が盛り込まれている。ビルの屋上のシーンや傘を片手に空を飛ぶシーンがそれだ。

大学を卒業したばかりのアニー(スカーレット・ヨハンソン)は、セレブを夢見て20人募集のところ8000人が応募した、ゴールドマンサックス社の入社試験を受けるが、「あなたのしたいことは何?」の質問に答えられずあえなく不合格となる。
そんなアニーはひょんなことから、セレブの豪華マンションに住み込み、ナニーつまり子育て下受け業に就くことになった。

3

エステ通いと社会奉仕活動にうつつを抜かし子供の面倒をみない母親ミセスX(ローラ・リニー)、多忙な仕事にかまけて妻にも子供にも関心を示さない父親ミスターX(マーク・ジアマッティ)、そんな夫婦の5歳の息子グレイヤーは、当然のことながらわがまま放題。
最初はとりつく島のなかったグレイヤーだが、アニーの献身的なナニーぶりに、なついて心を開くようになる。

ところで、ポッチャリ体型でブランドとは縁のないラフな服装のスカーレット・ヨハンソン、背が高くスラリとして手入れが行き届き、一流ブランドを着こなす、いかにもセレブ風のローラ・リニー。どちらも、ぴったりの役柄だ。

2

アニーは予想外の量の雑用でてんてこ舞いの忙しさ。
ミスターXは、息子が「お受験」に失敗したのはミセスXのせいとなじり、ミセスXはアニーのせいだという。

4

そんななか、なんとかプライベートタイムを手に入れて、親友のリネット(アリシア・キーズ)と入ったバーで、X家と同じマンションに住むハーヴァード(クリス・エヴァンス)に出会う。はじめてX家を訪れたときに、前かがみになったアニーのGパンがずれ下がりパンツが丸見えになったところを、後ろから覗かれたあの忌々しい男だ。
ところがアニーとハーヴァードは親密になっていく。→人気ブログランキング

アニーが辛抱して仕事を辞めなかったのは、グレイヤーに愛情を感じていたことと、大学での専攻が人類学だったからではないか。鼻持ちならないセレブという部族(トライブ)の生態を、もう少し解明してやろうと思ったのだろう。

X家一家はアニーを伴って避暑地向かう。アニーは避暑どころか、グレイヤーに加えほかの家の子供達の面倒まで見る羽目になる。
ナニーを雇ったんだから、ハゲ頭のミスターXはちょっかい出さなきゃ損とばかりセクハラをするし、ミセスXはこき使わなきゃー損と雑用をこれでもかと言いつけ、挙句に解雇を言い渡す。
さらに、ミセスXがハーヴァードからの電話を取り次いがなかったことを知り、恋路までも邪魔するのかと怒り心頭に発する。かくしてマンハッタンのX家の留守宅に忍び込んだアニーは、子供部屋で監視カメラを内蔵したテディベアを発見する。そこでアニーはプチンとキレた。彼女はクマに向かって怒りを爆発させる。

5

そのビデオテープは、セレブママたちの「ナニーの操縦法」をテーマにした講習会の教材に使われ、意外にもママたちの共感を呼ぶのだった。
そして数ヶ月後、ミセスXと街で偶然出会ったアニーは、幸せそうなミセスXから「あんな男とは離婚をし、今は子育てに専念しているのよ。あなたのおかげで目が覚めたわ」と感謝の言葉をかけられるのだった。
これでアニーの苦労も報われた。

2012年10月 6日 (土)

真実の行方

大司教の助手をしていたアーロン(エドワード・ノートン)は大司教殺しで逮捕される。血まみれで現場にいたのがアーロンだった。
弁護を買って出たのは、上昇志向の強い目だちたがり屋の弁護士マーティン(リチャード・ギア)。対抗する検事は、かつてマーティンの部下であり親密な間柄だったジェーン(ローラ・リニー)。
裁判の結審まで続く、遣り手弁護士と辣腕弁護士の丁々発止のやり取りは、本作品の見所である。

Image_20201230093401真実の行方
Primal Fear
監督:グレゴリー・ホブリット
脚本:スティーヴ・シェイガン/アン・ビダーマン
製作:ゲイリー・ルチェッシ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
製作国:アメリカ合衆国 1996年 130分

_2

アーロンにとって大司教は父親同然の存在である。身寄りがなく物乞いをしていたアーロンに、住む所とミサの手伝いの仕事を与えてくれたのだ。アーロンの受け答えは、残虐な殺人を犯したとは思えないような温厚なもの。マーティンは直感で、アーロンが無罪であると思った。
これがとんだ的外れ、アローンの悪知恵に見事にしてやられたのだ。

マーティンは、貧民窟の再開発に投資しようとしていた州検事をはじめとする市の上層部が、大司教によって再開発が中止に追い込まれたことを恨んで殺害したと立証しようとする。しかし、悪の権化のような州検事はマーティンに露骨な妨害をする。

_3

マーティンは、アーロンたちが大司教から性的な虐待をうけていて、その現場を撮影したビデオテープがあることを知り、そのテープを大司教の部屋から盗み出す。
マーティンが性的虐待についてアーロンに質すと、人が変わったように乱暴な言葉でまくし立て、自らをロイと名乗り大司教を殺害したことを認めるのだった。精神科医モリー(フランシス・マクドーマント)の診察によりアーロンは多重人格障害者であることがわかり、アーロンはロイのやったことをまったく自覚していない。

_4

しかし、マーティンは策を弄して、法廷でアーロンが発作を起こすように仕組むのだった。この作戦が見事にあたり、アーロンから豹変したロイは、大司教殺害を認め、ジェーンに飛びかかり首の骨を折ろうとする。間一髪で発作は収まり、マーティンの思惑通り、アーロンは死刑をまぬがれ精神病院送りとなる。

_5

判決が下されたあと、面会に訪れたマーティンにアーロンは、「ひどいことをするつもりはなかった。お大事にとジェーンに伝えてほしい」と不適な笑みを浮かべて言うのだった。
そもそもロイはいない、と言うより、気の荒い蓮っ葉なロイが温厚そうなアーロンを演じていたのだ。このことを知っているのはマーティンとアーロンだけ。マーティンの大失策により、凶悪な殺人犯が無罪となったわけだ。

ところで、黒人の女性裁判官は、ジェーンの喫煙に対して口やかましく注意するものの、自らは昼間っからウイスキーをストレートであおっている。見た目は酔っていないけれど、法廷にグラス片手に入ってくる。最初は薄茶色の液体はまさかウィスキーではあるまいと思ったものの、いやあれはウィスキーだ。どうなってるんだ。

二重人格物には、古くは『サイコ』(60年)がある。→映画ブログランキング

1977年にビリー・ミリガンが起こした連続殺人事件を扱ったダニエル・キースのノンフィクション『24人のビリー・ミリガン』がベストセラーとなったことで、多重人格が広く知られるようになった。1980年代には、多重人格障害者は犯罪の責任を犯人自身に問えないという理屈で、裁判官が減刑を認める傾向があったという。しかし、1990年代に入り、精神医学会、法曹界から、多重人格に対し疑問の声が上がり、その傾向は変わった。
ビリー・ミリガンに下された多重人格の診断そのものに疑問が持たれたのだ。

2012年10月 5日 (金)

マドモアゼル

年増女が、己の歪んだ欲望を満たすために村に甚大な被害を与え、おまけに一人の男が殺されるように仕向け、やることはやったからと村を去っていく物語。まさに魔女の話。
Photo_20201226123501マドモアゼル
Summer Fire
監督:トニー・リチャードソン
脚本:ジャン・ジュネ
製作:オスカー・リュウェンスティン
製作国:イギリス  1966年

ハイヒールを履き着飾った年増の女(ジャンヌ・モロー)が用水溝の堰を開けようとしている。村を水浸しにするつもりだ。悪戦苦闘の末、堰が開き水は村をめがけて勢いよく流れはじめる。
村は洪水となり家畜たちが溺れ、それを助けるために村人たちはてんやわんやとなる。勇敢に家畜を救い大活躍したのは、イタリア人のマヌー(エットレ・マンニ)。彼は、同僚と息子と連れて森の木を切る出稼ぎにきているのだ。

1

その女は、2年前にパリから派遣されて村の学校の教師として働いている。村の人々からは、マドモアゼルと呼ばれ尊敬を集めている。
村ではすでに2件の放火事件が起こっていて、男たちはマヌーの仕業にではないかと噂しているが、女たちはハンサムでセクシーなマヌーそんなことをするはずがないと思おうとしている。

2

マドモアゼルはマヌーの息子ブルーノにことのほか厳しく、精神的な虐待を加えてると言ってもいいくらいの接し方である。にもかかわらず、ブルーノはマドモアゼルを慕っている。
そんななか、放火事件がまたもや起こり、ブルーノは燃えかすのノートの切れ端からマドモアゼルが犯人と知ってしまう。

やがて、家畜のための貯水槽にヒ素が混入され、家畜が全滅する事件が起こる。村人たちはマヌーの仕業と断定して、マヌーを逮捕することを警察に申し出るのだが、証拠がないため警察は腰をあげることができない。

3

そうしたなか、いよいよマドモアゼルの欲情の炎は燃え盛り、ついに森のなかに入って行ってマヌーを誘惑する。ふたりは、翌朝まで愛欲に溺れるのだった。
朝になって、マドモアゼルは破れて泥にのついた衣服のまま村に帰ってきた。村人たちはマドモアゼルを見て、「マヌーやられたのか?」と訊ねると、マドモアゼルは「ウィ」と答えるのだった。悪女だ。
そしてマヌーは村人のリンチでなぶり殺され、遺体はいずこかに埋められる。
夏がすぎる頃、マドモアゼルは惜しまれながら村を去ろうとしていた。だが、彼女の正体を知っているブルーノは、去って行く車にツバを吐きかけるのだった。

4

単刀直入でわかりやすい表現。持って回ったようなところは微塵もない。
チェーンソーの音、川の流れや小鳥のさえずり、虫の音、家畜の鳴声などが、BGMがない分鮮明に聞こえ、シンプルなストーリー展開にメリハリが生まれる。→人気ブログランキング

2012年10月 4日 (木)

フォーン・ブース

電話ボックスという限られた空間で、ストーリーが小気味いいテンポで展開する。
スチュアート(コリン・ファレル)は、ミュージシャンや俳優を売り出す仲介屋、口先ひとつで業界を渡り歩くチンピラである。
今日もブロードウェイを肩で風を切って歩いていると、電話ボックスの電話が鳴り、つい受話器を取ってしまう。それが不幸の始まりだった。電話の相手(キーファー・サザーランド)は、「電話を切れば、お前を殺す」とスチュアートを脅す。

_1

Image_20210126094501フォーン・ブース
Phone Booth
監督:ジョエル・シュマッカー脚本:ラリー・コーエン
製作:ギル・ネッター/デヴィッド・ザッカー
製作総指揮:テッド・カーディラ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
製作国:アメリカ  2003年  81分 

相手は、スチュの私生活を熟知していて、そのいい加減ぶりを次々に暴いていく。遠方のビルから、スチュに狙撃銃の照準が合わされ、スチュは電話ボックスから出られなくなってしまう。狙撃手の目的は腐った人間に自らの不徳を認めさせ悔い改めさせることだ。

さっさと便話ボックスから飛び出して、どこかに隠れれば逃げられるんじゃないかと見ている方はやきもきするが、そこはしたたかな狙撃手だ、言葉を巧みに操り、スチュは雪隠詰めになってしまう。

_2

やがて、電話ボックスから出ろ出ないでやりあった娼婦の用心棒が、スチュの目の前で射殺される。娼婦たちはスチュが殺したとわめくのだ。用心棒が射殺されたことで、逃げおおせないとスチュは観念する。
そうこうしているうちに、見物人は膨れ上がり、パトカーが駆けつけてテレビ中継も始まる。

_4

レイミー警部(フォレスト・ウィティカー)はスチュに電話を切るよう説得するが、スチュが気が狂っているわけではないことを知り、部下に周囲のビルに潜む狙撃犯の捜索に当たらせる。

_3_2

やがて、不倫相手の女優パメラ(ケイティ・ホームズ)や妻のケリー(ラダ・ミッチェル)も現場にやってくる。
そして、舞台が整い役者が揃ったところで、狙撃犯に命じられるまま、スチュは日頃の不徳の数々を公衆の面前で懺悔するのだった。

_5

狙撃犯はスチュに、「君の誠実さが続くことを祈っているよ。もし続かなかったら、また電話するよ」と言い残して消えていく。まるで、秋田の「なまはげ」のようだ。突然現れて「わりご(悪い子)はいねがー」と、叫びながら出刃包丁を振り回してさんざん子供を怖がらせた挙句、「良い子にするんだぞ、そうじゃないとまた来るからな」と言って去っていく。同じパターンだ。
フォーンブースの中を覗いて立ち去るのは狙撃犯のキーファー・サザーランド。
この最後のシークエンスはコメディタッチだ。

チャラチャラと不誠実な生活を送っている現代人たちよ、悔い改めよ。お天道様はすべてお見透しだという身につまされる話である。→人気ブログランキング

2012年10月 3日 (水)

ライフ・オブ・デビット・ゲイル

新聞社のもとに、4日後に死刑が執行される死刑囚のインタビュー記事執筆の依頼が舞い込む。インタビュー記事に対して新聞社が100万ドルを支払うというもの。
Image_20210113112701ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
The Life of David Gale
監督:アラン・パーカー脚本:チャールズ・ランドルフ
製作:ニコラス・ケイジ/アラン・パーカー
製作総指揮:モリッツ・ボーマン/ガイ・イースト/ナイジェル・シンクレア
音楽:アレックス・パーカー
製作国:アメリカ  2003年 131分

事件は、死刑廃止論者である元大学教授のデビッド・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)が、元同僚のコンスタンス(ローラ・リニー)をレイプし殺害したというもの。全裸のコンスタンスは手錠を後ろ手にかけられ、手錠の鍵を飲み込まされたあと、口をガムテープで塞がれ、顔にビニール袋を被せられ窒息死させられたとなっていた。近くに3脚がおかれ、ビデオ撮影された形跡が残されていた。

_1

女性新聞記者のピッツィー(ケイト・ウィンスレット)は、テキサツ州の刑務所に向かう。ゲイルとの面会時間は1日2時間、3日間しかない。「僕の選んだ人生の結末を書いて欲しい」とゲイルはピッツィーに願い出る。

_2

人気哲学教授だったゲイルは、うかつにも生徒の誘いにのって肉体関係を結び、レイプと訴えられ教職を追われた。そこからゲイルの転落の人生がはじまる。妻は「試験別居」と称して幼い息子を連れてマドリッドに行ってしまう。生きる望みを失ったゲイルは、アルコールに溺れてしまう。
治療を受けてやっと立ち直ったゲイルには、まともな職はなかった。ゲイルは、大学の同僚だったコンスタンスが代表を務めるアムネスティーの運動に加わり活動をはじめる。そして、ある日コンスタンスを殺してしまう。

ピッツィーは検事への取材からゲイルの弁護士が裁判をうまく持っていけば「無期懲役」で済んだものが、「死刑」になってしまったことを知る。ゲイルの弁護士は過去に2回処罰されいて、弁護士を変えるようにとのまわりの説得に、耳を貸さなかった。
ピッツィーは、ゲイルをインタビューするうちに、冤罪ではないかと疑いはじめる。
ゲイルは無能な弁護士をあえて選んだのかもしれない。
ゲイルはそれほど熱心な死刑廃止論者とは見えない。根っからの死刑廃止論者だったコンスタンスの近くにいるための方便だったかもしれない。

_3

その夜ピッツィーが宿泊するモーテルに誰かが忍び込み、コンスタンスが死に至るまでの残虐なシーンが映っているビデオが置かれていた。そのビデオを繰り返し見るうちに、ピッツィーはこの事件のカラクリを読み解くのだった。
しかしすでに死刑執行の日、死刑を中止させようとするピッツィーの努力も虚しく、時間は刻々とすぎてゆく。

冤罪の死刑が執行されれば、死刑廃止について世間は真剣に考えるようになるだろうというのが、ゲイルの狙いであった。

本作は、死刑と冤罪という重いテーマにもかかわらず暗くなりすぎないのは、ケヴィン・スペイシーの巧みな演技によるところが大きい。
人気ブログランキング

【ケイト・ウィンスレット出演作品】
おとなのけんか』Carnage/2011年
『コンテイジョン』Contagion/2011年
『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』Mildred Pierce /2011年
愛を読むひと』The Reader/2008年
リトル・チルドレン』Little Children/2006年
エターナル・サンシャイン』Eternal Sunshine of the Spotless Mind/2004年
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』The Life of David Gale/2003年 
アイリス』Iris/2001年
『エニグマ』Enigma/2001年
『タイタニック』Titanic/1997年
いつか晴れた日に』Sense and Sensibility/1995年
『乙女の祈り』Heavenly Creatures/1994年

続きを読む "ライフ・オブ・デビット・ゲイル" »

2012年10月 1日 (月)

モンスター

実在した女性のシリアルキラー、アイリーン・ウォーノスをモデルにした映画。
アメリカ・フロリダ州で7人の男性を殺害した彼女は、死刑判決を受け12年間服役した後、2002年に刑が執行された。
本作でアイリーンの過去は、8歳の時以来、父親の親友にレイプされ続け、父親に訴えるがとりあってくれない。
父親は彼女が13歳の時に自殺する。

Image_20201118113501モンスター

監督:パティ・ジェンキンス
脚本:パティ・ジェンキンス
製作:クラーク・ピーターソン/シャーリーズ・セロン/マーク・デーモン/ドナルド・カシュナー/ブラッド・ワイマン
音楽:BT
製作国:アメリカ合衆国  ドイツ  2003年 109

アイリーン役を演じたシャーリーズ・セロンは本作のために、13キロ体重を増やしたという。メークアップには2時間近くかけ、顔は荒れて吹き出物だらけ、歯並びは乱れ、腹と尻は垂れ下がり、その迫力たるやプロレスラーといっても通用しそうな面構えと体型である。
美人の誉高いセロンとはまったく別人に変身した迫真の演技で、アカデミー賞主演女優賞を獲得した。

3

1986年、フロリダ。娼婦のアイリーンは、5ドルの所持金しかなく自殺しようと考えていた。
土砂降りの雨に濡れて飛び込んだバーで、タオルを貸せとアイリーンが怒鳴る。ただじゃー貸さないとカウンターの向こうの店員が言う。
そこに近寄ってきたのは、猫のような目をした同性愛者のセルビー(クリスティーナ・リッチ)。こうしてふたりは運命的な出会いを果たす。

ヒッチハイクをしながら客をとる娼婦の仕事に疲れ果て、生きる希望を失っていたアイリーンにとって、セルビーに出会ったことで生きる望みが生まれた。
しかし、アイリーンはふたりの生活費を稼ぐために客をとるが、客から暴行を受け殺してしまう。
彼女は奪った車で、セルビーを誘って町から逃げ出すことにする。彼女が殺人を犯したきっかけはセルビーとの愛をまっとうすることであった。

セルビーと会ったことを機会に、アイリーンは娼婦から足を洗ってまっとうな仕事に就こうと、堅気の仕事を探し回る。
リクルートスーツに身を包み面接を受けるが、13歳から娼婦になったアイリーに常識があるはずもなく、仕事に就くことはできない。
アイリーンは再び客をとり、客を殺して手に入れた金でセルビーを喜ばせる。
アイリーンにすれば、自分が娼婦になったのは生きるために仕方のなかったこと。娼婦を買うような男はろくな男じゃない。殺したところでどうということはないと考えるようになる。

1

アイリーンとセルビーは互いに依存し合っていた。
アイリーンは生きがいをひたすらセルビーに求め、セルビーは金銭的にアイリーンに依存していた。
この関係が長く続くはずもなく、アイリーンが殺人犯として捕まると、セルビーは目が覚めたかのように警察に協力的に振る舞うのだった。

シャーリーズ・セロンは、南アフリカ共和国で道路建設会社を経営していた家に生まれた。アルコール依存症の父親からの家庭内暴力で、一家は悩まされていた。セロンが15歳のとき、酔った父親が暴力を振るい、娘の命の危険を感じた母親が父親を射殺する事件が起こった。母親の正当防衛が認められたものの、セロンの心に負った傷は大きい。
そうした過去はアイリーの生い立ちと重なるところがある。→人気ブログランキング

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ