« 東京島 | トップページ | 17歳の肖像 »

ツーリスト

華麗なアンジェリーナ・ジョリーと渋いジョニー・デップの2大俳優の共演、間違いなく楽しめる作品。
パリのカフェでくつろぐエリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)のもとに、バイク便が届く。「8:33リオン発の列車に乗り、僕の体型に似た男を探せ」との恋人アレキサンダー・ピアースからの手紙である。ピアースは国際指名手配されている人物。
Photo_20210209082201ツーリスト
The Tourist
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク/ジュリアン・フェローズ/ジェフリー・ナックマノフ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
製作国:2010年  アメリカ合衆国 103分

エリーズは、列車なかで冴えない風体のフランク(ジョニー・デップ)の前に座る。フランクは、アメリカ人のツーリストで、職業は数学の教師、2年前に妻を亡くしたと言わなくてもいいことまでしゃべってしまう。
フランクは、誰かに見張られているような気がするとエリーゼに言うが、その通り、警察がふたりを見張っているのだ。。
ベネチア駅に到着して、ふたりは別れたはずなのに、船で運河を移動するエリーズが道を歩くフランクに声をかけ、フランクは船に乗り込む。

_3

ふたりは、エリーズが常宿にしている超高級ホテルのスイートルームに入る。しかし、そうそううまくはいかない。フランクはソファーで一夜を過ごすことになる。
翌朝、エリーゼはいなくなっていて、取り残されたフランクはマフィアのショーの手下に踏み込まれる。ピストルの弾をよけながら屋根づたいに逃げるが、フランクは地元の警察に拘束されてしまう。

_4

ここで、ピアースがスコットランド・ヤードとショーに追われている理由を説明すると、ロンドンで巨額の税金を滞納した罪でピアースは国際指名手配されていて、スコットランド・ヤードのアチソン警部(ポール・ベタニー)が行方を探している。アチソン警部はピアースの恋人であるエリーズを見張っていればピアースが現れると踏んでいる。
さらに、ピアースがショーの手下であった頃、ショーの金をかっさらって雲隠れした。ショー一味は、ピアースが整形手術を受けてフランクに成り代わっていると思っている。
もうひとつ付け加えると、ショーはイギリス人であるが、手下はロシア人。007へのオマージュだ。
エリーズはスコットランド・ヤードの凄腕諜報部員。彼女はフランクを巻き込んでしまったことを反省しているが、今さら遅い。

_5

またもやピアースからエリーゼに手紙が届き、彼女は上流階級のダンスパーティに現れる。人騒がせなほど派手な出で立ちのエリーゼは、会場にいたピアーズらしき男の跡を追いかけるうちに、ショーの手下に捕まってしまう。
ショーはエリーズに金のありかを吐かせようと脅すのだが、なかなか口を割らない。そこに、警察が拘束していたはずのフランクが現れて、思わぬ方向に話は進むのだった。→人気ブログランキング

いわゆる「秘密の暴露」、ピアースでなければ知り得ないことが、最後の最後に明かされる。それをバラしてしまうと、この映画の面白さは吹っ飛んでしまう。 流れるクレジットを眺めながら、そうだったのかと納得するのだが、やがてかなり無理な設定ではないか思うようになる。
まあ、エンターメントだから、こんなストーリーもありかな、ということに落ち着く。
007シリーズへのオマージュがところどころに見られる、「女番007」だ。
2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイク。→人気ブログランキング

« 東京島 | トップページ | 17歳の肖像 »

ミステリ」カテゴリの記事

アクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京島 | トップページ | 17歳の肖像 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ