« 食堂かたつむり | トップページ | ゴールデン・スランバー »

2012年11月15日 (木)

ナイト・オン・ザ・プラネット

地球上の都市で、今もタクシード運転手と乗客の様々なやり取りが行われている。そんな思いを抱かせる話がオムニバスとなって5つ、それぞれに深い味わいがある。
Photo_20201205084801ナイト・オン・ザ・プラネット

Night on Earth
監督:ジム・ジャームッシュ
脚本:ジム・ジャームッシュ
製作:ジム・ジャームッシュ
製作総指揮:ジム・スターク
音楽:トム・ウェイツ
製作国:米、英、仏  1992年  129分

1

ロサンゼルス。
コーキー(ウィノナ・ライダー)は、空港で拾った客中年の女性ヴィクトリア(ジーナ・ローランズ)をビバリーヒルズへ運ぶ。車内で携帯電話で話すヴィクトリアは、映画の若い女性の出演者を探していた。ヴィクトリアはコーキーに映画に出演しないかと誘う。ガムを噛みながら、タバコを吸い続ける、中途半端に生きていそうなコーキーには、将来に対するきちんとした設計図があった。

2

ニューヨーク。
凍えそうに寒い夜、黒人のヨーヨーがようやく捕まえたタクシーを運転していたのは、東ドイツからきたばかりのヘルムート。彼は英語がろくにできず、オートマ車をまともに運転できない。その上ブルックリンまでの道を知らないという有様。ヨーヨーは、金を払うから運転を変われと言い出す。このふたり、かみ合わないジョークを言い合って、至って能天気。そうこうするうちに、ブルックリン橋にさしかかる。

3

パリ。
酔った黒人ふたりの態度に腹を立てた黒人のタクシー運転手は、ふたりを途中で降ろしてしまう。続いて乗ってきたのは若い盲目の女性。感覚の鋭い彼女は、彼が黒人であることを当ててしまうし、橋を渡らなかったことも分かっている。彼は気の強い女に、心を見透かされたような気分になる。

4_2

ローマ。
運転手のジーノ、神父を乗せる。ジーノは司教ではないという神父を司教と呼び、勝手に懺悔し始める。話は子供の頃からの性の話。心臓の悪い神父は薬を飲もうとするが、ジーノが乱暴にハンドルを切ったせいで、薬を車内に撒き散らしてしまう。ジーノの懺悔を聞くうちに、神父は心臓発作を起こす。

5

ヘルシンキ。
無線連絡を受けた場所にミカが着くと、凍てついた歩道に酔っ払った労働者風の3人の男が待っている。その中のひとりアキは酔い潰れていて、他のふたりが、今日がアキにとってどれほど不幸な一日かをミカに説明する。しかし、ミカはアキよりはるかに不幸だ。ミカはふたりに自らの不幸を話し始める。

場面は車の中、登場人物はタクシー運転手と乗客だけという限られた条件で、巧みに人間模様が描かれている。落語のようなオチのある話がずらり、珠玉の短編集といった感じだ。→人気ブログランキング

« 食堂かたつむり | トップページ | ゴールデン・スランバー »

ヒューマン」カテゴリの記事

コメディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食堂かたつむり | トップページ | ゴールデン・スランバー »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ