« 生物と無生物のあいだ  福岡伸一 | トップページ | コールド マウンテン »

2012年12月 3日 (月)

百万円と苦虫女

鈴子(蒼井優)は、バイト仲間のリコと部屋をシェアして借りることになった。リコは恋人も一緒に住むと言い出し、予定外のことに鈴子は愕然とする。ところが、入居寸前にふたりは別れてしまい、あろうことか男だけが鈴子と一緒に住む事態になってしまう。
ある日、拾ってきた子猫をその男が捨ててしまったことに腹を立てた鈴子は、部屋にあった男の持ち物を捨ててしまう。そのことで、彼女は警察に逮捕されてしまう。まったく予期しないことで、鈴子は人生につまづいてしまった。

Photo_20210414080901百万円と苦虫女
監督:タナダユキ
脚本:タナダユキ
製作:前田浩子/木幡久美/田中正
製作総指揮:前田浩子(企画)
音楽:櫻井映子/平野航
製作国:日本  2008年  121分 

拘置所を出て実家に帰ったものの、両親は夫婦喧嘩をするし、成績が優秀だった小学生の弟拓也は、鈴子が家にいると勉強の邪魔になるという。鈴子には居場所がない。彼女は100万円貯めたら出ていくと宣言するのだった。

1212022

家を出た鈴子は、浜辺の「海の家」に勤める。そこでかき氷、焼きそば、フランクフルトソーセージなどを売る。

1212023

そのあと、山あいの「果実農家」に住み込み、桃の収穫の手伝いをする。

1212024

次は、東京近郊の「園芸店」に勤め口を見つける。
それぞれの場所で、鈴子は、ちょっとした意に沿わないことに巻き込まれる。

1212025

鈴子が家を離れて金を稼いでいるあいだ、東京では拓也がクラスメートの執拗ないじめに耐える日々を送っていた。
やられっぱなしの拓哉は、いつかどうにかしなくてはならない。
鈴子がその拓也に手紙を書き近況を知らせる形で、物語が進行していく。

特徴ないのが特徴と自身が言っているように、どこにでもいそうな若い女性を、肩肘張らずに蒼井優が好演している。
強烈なキャラクターの人物は登場せず、しつこくなりすぎない程度にストーリーが抑えられていて、あとに清涼感が残る作品。→人気ブログランキング

« 生物と無生物のあいだ  福岡伸一 | トップページ | コールド マウンテン »

ヒューマン」カテゴリの記事

コメディ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百万円と苦虫女:

« 生物と無生物のあいだ  福岡伸一 | トップページ | コールド マウンテン »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ