« スタンドアップ | トップページ | グルメの嘘  友里征耶 »

2012年12月 8日 (土)

ブタがいた教室

人騒がせなことに、新学期のはじめに、生後2カ月の子豚を抱えて教室に現れた星(妻夫木聡)先生は、「豚を飼育して卒業の時に皆で食べましょう」と言い出した。先生は、命の大切さと、それを奪い生きていかなかればならない人間の抱えた矛盾を、子供たちに知ってほしいと思ったのだろう。熱血型の新米先生の思いつきそうなことだ。
Image_20201225095601ブタがいた教室
監督:前田哲
脚本:小林弘利
音楽:吉岡聖治
主題歌:トータス松本「花のように星のように」
製作国:日本  2008年  109分

1212081

子供たちは、豚を育てることには賛成なのだが、食べるとことには大いに戸惑う。
職員会議では、教頭(大杉漣)は食べるのはどういうものかと苦言を呈し、校長(原田美恵子)は子供たちの自主性に任せるという寛大な意見を述べた。さすが校長である。

子供たちによってグラウンドの片隅に豚小屋が建てられ、子豚は「Pちゃん」と名付けられた。
星先生は、「食べる豚にニックネームをつけるのは、ちょっと」と難所を示した。殺して食べなければならない動物に名前をつけると、過剰に感情移入をしてしまうと思ったが、先生は折れた。
われわれの数世代前までは、家で豚や鶏を飼い、祝い事があると潰して食べた。名前をつけると、殺すことが忍びなくなる。

1212082

かくして、クラスの子供たちの学校生活は、Pちゃんが中心となる。

やがて、豚の世話をして子どもがケガをした、服に豚の臭いが染み込んで帰ってくる、学校の話題は豚のことばかりだと、母親たちが先生に苦情を言うが、それは当然なことだろう。何しろやりすぎなのだから。

1212083

さて、年が変わると、Pちゃんはやって来た頃の何倍にも大きくなり、丸々と太っった。
そのPちゃんを食べるのか食べないのかで、クラスは喧々諤々の論争となる。さらに、畜産センターに送るか、飼育を買って出た下級生に任せるかで、大議論となるのだった。

議論する子供たちは、演技と思えないほど真剣に見える。
こういう突飛なことを子供たちに押し付ける先生は、少し常軌を逸したところがあるようなイメージがするが、星先生はいつも冷静で淡々としていた。
本作は大阪であった実話に基づいているという。
人気ブログランキング

« スタンドアップ | トップページ | グルメの嘘  友里征耶 »

ヒューマン」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ