2012年

『世界の野菜を旅する』玉村豊男

食の大国フランスへの留学経験がある著者は、野菜のルーツを求めて旅し自ら野菜を栽培し資料を渉猟して、野菜と食に関する薀蓄が満載された本書を書いた。
伝わってきた穀物や野菜によって、その土地の文化や歴史が、それまでとはまったく違ったものになってしまうことがある。例えば、わが国が瑞穂の国となったのは大陸からの渡来人がコメを持ち込んだおかげであるし、戦後にパン文化が広まったのはアメリカ政府の強引な小麦販路拡大政策のせいである。
穀物や野菜を通して歴史的な出来事を見ると別の視界が開けてくるのである。

世界の野菜を旅する (講談社現代新書)
世界の野菜を旅する
posted with amazlet at 14.10.09
玉村豊男(Tamamura Toyoo
講談社新書
2010年10月 ★★★★★

本書に書かれている野菜にまつわる歴史的な出来事を挙げると、
ジャガイモがヨーロッパにもたらされたのは、1532年にスペインのフランシスコ・ピサロたちがペルーを征服したときである。持ち帰ったジャガイモが教皇に献上された。ジャガイモは貧者のパンと呼ばれ、飢饉をのり越えるための救荒作物として、ヨーロッパからスカンジナビア、イギリスやアイルランドに広がっていった。
ヨーロッパにおいてベト病がジャガイモを襲い飢饉が起こった1845年からの7年間で、アイルランドでは150万人が餓死し、150万人がアメリカに移住した。アイルランドが麦の栽培を止めて、主食をジャガイモに切り替えたことが悲劇につながったという。

コロンブスがコショウを求めてカリブ海に迷い込み、インドと思って先住民をインディアンと呼び、さらに、トウガラシをコショウと信じ込み、食物史における大間違いを犯してしまったというのは有名な話である。ちなみに、トウガラシが原料なのに九州特産の柚子コショウが柚子トウガラシと呼ばれないのは、コロンブスのせいである。柚子コショウの方がネーミングとして魅了的ではある。
ヨーロッパがコショウ、グローブ、ナツメグ、シナモン、クミン、カルダモンなどの香辛料を必要としたのは、肉の保存ためだった。著者は、香辛料をまぶした腐りかけたジビエのえも言われぬ旨さが、貴族たちを魅了したのではないかという。

17世紀にh入り、西インド諸島でサトウキビから砂糖が作られるようになり、その砂糖がヨーロッパに持ち込まれ、最後はデザートにするというフルコースの順番が確定したという。ちなみに、デザートはサービスするの反対語で、テーブルの上のものをすべて下げる行為をいう。これで前半戦は終わり、ここからお待ちかねの後半戦という区切りの意味する言葉。
西インド諸島でサトウキビ栽培や砂糖生産に、アフリカから1000万人もの黒人が奴隷として送られた。これが、アメリカ大陸にその後も続く奴隷制度の悲劇をもたらしたのである。
ヨーロッパでは、地中海周辺の南の地域でしかサトウキビは栽培できなかった。ナポレオンが甜菜糖(ビーツ)に目を付け、フランスで甜菜糖の栽培に成功し砂糖を作ることができるようになり、砂糖の値段が下落したという。さらに、ナポレオンが戦争のための食料の保存法に懸賞金をかけ、缶詰が開発されたという。ナポレオンは食の歴史にも大きな足跡を残していた。
とういうような蘊蓄が、たっぷりと書かれている。→ブログランキングへ

『学校は食卓である』玉村豊男 講談社新書 2010年
世界の野菜を旅する』玉村豊男 講談社新書 2010年
『料理の四面体』玉村豊男 中公文庫 2010年

続きを読む "『世界の野菜を旅する』玉村豊男" »

『ハンナ・アーレント』

哲学者ハンナ・アーレントの半生を描いた伝記映画である。
映画の冒頭、「ドイツ系ユダヤ人ハンナ・アーレントは、ハイデガーに師事、哲学を学ぶ。1933年ナチスの迫害を逃れて亡命先で夫ハインリヒと出会い、その後アメリカへ。物語は1960年ナチス戦犯アイヒマンが潜伏先で捕らえられたところから始まる。―」
とテロップが流れる。

ハンナ・アーレント [DVD]
Hannah Arendt
監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
脚本:マルガレーテ・フォン・トロッタ/パメラ・カッツ
音楽:アンドレ・マーゲンターラー
ドイツ ルクセンブルグ フランス  2012年  114分 ★★★★★

ハンナ(バルバラ・スコヴァ)は、全体主義を産んだ政治思想を研究する著名な哲学者であった。
彼女は『ニューヨーカー』誌から、エルサレムで開かれるアドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴し、記事を書く仕事の依頼を引き受ける。
記事の執筆者として彼女ほどの適任者はいないだろう。
書いた分から雑誌に載せたいという出版社の申し出に対し、彼女は全部書き上げてからと断っている。ハンナにすれば、苦悩の末に書き上げる記事はセンセーショナルなものになると承知していて、世間の雑音に惑わされることなく、書き上げたかったのだろう。
そして1963年に、『イエルサレムのアイヒマンー悪の陳腐さについての報告』を発表する。

その内容は、まさに世界を揺るがすセンセーショナルなものであった。
まずイエルサレムの地方裁判所で行われ、アイヒマンを絞首刑と判決した裁判に正統性があるのかと問う。アイヒマンはただ上からの命令を伝達しただけであり、思考不能であったとした。凡庸な悪と根源的な悪とは異なるとし、アイヒマンは凡庸な悪に過ぎない。またユダヤ人の中には指導的な人物がいたとしている。そうでなければ600万人もの人間が殺されるはずがないとした。

ハンナはナチスの大量殺人行為を哲学的に理論づけたのである。それはモラルでは割り切れないものであった。
彼女には、恥知らず、アイヒマンと同等、傲慢、死者の魂を踏みにじる、民族の裏切り者といった、批判が浴びせられた。さらに、古くからの友人が離れていき、大学から辞職勧告されたが、批判する人は彼女のどこが間違っているのかを指摘できていないと、引き下がらなかった。
ハンナの同調者もいた。それは、最愛の夫や友人の作家メアリー、そしてハンナの講義に熱心に耳を傾けた学生たちであった。

彼女は思考することで人間は強くなれるという信念を持つに至った。
思考することは、彼女が哲学の道を歩み始めたときに、ハイデガーが繰り返し語ったことだった。皮肉にも、当時ハンナと不倫関係にあったハイデガーは、やがてナチ党員となりヒトラー総督を褒め称える演説を行っている。→ブログランキングへ

『大統領の料理人』

ミッテラン大統領の女性料理人ダニエル・デルプエシュの実話をもとに作られた。南極基地のシーンとエリゼ宮でのシーンが交互に映し出される。大統領の料理人に抜擢された主人公は、そのあと南極観測基地の料理人になり、さらに新天地に向かう。

大統領の料理人 [DVD]
大統領の料理人 [DVD]
posted with amazlet at 14.06.12
Les saveurs du Palais
監督:クリスチャン・ヴァンサン
原案:ダニエル・マゼ=デルプシュ
脚本:クリスチャン・ヴァンサン/エチエンヌ・コマール
音楽:ガブリエル・ヤーレ
フランス  2012年 95分 ★★★★

フランスの田舎町でレストランを経営するオルタンス(カトリーヌ・フロ)は、大統領のプライベート料理人としてエリゼ宮へ招聘される。なぜ自分が選ばれたかを訊ねると、ジュエル・ロブションの紹介があったと告げられる。オルタンスは「そういえば、何かの会で名刺を交換したことがあったわ」とつぶやく。

__3

オルタンスを待ち受けていたのは、宮殿の料理のすべてを担当してきた厨房の男社会。彼女は働きすぎで足が疲労骨折となりながらも、優秀な助手ニコラの献身的な働きに支えられ、大統領の信頼を得ていくのだが、なにかと料理長一派とぶつかる。

__2

一方、フランスの南極基地では、エリゼ宮を去ったあとのオルタンスが大統領の元料理人として、マスコミに追いかけられる。ともかく、彼女の作る料理が抜群に旨くて、隊員たちは食事のたびに目をキラキラ輝かせている。
マスコミ記者もオルタンスの料理に舌鼓を打つのだった。

エリゼ宮でのオルタンスの仕事が軌道に乗り始めたころ、彼女の作る料理が大統領の持病である糖尿病を悪化させたと、医者や栄養士がケチをつけ始める。さらに、トリュフの仕入れに使った交通費が個人的なものとされ、食材の値段が高すぎるとか、オルタンスの締め出し包囲網が狭められていく。そうして、ついにオルタンスは「やってられないわ」とエリゼ宮を出て行くのである。

_

オルタンスの立場を理解している大統領は、厨房に行き言葉をかける。孤軍奮闘する女料理人と常に孤独で決断を迫られる大統領には相通じるものがあった。

南極基地では、オルタンスの任期が終わりに近づき、惜しまれながらのさよならパーティが開かれる。そしてオルタンスは、極上のトリュフを求めて新天地に旅立っていく。→ブログランキングへ

【食に関する映画】(サイト内リンク)
大統領の料理人』(12年)
シェフ! ~三つ星レストランの舞台裏にようこそ~』(12年)
二郎は鮨の夢を見る』(11年)
洋菓子店 コアンドル』(11年)
エル・ブリの秘密  世界一予約の取れないレストラン』(11年)
トースト~幸せになるためのレシピ~』(10年)
再会の食卓』(10年)
食堂かたつむり』(10年)
ラーメンガール』(09年)
女と銃と荒野の麺屋』(09年)
ジュリー&ジュリア』(09年)
ミラノ、愛に生きる』(09年)
幸せのレシピ』(07年)
UDON』(06年)
サイドウェイ』(04年)
フライド・グリーン・トマト』(91年)
料理長(シェフ)殿、ご用心』(78年)

『マリー・アントワネットに別れをつげて』

マリー・アントワネットに別れをつげて [Blu-ray]
Les adieux à la reine
監督:ブノワ・ジャコ
脚本:ブノワ・ジャコ
原作:シャンタル・トマ
音楽:ブリュノ・クレ
仏・スペイン  2012年  100分 ★★★

原作はフランスで最も権威あるフェミナ賞に輝いた、シャンタル・トマのベストセラー小説『王妃に別れをつげて (白水Uブックス) 』。フェミナ賞を、古くはロマン・ローランが『ジャン・クリフトフ』(1905年)で受賞している。

1401031

1789年7月、フランス革命下のヴェルサイユ宮殿。
マリー・アントワネット王妃(ダイアン・クルーガー)の朗読係シドニー(レア・セドゥー)は王妃に心酔しており、王妃もシドニーに目をかけていた。王妃はポリニャック夫人(ヴィルジニー・ルドワイヤン)にぞっこん。ポリニャック夫人は、王妃の寵愛を受け特権と膨大な富を得ていた。シドニーから見ると同性愛的な三角関係にあった。

1401033

民衆はバスチューユを陥落させ、出回ったギロチンリストには、筆頭に王妃、三番目にはポリニャック夫人の名があった。
その日、王妃は精神的に不安定な状態にあった。深夜になって、王妃の呼出しに応じないポリニャック夫人を再度説得する役目を買って出たシドニーは、夫人の侍女の制止を振り切って、寝室に強引に入る。そこで、シドニーは睡眠薬を服用して熟睡するポリニャック夫人の全裸の姿を目にするのだった。
うろたえながら逃亡の準備をする王妃を見守るシドニーに、王妃は「あなたを見捨てない」と告げる。

1401032

翌日、王はヴェルサイユ宮殿にとどまるとの決意を王族たちに告げた。それは王族たちの運命が新政府の判断に委ねられることを意味する。絶望のあまり立ちすくむ王妃に、緑のドレスを纏ったポリニャック夫人が近づき、王族たちが見守るなか王妃と抱き合い、別の部屋へと消えて行く。

1401034_2

王妃がポロニャック夫人に宮殿からの逃亡を勧めると、夫人はいとも簡単に応じる。王妃は自分を置いて逃げ出す夫人に複雑な思いを抱くが、夫人の影武者をシドニーを命じるのだった。捕まれば断頭台に上がるのはシドニーである。

1401035
シドニーはポリニャック夫人の緑のドレスを身につけさせられ、ポリニャック夫人は召使の服装で馬車に乗り込む。やけくそ気味のシドニーは、夫人の制止を聞かず、すれ違う沿道の民衆に窓から手を振るのだった。→ブログランキングへ

『新約聖書  ~イエスと二人のマリア~』

新約聖書 ~イエスと二人のマリア~[DVD]
Maria Di Nazard
監督:ジャコモ・カンピオッティ
脚本:フランチェスコ・アルランチ
音楽:ガイ・ファーレイ
2012年  独・伊  204分  ★★★*☆

131227_1

策略をめぐらし権力の中枢にいる邪悪なヘロディア、その手先となり堕ちていきやがて改悛するマグダラのマリア、そして聖母マリアの3人の女性との関わりから描いたイエス・キリストの物語である。本作では、マグダラのマリアが娼婦となったのち改悛したという説教用に作られた話を採用している。途中で小休止があるが204分と長い。

131227_

ヘロディア(アントニア・リスコヴァ)が率いる兵が、獰猛な犬を何匹も引き連れてナザレの村で幼いマリアを探し回るが、犬が隠れているマリアに近づくと急におとなしくなる。マリアには不思議な力が備わっていた。

131227__2

マグダラのマリア(パス・ベガ)の母親が姦通を夫に知られ、石打ちの刑で殺される。母を許さなかった父に反発するマグダラのマリアは、ヘロディアの誘いを受けていいなずけと別れ、エルサレムのへロデ大王の宮殿で暮らすことにする。マリア(アリッサ・ユング)も誘われるがヨセフとの結婚を控えていると断る。ふたりのマリアは仲がよかった。宮殿は酒池肉林の宴が毎夜開かれる伏魔殿のような所である。

大工のヨセフはマリアを一目見て気に入り求婚しマリアもあっさり承諾する。ところが、結婚をする前にマリアは天使から受胎を告知され、事はこんがらがる。ヨセフはマリアを疑うが、天使が現れ自らの手のケガがまたたく間に治ったこともあり、マリアを信じるのだった。

131227_2

一方、ヘロディアは前の夫と別れ、ヘデロ大王の次男アンティパスと再婚していた。ヘロディアはマグダラのマリアに大王の長男を誘惑させ、大王暗殺の嫌疑がかかるよう画策する。罠は見事に成功して、へロディアの思い通り長男は死罪になる。こうしてヘロディアの夫が世継ぎとなった。
マグダラのマリアは大王の家臣ヨアザルと結婚する。

Imagesb28o9e6p

マリアの下腹部が大きくなり、近所の人々が白い目で見るなか、マリアとヨセフの婚姻の宴が開かれる。初めはためらっていたものの、まず子供たちが新婚夫婦の踊りに加わり、やがて大人たちも踊り出すのだった。

人口調査が行われるためヨセフは生まれ故郷のユダまで行くことになり、臨月が間近なマリアも旅に同行することになった。旅の途中、ベツレヘムの町でどこの宿も満杯なため仕方なく洞窟の厩で夜を過ごすことになり、そこでマリアはイエスを産み落とすのだった。

131227__3

東方で星を見てイエスの誕生を知った博士たちが、生まれたばかりのイエスに会いにくる。そのことを知ったヘロデ大王は、ユダヤの王は自分であると、イエスを捕らえる兵を出すのだった。
身の危険を察知したマリアたちはイエスを連れて、間一髪でベツレヘムをあとにしてエジプトに身を隠す。

131227__4

その後、成長したイエス(アンドレーアス・ピーチュマン)はユダヤの各地を遊歴して弟子を得ていった。カナンの地では、婚姻の最中にワインが足りなくなり、イエスが水をワインに変える奇跡を起こす。

131227_

宮殿ではヘロディアの娘サロメの淫靡な踊りに対し、義父のアンティパスは「好きなものを求めよ」と褒美を与える。サロメは母の命を受け求めたのは、なんと「洗礼者(バプテスマ)ヨハネの斬首」であった。まさにこの親にしてこの娘ありである。マグダラのマリアが、ヨハネの罪をでっち上げたのは自分であると申出るが、聞き入れられずヨハネは斬首される。ヨハネは再婚したヘロディアを姦淫の罪を犯したと訴えていたのだった。ヘロディアは自らに不都合な人物を殺害していく悪女だ。

131227__7

王アンティパスに異を唱えたことでマグダラのマリアは宮殿を出ざるを得なくなり、たどり着いた娼窟で男と一夜を共にする。宮殿からの兵に居所を突き止められ、母と同じ姦淫の罪で石打ちの刑が行われようとするが、石が投げられるまさにそのとき、イエスが現れ「今まで罪を犯したことがない者が最初の石を投げなさい」というと、誰も石を投げずに去って行った。助けられた彼女はイエスの前に膝まづいて足を髪でぬぐうのだった。
この後マグダラのマリアはイエスの信奉者となる。

131227__2

イエスが十字架にかけられた経緯は次のようである。
ローマ帝国に近い立場の議会派(サドカイ派)の人々は、イエスに従う人々の反乱を恐れていた。また、イエスに従う人々の中にもイエスがローマからユダヤを解放してくれないことに不満を募らせる者がいた。そしてイエスが捕らえられる。
ユダヤの総督ピラトがイエスは嫌疑不十分であるとして無罪としたものの、ユダヤ教を批判するイエスに対しユダヤの人々は死刑を要求した。
反乱になることを恐れたピラトは、人々に極悪な殺人犯とイエスのどちらかを死刑にし他方を解放しようと取引をもちかけたのだった。「どちらを解放するか?」とのピラトの問いに、人々は「イエスを十字架に」と叫び、イエスは十字架に架けられることになった。

磔刑によりイエスが息を引き取るとき、宮殿のへロディアはヘビの大群に襲われる。

そして3日後、復活したイエスに最初に接したのはマグダラのマリアであった。そのときに、イエスが「私にすがりついてはなりません」と言ったかどうかは、本作では描かれていない。

エンディングのテロップで「全ての母に捧げる」とあるように、本作は聖母マリアの母性愛に焦点をあてて描かれている。→ブログランキングへ

→『不思議なキリスト教』 (講談社現代新書)11年
→『マグダラのマリア ―エロスとアガペーの聖女』(中公新書)05年

『パーフェクト・プラン  完全なる犯罪計画』

パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画 [DVD]
Thin Ice
監督:ジル・スプレカー
脚本:ジル・スプレカー/カレン・スプレカー
音楽:ジェフ・ダナ
アメリカ  2012年  93分  ★★★*

途中までは緊迫のサスペンス、終盤にガラッと変わってコメディ風になり、その落差は大きい。

131230

真冬のウィスコンシン州のとある町。
ファーゴ』(96年)や『シンプルプラン』(98年)を思い起こさせる凍てつく冬の世界である。
保険のセールスマンのミッキー(グレッグ・キニア)は金に困っていて、不倫がばれて妻リー・トンプソン)とは2カ月前から別居。預金が底をついて出張のモーテル代もカードから落ちない有様。ミッキーは嘘で嘘を塗り固めるような危なっかしい日々を送っているから、いつも緊張していて落ち着きがない。

131230__

そんなとき、ひとり暮らしのボケ気味の老人ゴルヴィー(アラン・アーキン)に出会い、保険の勧誘に成功し、ヴィンテージもののヴァイオリンを持っていることを知る。ミッキーはその3万ドルのヴァイオリンをすり替えて一儲けしようと企んだ。

131230_3

姉の葬式で家を空けたゴルヴィーの家に警報機業者のランディ(ビリー・クラダップ)を呼んで鍵を開けさせ、ヴァイオリンをすり替えるが、ゴルヴィーの家に立ちよったフランクを、ちょっとした弾みで前科者のランディが殺してしまう。ミッキーはフランクの死体を凍った湖の氷の下に隠す手伝いをさせられ、共犯の証拠となる写真を取られ、ランディに金を要求されるようになる。

131230_2

ヴァイオリンが再鑑定されるとその価値はなんと125万ドルであった。
早急に金を手にしたいランディに脅され、盗品であっても買ってくれるヴァイオリン収集家に売ろうと駅で待ち合わせをする。ミッキーの隣に座った男の持っていた新聞をチラリと見ると、湖から死体が発見されたとの記事があった。恐ろしくなったミッキーとランディはヴァイオリンを捨ててしまう。

ここまでは、シリアスなサスペンスもので、ハラハラドキドキさせる。
しばらくして、ゴルヴィーの家を訪れたミッキーは、家を空けていた本物のゴルヴィー夫妻と出会う。
ここから、一気にコメディ風になり脱力するのだ。

131230_5

犯罪一味によってミッキーは騙されていた。
ゴルヴィー、助手として雇ったボブ、警報機屋のランディー、殺されたはずのフランク、ヴァイオリン職人(ボブ・バラバン)、駅のベンチで隣に座った男、そして色仕掛けでクレジットカードを盗んだ女、彼らは詐欺団だった。おまけに、一連の事件がミッキーの仕業と疑っている秘書のカーラに愛車を譲れと脅されるのだった。

121330
こうして踏んだり蹴ったりで身ぐるみはがされたミッキーはウィスコンシンを去り、フロリダで言葉巧みに別荘販売のセールスマンに変身していた。

ところで、預金が底をついてカードで支払いができないくらいの金欠病の主人公から、詐欺一味はいくらせしめたんだろう。→ブログランキングへ

『ジャンゴ  繋がれざる者』

ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
Django Unchained
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
アメリカ   165分  2012年 ★★★★★

本作は、第85回アカデミー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、クエンティン・タランティーノ監督が脚本賞を、クリストフ・ヴァルツが助演男優賞を獲得した。

1859年、アメリカ南部。
ドイツ人の移動歯科医のキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)は奴隷業者からジャンゴ(ジェイミー・フォックス)を買い、自由人とした。キングは賞金がかけられた3人の首実検のためにジャンゴが必要だった。

1309101

ジャンゴの度胸の良さと銃の腕前に惚れ込んだキングは、ふたりで賞金稼ぎをしようと持ちかける。腕を磨いたジャンゴは南部一の銃の使い手となり、こうして異色の黒人ガンマンが誕生する。
ジャンゴの望みは、奴隷市場で生き別れになった妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を探し出すこと。

1309102

ふたりは冬の間に賞金をがっぽり稼ぎ、春になったら動き出す予定。
ちなみにDjangoの「D」はサイレントと、ジャンゴがつぶやく場面がある。相手が銃を撃ちまくり「ジャンゴ、もうおしまいだぞ」と叫んだときに、反撃に出て口にしたフレーズだ。

ブルームヒルダは、カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)が経営する農園にいた。カルヴィンは奴隷を格闘士として闘わせ、敗者をなぶりものにして楽しんでいるような非道な悪人。
キングとジャンゴは、最強の格闘士をカルヴィンに売り込むという作り話をでっち上げ、カルヴィンに近づいていく。

1309103

カルヴィンの右腕・奴隷頭のスティーヴンに扮するのは、タランティーノ映画の常連、サミエル・ジャクソン。スティーヴンの目つきの微妙な変化が、ことの成り行きを暗示している。

1309104

本作ではドイツが伏線となっている。ドイツ人であるキングは人種差別をしないから黒人のガンマンが誕生した。ブルームヒルダは前の奴隷主からドイツ語を習った。キングとブルームヒルダのドイツ語の会話から、スティーヴンはキングたちの企てにほころびを見出す。

時代考証がなっていない、黒人を蔑視している、差別用語が使われている、凄惨な銃撃シーンがスクールシューティングを誘発する、血が流れすぎだなど、なにやかにやと批判の声が上がっているが、上質のマカロニウエスタンに仕上がっているのは間違いない。→映画(全般) ブログランキングへ

『ふがいない僕は空を見た』

ふがいない僕は空を見た [DVD]
監督:タナダ ユキ
脚本:向井康介
原作:『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄(新潮社)
音楽:かみむら周平
日本  2012年 142分  ★★★*

登場人物たちが抱える生きる苦しさを、重くなりすぎずさらりと描いている。セックスと妊娠と出産をテーマにして、生きていくのは並大抵のことではないと暗示する内容。

130710

友人と訪れたアニメの同人誌販売会で、高校生の卓巳(永山絢斗)はあんずと名乗る主婦の里美(田畑智子)と出会う。里美の誘惑でふたりは彼女の家でアニメのコスチュームをつけてセックスをする関係になる。
ところが、同級生の七菜(田中美晴)から「サイトウ君のこと好きなのね、あたし」と告白された卓巳は、里美と別れる決意をする。このあたりは、二股をかけるのをよしとしない純粋さがあるようだが、里美との関係はずるずる続き、ふがいない。
里美は夫との間に子供ができず、人工授精を試みているが妊娠はしない。
夫は病的なオタク。自分と同じいじめられっ子が生まれることを恐れている。夫の母は孫ができないことで里美を執拗に責める。

夫は里美の様子に疑いを持つようになり、寝室にビデオカメラを仕掛け、里美と卓巳のセックスシーンを撮影した。それを、見せられた里美は夫と姑に離婚してくれるよう懇願するが、夫は別れないという。
そして、このビデオがネットに投稿され、卓巳の情事が学校中の知るところとなり、彼は家に引きこもってしまう。

1307105

卓巳の母、寿美子(原田美枝子)は自宅で助産院を開いている。ある日、彼女が神社に行くと、そこには卓巳がいた。落ち込んでいる卓巳に、寿美子は「生きててね。生きて、ずっとそこにいてね」という。母は強く寛大である。

1307103

団地に住む良太は認知症の祖母とふたり暮し。生活費を稼ぐために、朝は新聞配達、夜はコンビニでバイトをする極貧の生活を送っている。卓巳とは仲がいい。
バイト仲間に医者の息子がいて、やたらと良太に親切に接する。良太に、団地暮らしから抜け出すために、勉強を教えるから大学にいけという。その言葉に良太は目が覚めるのだが、その医者の息子は小児ポルノ撮影のとがで逮捕されてしまう。

良太は引きこもっている卓巳の家を訪れ、いつまで甘えているじゃないとベッドを蹴飛ばす。
そして、卓巳は登校することを決意する。→ブログランキングへ

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]
Life of Pi
監督:アン・リー
脚本:デヴィッド・マギー
原作:ヤン・マーテル 『パイの物語  上・下』(竹書房文庫)
音楽:マイケル・ダナ
アメリカ   2012年 126分 ★★★★☆

130708life_of_pi

インドで動物園を経営する一家が破産に追い込まれ、一家は動物たちとともに日本の貨物船でカナダに移住しようとする。その航海中に太平洋で暴風雨にあい、船は沈み両親と兄は船とともに行方不明となり、16歳の少年パイだけが救命ボート上に生き残る。ボートには、脚を骨折したシマウマとオラウータン、ハイエナ、そしてトラのリチャード・パーカーが乗り込んでいた。救命ボートの上は弱肉強食の世界、残ったのはパイとリチャード。わずかな非常食で飢えをしのぎ、家族を亡くした悲しみと孤独に耐え、パイとトラとの漂流生活が始まる。トラの襲撃を避けるために、救命ボートにイカダを係留して、パイはそのイカダ上で生活する。

130708life_of_pi2

この物語はパイの過去に伏線がある。
パイはヒンズー教徒ながらカトリックの洗礼を受けている変わり者。彼は、名前をネタにからかわれるのを先取りして、自らが円周率のパイと自己紹介する。円周率は何桁までも記憶していて、水泳が得意。彼は自らに特殊な能力があると思い込み、ベンガルトラのリチャード・パーカーに餌をやろうと檻に近づいた。その時、父親からトラがいかに獰猛な生き物かを思い知らされるのだった。

日本の保険会社の調査員がパイのもとに現れあれこれ聞き出す。
友人に思い出話を語る形で、物語は締めくくられる。

130708life_of_pi3

こうした途方もない話は、「実話」に基づいているという担保があればこそ成り立つ。「実話」に基づいていなければ、特殊撮影がすごいねくらいの評価で終わりだ。
ところで、果物などの食べ物が豊富でミーアキャットだらけの島にパイとリチャードが上陸する。パイは果物などを食べ放題、リチャードは口を開けていればミーアキャットが口の中に飛び込んできて思う存分に食べるシーンが出てくる。このあたりは嘘っぽい。
本作は第85回アカデミー賞で11部門でノミネートされ、撮影賞、作曲賞、視覚効果賞に輝き、アンリー監督が監督賞を受賞した。→ブログランキングへ

『桐島、部活やめるってよ』

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
The Kirishima Thing
監督:吉田大八
脚本:喜安浩平/吉田大八
原作:朝井リョウ/『桐島、部活やめるってよ』
音楽:近藤達郎  主題歌/高橋優『陽はまた昇る』
日本  2012年  103分  ★★★*

成績が優秀でスポーツ万能のバレー部のキャプテン桐島が部活を辞めるうわさが流れてから、学校内にちょっとした異変が起こる。それとは関係なく映画部は独自の活動つづける。やがてこのふたつが交差して結末を向かえるというのが大まかな流れ。

この映画には3人の主人公がいる。ひとりは最後まで姿を現さないが話題の中心人物である桐島。桐島が部活を辞め姿を見せないことを一番気にかけている親友の菊池(東出昌大)。そして映画部の部長の前田(神木隆之介)である。
本作は、金曜日ごとに、登場人物の多視点からひとつのエピソードを映し出し物語を進めていくという手法が取られている。

菊池は桐島がなんの相談もなく部活を辞めたことにショックを受けている。彼は、放課後、屋外で仲間と遊んでいた恒例のバスケットボールに顔を見せなくなる。
竜汰(落合モトキ)と友弘(浅香航大)は、いつも桐島が部活を終えるのを待ちながら、菊池たちとバスケットボールをしていた。桐島が姿を現さないことにもっとも動揺しているのは、クラスの中心にいる彼らである。

1304051

4人グループのひとり、美人の梨紗(山本美月)は心が穏やかでない。つきあっている桐島が部活を辞めることを他人から知らされたからだ。
このグループの沙奈(松岡茉優)は菊池とつきあっていて、梨沙と同じグループにいることにステータスを感じている。とにかくうわさ好き。
バトミントン部のかすみ(橋本愛)は、グループにいるもののほかの3人とは少し距離をおいている。実果(清水くるみ)もバドミントン部、ほかの3人にコンプレックスを感じている。
女子格付けヒエラルキーの頂点にいるこのグループは、梨沙以外は桐島の不在にさほど翻弄されることはない。

1304052

最も打撃を受けたのはバレー部。県選抜のメンバーでもあるリベロの桐島が抜けた穴を埋めるべく風助(太賀)が猛特訓を受ける。副キャプテンの久保(鈴木伸之)は桐島が突然に辞めたことに戸惑い、風助の力不足に苛立っている。

1304053

吹奏楽部の部長亜矢(大後寿々花)は、放課後にバスケットをする菊池の姿を見るために校舎の屋上でサックスの練習をするのが日課だった。騒動以来、菊池がバスケットに姿を見せないことを心配している。

桐島の騒動の蚊帳の外にいるのがオタクの集団の映画部。
映画部の顧問は前田に高校生らしい映画を作るように指導するが、彼らが作りたいのはゾンビ映画。前田は顧問の忠告を無視してゾンビ映画を撮ることにして、仲間たちと日々奮闘している。映画部員の行動はたびたびほかの生徒の嘲笑の的となるが、そんなことにめげずに前田たちは自分たちの撮りたいものを撮ろうとしている。

1304054

ある日、桐島が学校の屋上にいるといううわさが流れて、菊池たちは屋上に駆け上がる。しかし、桐島の姿はなく、彼らが目にしたのはゾンビ映画のクライマックスシーンを撮っている前田たちの姿であった。
桐島のいないことに苛立ち、映画の小道具を蹴飛ばして八つ当たりをするバレー部員に怒った前田は、急遽ゾンビに扮した映画部員たちがバレー部員たちに襲いかかるシーンにカメラを回すのだった。

1304055

桐島がいないことで生じた人間関係のきしみや、高校生の危うい心理が、群像劇の中に巧みに描き出されている。
それにしても、日本アカデミー賞作品賞を獲ったのは過大評価だと思う。→映画(全般) ブログランキングへ