« 『高級ショコラのすべて 』小椋三嘉  | トップページ | 『トイレット』 »

『マーゴット・ウェディング』

マーゴット・ウェディング [DVD]
Margot at the Wedding 
監督:ノア・バームバック
脚本:ノア・ボーンバック
製作:スコット・ルーディン
アメリカ合衆国   2007年  92分  ★★★*☆

神経質そうで高慢そうなマーゴットは、ニコール・キッドマンにぴったりの役柄。
一方、『ショートカッツ』(93年)『カンザスシティ』(96年)『イン・ザ・カット』(04年)で、くせのある役柄を演じたジェニファー・ジェイソン・リーが、姉に振り回される妹役を自然体で演じている。彼女は本作の監督ノア・バームバックと2005年に結婚している。
本作は日本では劇場未公開である。

130201

小説家のマーゴットが、妹ポーリンの私生活をネタに小説に書いたことが原因で、ふたりは気まずくなり、長い間疎遠になっていた。
そんな妹から再婚の知らせが届き、結婚式に出席するために、マーゴットは息子クロード(ゼイン・パイス)を連れて生家を訪れた。
ポーリンはマーゴットの小説が引き金となって離婚に至ったと思っているが、自己中のマーゴットは「私が妹との縁を切った。今は許しているけれど」と息子に話していて罪の意識はない。

1302012

表面上は再会を喜ぶ姉妹だが、再婚相手のマルコム(ジャック・ブラック)が、売れない画家でおまけにマザコンで粗野な男であることを知ったマーゴットは、結婚に露骨に不快感を表すようになる。

わがままで、冷たくて傲慢、それでいて妙な正義感があるマーゴットは、周りとの摩擦が絶えない。
息子はアスペルガー症候群でおたくっぽい。
夫ジム(ジョン・タトゥーロ)とは冷え切っていて、おまけに不倫相手の小説家(キーラン・ハインズ)ともぶつかってしまう。

1302013

隣の住人は変人一家で、木を切るように迫ったり、ゴミを投げ入れたり、子供を虐待したり、Hu_003かなり危ない。→「牛飼いとアイコンの部屋
そうしたことを見兼ねたマーゴットは、隣に関わろうとするが、隣との間に波風を立てて欲しくないポーリンたちにとって、マーゴットの行動は迷惑なのだ。
子供の頃、木登りが得意だったマーゴットは、妹に木に登るように促され、登ったはいいが降りてこれず、はしご車の世話になる。負けず嫌いで先のことを考えないマーゴットらしい事件を起こす。

1302014_3

マーゴットとポーリンには、疎遠になっている姉妹がひとりいるらしいが、詳しくは語られない。またマーゴットには、ジョシュという息子もいて、その子の説明もない。詳しく知らされないことで、観ている方は落ち着かない気持ちになる。
うまくいっていない人間関係の中で生きていくという誰もが経験しそうなシチュエーションで、物語は進む。ちょっと紗がかかった映像で、そうしたモヤモヤ感を演出しているようだ。

1302015

筋らしい筋がなく、マーゴットの周りで起こるゴタゴタで物語は進むけれど、最後には、気まぐれな彼女らしいやり方で、息子に対して親愛の情を見せる。
邦題の『マーゴット ウェディング』は乱暴だね。

【ニコール・キッドマン主演作品】
ラビット・ホール』Rabitt Hole/2010年
マーゴット・ウェディング』Margot at the Wedding/2007年
インベージョン』The Invasion/2007年
奥さまは魔女』Bewhiched/2005年
ザ・インタープリター』The Interpreter/2005年
記憶の棘』Birth/2004年
ステップフォード・ワイフ』The Stepford Wivwes/2004年
コールド・マウンテン』Cold Mountain/2003年
白いカラス』The Human Stain/2003年
ドッグヴィル』Dogville/2003年
バースデイ・ガール』Birthday Girl/2002年
めぐりあう時間たち』The Hours/2002年
アイズ・ワイド・シャット』Eyes Wide Shut/1999年
ある貴婦人の肖像』The Portrait of a Lady/1996年
誘う女』To Die For/1995年


映画(全般) ブログランキングへ

« 『高級ショコラのすべて 』小椋三嘉  | トップページ | 『トイレット』 »

2007年」カテゴリの記事

コメディ」カテゴリの記事