« UDON | トップページ | タイトルインデックス(映画) »

『サイドウェイ』

サイドウェイ [Blu-ray]

サイドウェイ [Blu-ray]

posted with amazlet at 13.03.09
Sideways
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:アレクサンダー・ペイン/ジム・テイラー
原作:レックス・ピケット
音楽:ロルフ・ケント
アメリカ  2004年  130分 ★★★*

バツイチ教師と売れない俳優が、カリフォルニアのワイナリー巡りをするロードムービー。

1303091

小説家希望の英語教師のマイルス(ポール・ジアマッティ)と売れないTV俳優のジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は、大学時代のルームメート。ワインをこよなく愛するマイルスは結婚を間近に控えたジャックとともに、カリフォルニアのサンタバーバラ郡のワイナリーを巡りゴルフを楽しむ旅行に出かけた。
マイルスは未だに前の妻に未練たらたらで、旅行中に酔っ払って電話するようなダメ男である。マイルスの執筆中した小説は、編集者の手に渡って、出版されるかどうかの連絡待ち。

一方、ジャックの旅の目的は、もっぱらガールハント。結婚式ぎりぎりまで、羽目を外して思いっきり女遊びをしようというとんでもない魂胆。

1303093

マイルスはワイナリーで働く顔なじみのマヤ(ヴァージニア・マドセン)に出会い、彼女の友人のステファニー(サンドラ・オー)も加え、4人で夕食をともにすることになる。

Sideways

マヤの夫はカリフォルニア大の哲学の教授であったが、ふたりは1年前に離婚していた。彼女はワイナリーで働きながら、園芸学の講義に週2回通っているという。
彼女はワインに対しての鋭い味覚を備えていて、夫のワインの味覚がインチキだとわかったことが、別れる理由だったという。マイルスとマカはワインの話題で盛り上がる。当然ながらふたりの距離は縮まっていく。

マヤはマイルスがピノ・ノワールを好む理由を訊く。
ピノ・ノワールは高温多湿を嫌い、栽培には手が掛かかる。出来あがるワインは繊細で、マイルスはその繊細さが好みだと話す。カベルネ・ソービニオンシラーは、生命力が強く放っておいても育ち、ワインの味も力強い。今はリースリングに凝っているという。
こうしたワインのちょっとした薀蓄が所々に差し挟まれて、ストーリーが展開される。

1303092

一方、ジャックはステファニーと気が合い深い中になるが、ジャックが結婚を控えているとわかると、ステファニーは烈火のごとく怒り出す。マヤもマイルスがジャックの結婚を内緒にしていていたと怒り出す。
怒り方が尋常でない激しさのステファニーは、東洋系女優サンドラ・オーが演じている。彼女は、『ラビット・ホール』(10年)にも出ていて、主人公ニコール・キッドマンの夫役のアーロン・エッカートと不倫の関係になる、本作と似たような役どころだった。韓国系カナダ人である。

これでジャックは女遊びに懲りたかと思いきや、今度はレストランのウェートレスに手を出し、女の部屋にクレジットカード入りの財布を忘れてしまうという体たらくで、またもやひと騒動が起こる。

13030944_2

マイケルの小説は今回も出版が見送りになり、彼は自暴自棄になってワインをがぶ飲みする。

こうしてふたりのドタバタの旅行は終わり、ジャックはなんとか結婚式をあげる。
留守電にマヤからの伝言が入っていて、それを聞いたマイケルは彼女に会いに出かけるのだった。

ワイン好きにはたまらないワインの薀蓄がそこかしこに挟み込まれている。
アカデミー賞脚色賞を受賞している。

【ロードムービー】サイト内リンク
星の旅人たち』The Way/10年
リトル・ミス・サンシャイン』Little Miss Sunshine /06年
『サイドウェイ』Sideways/04年
ヴァイブレータ』Vibrator/03年
モンスター』Monster/03年
ストレイト・ストーリー』The Straight Story/99年
テルマ&ルイーズ』Thelma and Louise/91年
スタンド・バイ・ミー』Stand by Me/86年

« UDON | トップページ | タイトルインデックス(映画) »

コメディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『サイドウェイ』:

« UDON | トップページ | タイトルインデックス(映画) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ