« ある秘密 | トップページ | スパニッシュ・アパートメント »

2013年4月20日 (土)

ワン・デイ 23年のラブストーリー 

デイヴィッド・ニコルズの同名の小説(ハヤカワ文庫)の映画化である。
男と女の友情をお互い信じているふりをして、頑なに距離をとり続ける男女の物語である。
ふたりが大学を卒業してから、つかつかず離れずにいた23年間の紆余曲折の人生が描かれる。
原題の『ワン・デイ』とは7月15日のこと。ふたりが大学を卒業した1988年以降の7月15日を繰り返し描いて物語は進んでいく。
Photo_20210522082101ワン・デイ 23年のラブストーリー
監督:ロネ・シェルフィグ
原作・脚本:デイヴィッド・ニコルズ 
アメリカ  2011年 107分 

1304192_2

エマとデクスター(ジム・スタージェス)はエディンバラ大学の卒業式の日に知り合い、即座に親密な仲となる。エマの家で一夜を過ごしたが、そのあと「友達でいよう」と誓いあうのだった。

1304193

デクスターはテレビ業界にすすみ、おふざけテレビ番組の人気司会者になるが、アルコールと薬におぼれる。
もちろん、両親はそんなデクスターの生き方を快く思っていない。母親(パトリシア・クラークソン)は、正直に生きなさいというし、父親(ケン・ストット)は碌でもない生き方だという。
一方、作家をめざすエマはロンドン郊外のメキシコ料理屋で働く。

そんな中、卒業して4年後の1992年7月15日に、デクスターはエマをふたりきりのバカンスに誘った。
エマはデクスターに対して「ずっと前からあなたに夢中だったの」と告白するにもかかわらず、彼女は「守るべきルール」を提示して、一線を超えないようにするのだった。かつて「友達でいよう」と誓ったことを、エマは頑なに守ろうとしている。どうなっているのだというもどかしさを残してふたりは別れる。

1304194

そのあと、デクスターはモデルのシルヴィ(ロモーラ・ガライ)と、いずれ結婚するだろうという関係になる。
エマは、メキシコ料理店で一緒に働くコメディアン志望のイアン(レイフ・スポール)と同棲生活を送る。
こうしてエマとデクスターのつかず離れずの関係が、7月15日の節目ごとに描かれる。

1304195

そして23年目が訪れ、しがらみのなくなった45歳のふたりが一緒になろうと誓い合ったときに、残酷な運命が待っていた。→人気ブログランキング 

« ある秘密 | トップページ | スパニッシュ・アパートメント »

ラブストリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワン・デイ 23年のラブストーリー :

« ある秘密 | トップページ | スパニッシュ・アパートメント »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ