« 『スパニッシュ・アパートメント』 | トップページ | 『マグノリア』 »

『最後の晩餐  平和主義者の連続殺人』

最後の晩餐 平和主義者の連続殺人 [DVD]
The Last Supper
監督:ステーシー・タイトル
脚本:ダン・ローゼン
音楽:マーク・マザースボウ
アメリカ  1996年  92分 ★★★★☆

1990年代はじめ、レーガンやブッシュの右寄りな共和党の政権が続いていた頃のアイオワ州。主人公は共同生活を送る大学院生5人である。
おりしも、街では少女誘拐事件が起こり、女性保安官(ノーラ・ダン)が犯人探しに奔走している。テレビでは、ロン・パーマン演じるタカ派のノーマンが、保守的な発言を早口でまくし立てている。

土砂降りの夜に、彼らのひとりを送ってくれたトラック運転手に、5人は夕食を勧める。晩餐が始まると、湾岸戦争帰還兵の運転手は、ナチを擁護しリベラルを気取る5人を軽蔑しだす。議論がエスカレートした末にもみ合いになり、運転手はナイフで刺殺されてしまう。

1304251

平和主義にかぶれリベラルを掲げる大学院生たちの考えは、保守的な考えは許せないというカルト的なもの。
晩餐に招待した客を次々に毒殺していく。
標的になったのは、ゲイを差別視する牧師、ユダヤ人や黒人に偏見をもつ人種差別論者、人工中絶反対のプロライフの立場をとる女性、死刑推進論者、強姦を容認する女性差別論者(ビル・パクストン)、仕舞いには『ライ麦畑で捕まえて』を否定する女性まで殺してしまう。高校でコンドームを配ることに反対する女子高生は殺しはしないが、脅す。
大学院生のひとりを演じるキャメロン・ディアスは、過激な考え方に異を唱えたりもするが、『ライ麦畑・・・』の女性を刺し殺したのは彼女だ。

1304254

女性保安官が少女誘拐事件の容疑者の写真を持って聞き込みにくる。容疑者は彼らが刺殺し庭に埋めた運転手であった。5人は知らないと答えるが、彼らが手を下した殺人が、結果的に社会的正義であったと自分たちの犯罪を正当化するのだった。

そして彼らにとって最大の標的であるタカ派のノーマンを晩餐に招待することになった。「ナチを結党する以前のヒトラーにであったら殺すかどうか?」との問いに、ノーマンは「私なら、ヒトラーと話しあう」との予想外の答えを返す。
平和主義にかぶた大学院生たちは、この答えに動揺し別室で話し合う。

1304255

普段高級ワインを飲み慣れているノーマンはワインの匂いを嗅ぎ、ワインに毒が入っていることを気づく。
そして、葉巻をくゆらせながらノーマンは、戻ってきた5人にワインを飲み干すように勧めるのだった。ノーマンの乾杯の掛け声に大学院生たちは飲み干す。
5人が思い上がった考え方を反省して、ワインを飲み干したと思わせるところが、奥が深い。

エンディングに流れる曲は、日本人女性3人のグループ「少年ナイフ」が歌っているカーペンターズの『トップ・オブ・ザ・ワールド』。彼女らの曲は、1990年代にアメリカで流行ったオールタナティブロックと呼ばれる、いわばまがい物のロックである。素人っぽく軽い感じのこの曲は、本作のエンディングにこれ以上ないというくらいにぴったりである。→人気ブログランキング

『少年ナイフ ゴールデン☆ベスト』(CD)Shonen Knife

« 『スパニッシュ・アパートメント』 | トップページ | 『マグノリア』 »

1996年」カテゴリの記事

コメディ」カテゴリの記事

サイコスリラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/57272356

この記事へのトラックバック一覧です: 『最後の晩餐  平和主義者の連続殺人』:

« 『スパニッシュ・アパートメント』 | トップページ | 『マグノリア』 »