« 『17歳のカルテ』 | トップページ | 『パリ,テキサス』 »

『ジャッキー・ブラウン』

ジャッキー・ブラウン [DVD]
Jackie Brown
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
原作:エルモア・レナード  『ラム・パンチ』(角川文庫)
音楽:ー
アメリカ  1997年  154分   ★★★★★

ジャッキー・ブラウン(パム・グリア)が三流航空会社のスチュワーデスの安っぽい制服に身を包み、空港の動く歩道の上を右から左に移動するバストショットが、延々と映し出されて映画は始まる。ジャッキーの肌は褐色に輝き溢れんばかりの色気が漂う。彼女はそのまま空港で逮捕される。
原作は『ラブラバ』の作者エルモア・レナードの『ラム・パンチ』、彼は本作の製作総指揮に名を連ねている。

1306111

タランティーノは若かりし頃、パム・グリアの大ファンで、彼女を自慰の対象にしていたという。監督から直接に言われたどうかはわからないが、そんなことを知ってしまった主演女優の気分はどんなものだろう。誇らしく思えるものなのか、気持ち悪いと思うものなのか。パム・グリアは、もともとB級映画のセクシー路線で売り出したのだし、太っ腹そうなので、前者のような気がする。そう感じさせるところが彼女の魅力だ。

1306114_2

武器密売人オデール(サミュエル・ジャクソン)の資金の運び屋をしているジャッキーは刑務所から出所したばかりだった。やっと今の職を得て安い給料でなんとかしのいでいたのに、再び刑務所に入れば、出所したときには職がないくらい切羽詰まってしまう。なにしろスチュワーデスとしては歳も歳だ。

ここで、ジャッキーは起死回生の手を打つことにした。
彼女の身柄を引き取りにきた保釈金融業者のマックス(ロバート・フォスター)を抱き込んで、警察とFBIと取引して罪を逃れ、オデールの金を横取りしようと画策した。
パム・グリアとサミエル・ジャクソンがかぶっている「Kangol」のベレー帽が気になる。つい、かぶってみたいと思うくらいに、ふたりとも似合っている。

1306112_3

一方、オデールの相棒ロバート・デ・ニーロが演じる落ち目のヤクザのルイスは、オデールの女ブリジッド・フォンダに、彼のドジぶりをののしられて逆上し彼女を撃ち殺してしまう。映画界の血統書つきのブリジット・フォンダを黒人が囲う蓮っ葉な女として登場させ、しかもあっさり殺されてしまう役柄に配するところが、いかにもタランティーノらしい。

1306115_3

事が計画通りに進み、まんまと大金を手にしたジャッキーはマックスに一緒に暮らそうと誘うが、彼はもう歳だからとやんわり断る。この場面は、タランティーノがかつてお世話になったパム・グリアに個人的な感謝の意を込めて、マックスに「ピリオド」を打ってもらったと、とれなくもない。
本作は監督の思いが込められた大人の恋愛物語でもある。タランティーノは正直者だ。→人気ブログランキング

オンブレ/新潮文庫/2018年3月
ラブラバ/ハヤカワ・ミステリ/2017年
ラム・パンチ/角川文庫/1998年(『ジャッキー・ブラウン』DVD)
ミスター・マジェスティック/文春文庫/1994年

« 『17歳のカルテ』 | トップページ | 『パリ,テキサス』 »

スリラー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャッキー・ブラウン』:

« 『17歳のカルテ』 | トップページ | 『パリ,テキサス』 »