« レザボア・ドッグス | トップページ | 『ドライヴ』 »

2013年6月21日 (金)

思秋期

失業中のジョセフ(ピーター・ミュラン)は激昂しやすい性格。
かっとして飼い犬を蹴って殺してしまい、ショーウィンドウのガラスを割り、バーでビリヤードに興じる若者たちに因縁をつけ殴りかかった。いつも怒りを抱えイライラしていて、酒を飲んでは暴れ、落ち込む生活を送っている。
Photo_20220128142801思秋期
Tyrannosaur
監督:パディ・コンシダイン
脚本:パディ・コンシダイン
イギリス  2011年  98分 

ある日、ジョセフはリサイクル・ショップで働くハンナ(オリヴィア・コールマン)にであう。はじめはハンナに突っかかるように接したジョセフだが、彼女と会うことで心の安らぎを感じるようになる。
ジョセフは、死が間近に迫った友人のために祈りを捧げてくれるように、信心深いハンナに頼む。

1306212

本作に、「Tyrannosaur」という飛んでるタイトルをつけたのはなぜか?イギリス仕込みのユーモアだろうか。ティラノサウルスは、ジョセフが亡くなった妻につけたあだ名である。彼の妻は大柄で大食い、歩くと床がきしみ大きな音をたてた。糖尿病を患い、目が見えなくなり両足を切断したという。ジョセフはそんなあだ名をつけてしまったことを、後悔しているとハンナに話す。

1306213

子供を産んで育てる、そんな平凡な暮らしを望んでいたハンナも闇を抱えていた。高級住宅地に夫とふたりで暮らす彼女は、経済的には恵まれていたが、夫婦の関係がうまくいっていない。夫は異常なくらい嫉妬深い。
そんなある日、ジョセフが亡くなった友人の葬式に着ていくスーツをハンナの店で見繕い、ネクタイをハンナに締めてもらうところを、ハンナの夫に見られてしまう。
そのことをきっかけに、悲惨な事態へとなっていく。
中年の恋愛の物語でもある。→人気ブログランキング
にほんブログ村

« レザボア・ドッグス | トップページ | 『ドライヴ』 »

シリアス」カテゴリの記事

ラブストリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思秋期:

« レザボア・ドッグス | トップページ | 『ドライヴ』 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ