« 『ドライヴ』 | トップページ | 『サイコ』 »

『デーヴ』

デーヴ [DVD]
デーヴ [DVD]
posted with amazlet at 13.07.04
Dave
監督:アイヴァン・ライトマン
脚本:ゲイリー・ロス
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
アメリカ 1993年  110分   ★★★★☆

ホワイトハウスを舞台とした勧善懲悪の痛快ラブコメディー。
よくできたストーリーで、実在のテレビの司会者、政治家、映画スターが本人役で出演している特典つき。

1307041

職業斡旋業を営むデーヴ(ケヴィン・クライン)は、スーパーなどで米国大統領の物まねを披露して喝采をえている。そんなデーヴに、握手をして手を挙げるだけという条件で大統領の影武者の話がやってくる。デーヴが影武者と演じている間に、本物の大統領は秘書(ローラ・リニー)との情事で脳出血を起こして再起不能となる。
いかにもワルそうな大統領特別補佐官のボブ(フランク・ランジェラ)は、デーヴに病気から回復した大統領を演じさせ、副大統領(ベン・キングズレー)を金銭スキャンダルで失脚に追い込み、自らが大統領の椅子に就こうという魂胆である。

1307043

デーヴを偽物と見抜いていたのは、大統領との夫婦関係が破綻しているファーストレディーのエレン(シガニー・ウィーバー)であった。車の中で、スカートから見えるエレンの脚にデーヴが目を奪われたことでばれた。シガニー・ウィーバーは冷淡な女を憎々しげに演じたらピカイチ。
影武者大統領の評判は、病気から復活して見違えるように変わったと上々。そんな中、エレンの悲願である孤児たちを救う福祉法案は、ボブが大統領の筆跡をまねたサインして廃案となる。これに憤慨するデーヴは、友人の会計士の手を借りて、他の予算の無駄を削り福祉法の財源を確保し、エレンの信頼をうるのだった。さらに失業者全員に職を与える政策を発表し、テーヴに対する国民の支持は圧倒的なものになる。

1307044

ところが、ボブの工作で大統領と副大統領の金銭スキャンダルが、マスコミに取り上げられ、ふたりは窮地に立たされる。真相は、本物の大統領とボブが関わった金銭スキャンダルであった。デーヴは責任をとって大統領の座を退くことにし、国会での辞任の演説中に脳出血で倒れる大芝居を演じる。こうして、副大統領が大統領に就任し、ボブは失脚する。半年後、病床に伏していた本物の大統領が亡くなる。
そしてデーヴは地方議員に立候補した。その選挙事務所にひょっこりエレンが現れる。→映画(全般) ブログランキングへ

« 『ドライヴ』 | トップページ | 『サイコ』 »

1993年」カテゴリの記事

コメディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/57722034

この記事へのトラックバック一覧です: 『デーヴ』:

« 『ドライヴ』 | トップページ | 『サイコ』 »