« キュレーション 知と感性を揺さぶる力 長谷川祐子 | トップページ | 『現代アートを買おう!』宮津大輔 »

2013年10月10日 (木)

ロスト・ハイウェイ

ストーリーを論理的に追おうとするとしっくりこないので、見たまま受け入れるのがデビィット・リンチ作品の見方だろう。迷宮に入ったままにして、細かいことは詮索しないのがいい。

Photo_20201210083301ロスト・ハイウェイ
Lost Highway
監督:デヴィッド・リンチ
脚本:デヴィッド・リンチ/バリー・ギフォード
音楽:アンジェロ・バダラメンティ/トレント・レズナー
アメリカ  フランス  1997年  135分 

白いセンターラインが車のヘッドライトに照らされて、車は漆黒の闇の中を疾走している場面から始まる。

131010

朝、テナーサックス奏者のフレッド(ビル・プルマン)は、玄関のインターフォンで「ディック・ロラントは死んだ」という声を聞く。ディック・ロラントが誰であるか最後まで明らかにならないが、この意味不明のフレーズが、本作のキーワードである。

1310101

翌朝、ビデオテープが入った封筒が玄関におかれていて、フレッドの妻レイネ(パトリシア・アークエット)がビデオを映すと、そ玄関が映っていた。翌朝もビデオがおいてあり、今度は寝室で眠ている夫婦が映っていた。警察を呼んだが手がかりはない。

1310102

その夜、ふたりはパーティに出かける。白塗りの不気味な男(ロバート・ブレイク)がフレッドに「私はあなたの家にいる」という。フレッドが携帯電話で自宅に電話してみると、電話から目の前の男の声が聞こえてきた。白塗りの男はディック・ロラントの友人だという。
頭の中が混乱したデヴィットが家に帰ると、ビデオには妻のバラバラ死体が映っていて、ここでビデオと現実が交錯して、フレッドは警察に逮捕されてしまう。
フレッドは妻殺しの容疑で死刑を宣告され独房に入れられ、そこで激しい頭痛に襲われる。
翌朝、独房にいたのはフレッドではなく修理工のピート(バルサザール・ゲティ)だった。ピートは釈放されたものの、彼はなぜ拘置されたかのを思い出せない。両親も友人たちも、自宅前でピートの身に起こったことを話そうとしない。

1310103

職場に戻ったピートに、街の顔役のエディ(ロバート・ロッジア)が愛人のアリス(パトリシア・アークェット/レイネと2役)を連れて現れる。やがて、ピートとアリスは深い仲になって密会を続けるようになる。ふたりの仲がエディにバレれてしまえば殺されてしまう。アリスはピートに大金を知人から盗んで一緒に逃げようと持ちかける。

計画実行の夜、ピートはアリスの知人の邸宅へ忍び込み、手筈どおりピートは知人を殴り倒す。ところが、その時点になって、アリスの様子がどことなく怪しい。
ふたりは砂漠に逃げて、砂の上でからみあい、やがてアリスは裸で立ち去っってしまう。残されたピートが立ち上がると、フレッドの姿に替わっていた。
ここから、事態がさらにごじゃごじゃしてくる。

砂漠の小屋には白塗りの男がいて、「アリスなんて女はいない。彼女はレネエだ」と叫ぶ。
フレッドがアリスを追ってモーテルに入ると、そこにはベッドでもつれあうエディとレネエがいた。フレッドはエディを叩きのめして車のトランクに押し込み、再び砂漠に戻る。トランクを開けた途端にエディがフレッドに飛びかかるが、そこに白塗りの男が現れ、ナイフでエディの喉を切り裂いてしまう。

こんな風にストーリーは進んで、早朝、自宅に戻ったフレッドはインターフォンに「ディック・ロラントは死んだ」とささやく。流れからするとディック・ロラントはエディということになるが、そこは曖昧なまま話は進む。
フレッドの家にパトカーがきて、フレッドは車でハイウェイを逃走する。いつしか夜になり、はじめと同じ場面が映し出される。闇の中、白いセンターラインがヘッドライトに照らしだされては消えていく。振り出しに戻ったのだ。→人気ブログランキング

« キュレーション 知と感性を揺さぶる力 長谷川祐子 | トップページ | 『現代アートを買おう!』宮津大輔 »

サイコスリラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロスト・ハイウェイ:

« キュレーション 知と感性を揺さぶる力 長谷川祐子 | トップページ | 『現代アートを買おう!』宮津大輔 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ