« ゴスフォード・パーク | トップページ | アルカトラズからの脱出 »

ダーティハリー4

ダーティハリー・シリーズ5作のうち、クリント・イーストウッド自身が監督を務めたのは本作だけである。
ハリーが強盗を追いかけるシーンでは、イーストウッドが後に市長となるカーメル市の町並みが映し出される。
例の有名なセリフ、レーガン大統領がグレナダ侵攻の演説で口にして物議を醸した「ゴー・アヘッド  メイク・マイ・デイ」は、本作で使われている。
さらに、プライベートでは、『アウトロー』(76年)で共演して以来、同棲していたジェニファー役のソンドラ・ロックとの共演は本作が最後となった。何かと話題が多い作品である。
4_20201208140901ダーティハリー4
Sudden Impact
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ジョゼフ・スティンスン
原案:アール・E・スミス/チャールズ・E・ピアース
音楽:ラロ・シフリン
アメリカ  1983年  117分

1312024_1

本作は、ジェニファーの復讐劇である。
10年前に女子大生だったジェニファーが高校生の妹と共に複数の男からレイプされた。妹はその事件以来廃人となった。そのレイプに加わった男たちを見つけ出して、復讐を遂げようとする。

1312024_6

あまりにも派手なハリーの仕事ぶりに、「君の成功はほかの連中の失敗より高くつく」と上司に言われ停職処分となり、ハリーはサンポーロの町にやってくる。
サンフランシスコ市警の管轄内で、男が38口径で股間を撃ち抜かれ殺される事件に引き続き、サンポーロでも、股間を撃ち抜かれる事件が続けて起こる。

ジェニファーに銃口を向けられた男はいう。
「悪いことをした思っている。10年以上も前のことじゃないか。若かったんだ。仲間が悪かったんだ。あのくらいのこと許してもいいではないか」と命乞いをする。そんな能書きには構わず、ジェニファーは銃をぶっ放した。

Imagesca1mqxps

ハリーがジェニファーに出会うのは偶然からである。ハリーがブルドッグを散歩させていると、前からきた自転車に乗ったジェニファーに、犬が飛びかかり転ばせてケガをさせてしまう。これをきっかけに、ハリーは事件の真相を知ることになる。

1312024_3

碌でもない連中の中心に悪の権化のような鼻つまみの姉弟がいた。
警察署長の息子もレイプ事件に関わった弱味を握っているので、警察はふたりに迂闊に手が出せない。
ジェニファーはその姉弟に迫るが逆に人質になってしまう。

所々にジョークが挟み込まれ、伏線がじわじわときいてくる、一捻りも二捻りもある展開のイーストウッド流エンターテイメントが味わえる作品である。→人気ブログランキング

ダーティハリー Dirty Harry』 1971年
ダーティハリー2 Magnum Force』1973年
ダーティハリー3 The Enforcer』1976年
ダーティハリー4 Sudden Impact』1983年
ダーティハリー5 The Dead Pool』1988年

« ゴスフォード・パーク | トップページ | アルカトラズからの脱出 »

アクション」カテゴリの記事

サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダーティハリー4:

« ゴスフォード・パーク | トップページ | アルカトラズからの脱出 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ