« 『マグダラのマリア  エロスとアガペーの聖女』岡田温司 | トップページ | モネ展@国立西洋美術館 »

『あの日、欲望の大地で』


あの日、欲望の大地で [DVD]
あの日、欲望の大地で [DVD]
posted with amazlet at 14.01.16
The Burning Plain
監督:ギジェルモ・アリアガ
脚本:ギジェルモ・アリアガ
音楽:ハンス・ジマー

アメリカ  2008年 106分 ★★★*

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作が映画初出演のジェニファー・ロレンスはキラキラ光っている。監督はメルリ・ストリープの再来と評価したそうだ。数々の賞を受賞し、優雅に美しく光り輝いているメルリ・ストリープは、女優の誰もが目標とする憧れの女優だと思う。17歳のジェニファー・ロレンスには監督が評価するような大女優の片鱗が垣間見える。
それに対抗するシャーリーズ・セロンの百戦錬磨の渋い演技もいい。セロンは製作総指揮に名を連ねている。
北の都市と南の町、白人とラテン系の対立軸と、現在と過去の時制で、ストーリーが進んでいく。

140116_1

 

レストランのシェフのシルヴィア(シャーリーズ・セロン)は、妻子ある同僚と関係を持ち、客の誘いに簡単に乗ってしまう尻の軽い女。自傷行為にふけるシルヴィアはなぜ刹那的な生き方をするのか。

 

140116_

 

 

話は12年前にさかのぼり、舞台はメキシコに近い田舎町。
町から少し離れたところにあったトレーラーハウスで火事が起こり、中にいた中年の男女が抱き合ったまま焼死した。ふたりを離すためにナイフが必要だったと、町の人々は蔑みを持ってこの事件を語った。

 

140116__

焼死した女ジーナ(キム・ベイシンガー)の娘マリアーナ(ジェニファー・ローレンス)は、少し前から母の行動に疑いをもち、母の電話に聞き耳を立てたり、尾行をしたり、母を問い詰めたりしていた。そして、ある日トレーラーハウスでの逢引の現場を目の当たりにする。マリアーナは母になんとか男との付き合いを止めさせようとしたのだった。それがいき過ぎて裏目に出る。

140116___2

 

焼死事件のあと、不倫相手の男の次男サンティアゴ(ダニー・ピノ)とマリアーナは接近しやがて結ばれる。ふたりの関係を残された家族たちの知るところとなり、マリアーナとサンジェゴは町から出ていかざるを得ない。困ったことにマリアーナは妊娠していた。

 

話は現在に戻り、ある日、サンティアゴと兄カルロスと娘のマリアの三人は、飛行機で農薬の散布の仕事を請け負う。サンティアゴが飛行機で散布し始めるとすぐに墜落してしまい、重症を負う。

140116__2

デート中のいざこざで、シルヴィアは車から雨の中に飛び出していく。ずぶ濡れのシルヴィアに声をかけたのは、ここ数日彼女をストーカーのように見張っていたサンジェゴの兄カルロスだった。カルロスは、シルヴィアの娘マリアが遭いたがっていること、サンティアゴが飛行機事故で入院していることを伝える。シルヴィアはうろたえ、その場から逃げ出してしまう。
しかし、落ち着きを取り戻したシルヴィアことマリアーナは、現実を正面から受け止めようと、マリアに遭いサンティアゴの入院している病院に向かうのだった。→ブログランキングへ

【ジェニファー・ロレンス出演作品】
『アメリカン・ハッスル』13年 
世界でひとつのプレイブック』12年
ウィンターズ・ボーン』10年
あの日、欲望の大地で』08年

【シャーリーズ・セロン出演作品】
『プロメテウス』12年
ヤング≒アダルト』11年
あの日、欲望の大地で』08年
告発のとき』07年
スタンドアップ』05年
モンスター』03年
『ミニミニ大作戦』03年

« 『マグダラのマリア  エロスとアガペーの聖女』岡田温司 | トップページ | モネ展@国立西洋美術館 »

シリアス」カテゴリの記事

ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『あの日、欲望の大地で』:

« 『マグダラのマリア  エロスとアガペーの聖女』岡田温司 | トップページ | モネ展@国立西洋美術館 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ