« バルテュス展@東京都美術館 | トップページ | さすが、ソニー »

2014年6月18日 (水)

オー・ブラザー!

ギリシャの叙事詩『オデュッセイア』からヒントを得たコメディというから、壮大なスケールが予想される。ストーリーのテンポがいい、音楽が抜群にいい。
ホメロス作とされる『オデュッセイア』は…〈オデュッセイアはギリシャ神話の英雄で、英語読みはユリシーズ。奥さんは美人のペネロペ。知恵者で、トロイの木馬を考案しトロイ戦争を終結させた。
しかし、神々とくにポセイドンの怒りを買い、故郷のイタケ島に帰還するまでにギリシャ各地を放浪することになる。
オデュッセイアが不在の間に、ペネロペに言い寄った男たちに復讐する。〉

Photo_20201205082701オー・ブラザー!
O Brother, Where Art Thou?
監督:ジョエル・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
音楽:T=ボーン・バーネット
アメリカ  イギリス  フランス 2000年 106分 

エヴェット(ジョージ・クルーニー)は、ビート(ジョン・タトゥーロ)とデルマー(ティム・ブレイク・ネルソン)を丸め込んで刑務所を脱走する。エヴェットが銀行強盗で手に入れた120万ドルの隠し場所が、4日後にダム湖の底に沈んでしまうというのだ。
エヴェットは、四六時中お気に入りのポマードで髪をなでつけるような男。

_

3人は黒人のギター弾きとともに、町のラジオ局で『そうさ俺らはずぶ濡れボーイズ』を熱唱する。これが好評を博し、のちに彼らに有利に働くことになる。

__5

おりしも町では、知事選挙戦の最中で、旗色の悪い現職のパピー(チャールズ・ダーニング)と改革政策を掲げる対立候補が、町のそこかしこに顔を出す。

_4

3人は、聖書販売の大男(ジョン・グッドマン)に騙されてラジオ局からの報酬を巻き上げられたり、躁状態で銀行を襲い警察に捕まるとたちどころに鬱になる躁鬱病のような銀行強盗に出会ったり、水浴びする3人の美女に誘惑されたり、KKK団の集会に紛れ込んだりする。

__3

エヴェットは6人の娘と妻(ホリー・ハンター)に出会うが、妻はエヴェットと別れて、堅実そうな男と再婚しようとしていた。実は、120万ドルの話は嘘で、脱獄は妻とのヨリを戻すためであった。

__4

エヴェットは妻の気をひこうと選挙集会に紛れ込み、3人が『俺たち・・・』を歌うと集まった人たちから大喝采を浴び、パピーが現職知事の権限で3人に恩赦を与える。
そんなことはお構いなしに警察は3人を追い詰め、絶体絶命のピンチとなる。そこに、ダムの放水が始まってすべてが水に飲み込まれるのだった。
そして、落ち着きをとり戻した町角には妻の機嫌を取ろうとするエヴェットがいた。→人気ブログランキング

« バルテュス展@東京都美術館 | トップページ | さすが、ソニー »

コメディ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オー・ブラザー!:

« バルテュス展@東京都美術館 | トップページ | さすが、ソニー »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ