« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月25日 (木)

氷平線 桜木紫乃

オール讀物新人賞(2002年)を受賞した「雪虫」ほか5篇。
道東の厳しい気候のなかで、男女が織りなすねじた関係を描いている。
この後、著者が取り上げるテーマが本書に網羅されている。
Photo_20201106132801 氷平線 桜木紫乃
文春文庫
2012年(単行本2007年)

「雪虫」
達郎は両親が勧めるフィリピン女性を妻に向かえ酪農を継いだ。達郎は婿をとった高校の同級生の四季子と寄りを戻した。四季ちゃんは、ひとの奥さんなんだからねと母親に釘を刺されても、龍郎は止ようとは思わない。
「霧繭」
真紀は和裁師として土地の呉服問屋の仕事を請け負うようになった。真紀はかつて問屋の専務と深い仲だった。専務と関係があった問屋の女将との微妙な立場となる。
「夏の稜線」
東京育ちの京子は酪農の研修先に嫁いだ。娘が生まれると姑の態度が一変した。姑から嫌味を言われない日はない。優しい夫から息子に変貌した夫には愛情が失せた。よそ者扱いされる京子は妬みと噂と中傷が飛び交う狭い世界で窒息しそうになる。
「海に帰る」
親方から床屋を引き継いだ男と水商売女との愛。
「水の棺」
女性歯科医は上司と別れて僻地の診療所に転職する。数年後、診療所は村人たちの全幅の信頼を得るようになる。一方、上司の評判は地に落ちていた。
「氷平線」
誠一郎は理不尽な父親から逃れるために、猛勉強をして東大に入り、財務省に入省する。税務署長として故郷に錦を飾り、房子と再開し深い関係になるが。→人気ブログランキング

緋の河/桜木紫乃/新潮社/2019年
ホテルローヤル/桜木紫乃/集英社/2013年(直木賞受賞作)
氷平線/桜木紫乃/文春文庫/2012年
硝子の葦/桜木紫乃/新潮社/2010年

2014年12月15日 (月)

ずるずる、ラーメン

ラーメンに関するのエッセイ31作と漫画1作が収録されている。
筆者たちが、ラーメンに求めているのは、ジャンクさである。粗野で正統でないもの、悲哀や懐かしさを感じさせるもの。それゆえ、悲しいかな毒のような扱いをされることがあっても、決して栄養のバランスがいいとは論じられない食べ物が、ラーメンである。
それは、中華料理店のラーメンであろうと、ラーメン屋のラーメンであろうと、インスタントラーメンであろうと同じである。
Photo_20200814084501ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

河出書房新社
2014年

 

・「なんだ、コレハ」のラーメンを食べた話。「駅路地裏裏ラーメンの謎」椎名誠
・ついラーメン3杯を食べてしまった。「度を越す人」宮沢章夫
・なじみのラーメン屋の一時閉店の事情。「相撲とラーメン」川本三郎
・山形の冷やしラーメン。「はっこいラーメン」角田光代
・親父と水商売系の若い女がやっている店。「麗しの愛人ラーメン」池上永一
・旨い味噌ラーメンを出した札幌のラーメン屋が閉店。「幻のラーメン」吉村昭
・天下一品でこってりラーメンと唐揚げ定食をつい食べてしまう。「すべてはこってりのために」津島記久子
・花粉症の原因であるぶた草を探そうと自転車で出かけて、たどり着いたとんでもないラーメン屋。「悪魔のマダム」久住昌之
・天願屋でラーメンを食べる。「静謐なラーメン」町田康
・ラーメンを食べる女性が増えることを願う。「ラーメン女子の実態」島本理生
・外国での取材旅行から帰ったら、絶対ラーメン屋に直行する。「ソウルフードか、ラーメンか?」内澤旬子
・中国で仕事をする弟が日本に帰国したときに食べたがるのはラーメン。「ラーメン」内館牧子
・午後2時のラーメン屋にてラーメンが出てくるまで。「午後2時のラーメン屋」東海林さだお
・札幌のラーメンは帰るための儀式。村松友視
・酒を飲んだ後にラーメンを食べることは、死の欲動(タナトス)としての塩漬けになる、という御高説。「タナトスのラーメン」千葉雅也
・母親と食べた屋台のラーメンにはじまり、冷やし中華は安物にかぎると結ぶ。「屋台のラーメン」林静一
・高校の寮住まいのころの、ラーメン屋と焼肉屋の思い出。「仙台のラーメンとホルモン焼き」丸山健二
・タンメンと焼き餃子は大田区が発祥。「焼き餃子とタンメンの発見」片岡義男
・小津安二郎監督の話。「支那そば大会」池部良
・『にっぽんラーメン物語』に書かれている、日本で最初にラーメンを食べた人物が水戸光圀という説は根拠が希薄である。「日本ラーメン史の大問題」丸谷才一
・真夜中にインスタントラーメンを作って食べる話。「真夜中のラーメン」北杜夫
・日本のラーメン、ワンタンはさっぱり旨くないが、シュウマイはちらほらいいのができるようになった。「ラーメンワンタンシューマイヤーイ」開高健
・台湾で食べた絶品のラーメンと小籠包。「元盅土鷄麺という名のソバ」古波蔵保好
・ニンニクたっぷりのベトナムラーメンを食べさせる店で、エロ写真展を開いた話。「カルロ・パンティとベトナムラーメン」荒木経惟
・行きつけの店で、〆に食べたヨーグルト入りトルコ風ラーメン。「トルコ風ラーメン」馳周
・ラーメン大好き小池さんのお嫁さんが3食手料理を作ってくれるのはいいが、インスタントラーメンを食べたいと言い出せない小池さんの葛藤。「あこがれのラーメン」藤子・F・不二雄/藤子不二雄A
・サッポロ一番みそラーメン歴37年。「わが人生のサッポロ一番みそラーメン」森下典子
・試食したチキンラーメンに始まるインスタントラーメンとの付き合い。「ラーメン時代」曽野綾子
・ビルマでカップヌードルを食べた話。「仏陀のラーメン」沢木耕太郎
・カップラーメンは容器の形が絶妙で量もちょうどいいが、カップ焼きそばは多すぎて持て余すといったようなことが書かれている。「ラーメンに風情はあるか」吉本隆明
・カップラーメンの雲呑麺に書かれている「至福の一杯」という言葉に惹かれる。「最近の至福」江國香織
・節約してラーメンを食べるのは健康という高い代価を払うこと。「ラーメン」石垣りん→人気ブログランキング

2014年12月13日 (土)

うそつきくらぶ メアリー・カー

著者の7歳からの少女時代を回想する形で書かれている。舞台はテキサスの田舎町リーチフィールド。雑誌『ビジネスウィーク』がかつて地球上のもっとも醜悪な10の都市のひとつに選んだことがある、という劣悪なところ。
Image_20201214201501うそつきくらぶ
メアリー・カー/永坂田津子
青土社
1999年

父親は非番の日に退役軍人仲間と釣り道具屋の奥で、酒を飲みながらバカ話をするのが楽しみで、女房たちはこの会合を「うそつきくらぶ」と呼んでいた。メアリーはこの飲み会に父親にくっついて同席することを許されて、仲間たちが耳を傾ける父親の与太話を聞きながら、あれこれねだっていたのである。

スティーヴン・キングは、『書くことについて』の冒頭で、本書について、次のように触れている。〈メアリー・カーの『うそつきくらぶ』に私は打ちのめされた。その激しさ、美しさ、方言の楽しさによって。さらには、その記憶の完全性によって。メアリー・カーは子供のころのことを全部覚えている。私は違う。〉と絶賛している。

主な登場人物は、上流階級の出のように見えて、何度も結婚していて、マルクスやカミュやサルトルを読み、アルコール中毒で精神を病んでいる厄介な母親。無学だがじゅうぶん立派で無法者と市民とが適度に混じり合っている父親。毒を撒き散らし奇矯な行動を繰り返し癌で死んでいく祖母。主人公と喧嘩を繰り返す合理的で冷たい姉、と主人公である。

父親が「とんちゃん」と呼ぶ主人公のわがまま娘は、まわりに毒づきながら誰であろうが喧嘩を挑み、それでいて茶目っ気たっぷりに気丈に生きていく。
母親は何度も父親に離婚を持ち出して脅していた。ついには、ふたりは離婚してしまい、またよりを戻すいう波乱万丈の夫婦である。
父親は再婚相手の男の態度に腹を立て、ぶちのめして救急病院送りにしてしまうのだ。

著者の紡ぎ出す文章は、詩的な比喩表現が縦横無尽に使われている。本書は卑猥な表現すら高尚そうに響く「比喩の銀行」と言っていい。
本書の続編、思春期を書いた『Cherry』の訳本をぜひ出版していただきたい。→人気ブログランキング

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ