« 氷平線 桜木紫乃 | トップページ | 壇蜜日記 壇 蜜 »

2015年1月 3日 (土)

満願 米澤穂信

本書は、『2015年度版 このミステリーがすごい!』国内編第1位に輝いた。第27回山本周五郎賞を受賞している。
警察物、フーダニット、ホラー風、因果応報物、藪蛇物、倒叙物というバライティーに富んだ6篇が収録されている珠玉の短編集。
構成もマクガフィンの使い方も実に上手い。
Image_20201114141101満願

米澤穂信
新潮社
2014年

「夜警」
警官に向かないと思っていた後輩警官が殉死した。警官は妻のノドに刃物を当てた嫉妬深い夫に発砲したが、切りつけられ致命傷を負った。葬式のあと、警官の兄から弟の性格について知らされ、発砲した理由を推察する。
「死人宿」
勤務先のパワハラによって佐和子は退職し姿を消した。2年後、主人公は佐和子に会いに行く。佐和子は自殺者が訪れる死人宿として有名な温泉宿で仲居として働いていた。風呂の脱衣場で遺書を発見した佐和子は主人公の協力を仰ぎ、遺書の主を調べはじめる。
「柘榴」
美しい母と仕事せず家にほとんど寄り付かない駄目な父が離婚することになる。二人の娘の親権をめぐり調停となる。
「万灯」
商社マンの主人公はバングラデシュでの天然ガス採掘の交渉に奥地に向かう。権利を得るためには殺人も辞さない。
「関守」
山道のカーブでいくつもの車転落事故が起こる。主人公は山道に面したさびれたドライブインの老女店主に事故について取材する。そしてどんでん返しが。
「満願」
畳屋は仕事が次第になくなり借金を重ねる。畳屋の妻は夫の借金を盾に関係を迫る金融業者を包丁で刺し殺した。学生として畳屋の2階に下宿していた主人公は弁護士となり妻の弁護を引き受けるが、実刑となってしまう。そして出所をむかえた。→人気ブログランキング

« 氷平線 桜木紫乃 | トップページ | 壇蜜日記 壇 蜜 »

ミステリ」カテゴリの記事

短篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満願 米澤穂信:

« 氷平線 桜木紫乃 | トップページ | 壇蜜日記 壇 蜜 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ