« 『トゥルーマン・ショー』 | トップページ | 33年後のなんとなく、クリスタル 田中康夫 »

2015年2月21日 (土)

アート鑑賞、超入門! 藤田令伊

美術展に行くと、音声ガイドを借りて、会場のセッションごとに掲げられているパネルの説明文をじっくり読むことにしている。説明文で美術展の意図と大まかな流れをつかみ、ガイドで作品のバックグラウンドを知る。
美術展の目玉の作品は時間をかけてじっくり見て、他は入場者の流れに身を委ね、順路に沿って展示室を巡り、すっかり美術展を制覇した気分になって、グッズ売り場にたどり着くというのが、いつものパターンであった。
本書に照らし合わせると私の鑑賞法は、お話にならないくらい、ダメ。
Photo_20210729083401アート鑑賞、超入門!  7つの視点
藤田令伊(Fujita Rei
集英社新書
2015年

著者は、アートの「主体的」な鑑賞の方法をさまざまな観点からわかりやすく解説している。
たとえば、描かれていることを言葉で説明してみる(ディスクリプション)。
その作品を買うつもり(エア買い付け)で見る。
見たアートについて他人と話をしてみる。
知識があると先入観となって、そのままの心で見ることができにくくなる。知識は部下であると考える、意思決定はあくまで自分。
あえて肯定的に見たり否定的に見たりすると、多角的に見ることができる。
スキーマ(考え方のクセ)を崩せるかがポイント。スキーマを崩せば、新しい「気づき」が生まれる。
など、あくまで「主体的」にがテーマ。目から鱗のアート鑑賞法が紹介されている。→人気ブログランキング

現代アート、超入門!』藤田令伊【2013.09.29】
フェルメール 静けさの謎を解く』藤田令伊【2011.12.23】

« 『トゥルーマン・ショー』 | トップページ | 33年後のなんとなく、クリスタル 田中康夫 »

現代アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アート鑑賞、超入門! 藤田令伊:

« 『トゥルーマン・ショー』 | トップページ | 33年後のなんとなく、クリスタル 田中康夫 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ