« グロリアの青春 | トップページ | 長野温泉 嵐溪荘 »

Lucy/ルーシー

人間の脳は10%しか使われていない。
そのパーセンテージが20%や30%に増えるとどうなるのか?
台北で、ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、アタッシュ・ケースをホテルに届けるように頼まれ、韓国マフィアに拘束されてしまう。そして、アタッシュ・ケースに入っていた新型麻薬を、手術で下腹部に埋め込まれ運び屋にされてしまった。
Image_20210118121501LUCY/ルーシー
監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
音楽:エリック・セラ
フランス  2014年  89分 

一方、脳科学者の権威ノーマン博士(モーガン・フリーマン)は、覚醒脳のパーセンテージが上がると、人間はどうなるかを研究していた。

運び屋として空港に向かう途中で、男から暴行を受け体内の袋が破れて新型麻薬が流れ出し、ルーシーの脳は20%が覚醒した。
一瞬にして超人的な能力が身についた。
テレキネシスで暴行をふるった男をぶちのめし、映像記憶でほかの運び屋の航空チケットから行き先を割り出し、パリ警察に運び屋の情報を通報した。
テレポテーションでノーマン教授に会いに行き、覚醒脳のパーセンテージが増えると人智を超えた能力が備わることを披露した。
ところがパーセンテージの増加を止めることができなくなり、徐々にルーシーの人間性は失われ、自分でコントロールできない状態になっていった。

そして、マフィアたちが新型麻薬を取り戻そうとやって来たときに、ルーシーの脳は100%覚醒したのである。

宇宙創生、地球誕生、生命誕生、進化の過程、類人猿の誕生、脳を10%しか使ってない人間がいる現在までの映像を、時間を逆戻りさせて挿入している。
ビッグバンからの時間軸に、今より進化した人間としてルーシーを描いている。→人気ブログランキング

« グロリアの青春 | トップページ | 長野温泉 嵐溪荘 »

アクション」カテゴリの記事

SF」カテゴリの記事

コメント

初めまして。映画ブログを運営しているものです。
同じような世界観の映画がありましたよね。
確か「リミットレス」。
この映画も薬で脳をマックスまで覚醒させて、何でもできるようになるという映画だったと思います。
あらすじを見た感じ、リミットレスよりもルーシーの方が面白そうです。
気になるので、観てみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lucy/ルーシー:

« グロリアの青春 | トップページ | 長野温泉 嵐溪荘 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ