« 『夢の守り人』上橋菜穂子 | トップページ | 『虚空の旅人』上橋菜穂子 »

『大いなる不満』セス・フリード

それぞれが、意表を突く設定だから、つじつまが合わなくなりはしないかと不安を抱かせるが、気づけばずるずると著者ならではの世界に引きづり込まれている。そして最後に宙ぶらりんのままに放り出されたりする。

大いなる不満 (新潮クレスト・ブックス)
大いなる不満
posted with amazlet at 15.07.22
セス・フリード(藤井 光訳)
新潮社
2014年5月 ★★★★★

「ロウカ発見」発見されたミイラをめぐり、研究室内の人間関係は奇妙に変化する。
「フロスト・マウンテン・ピクニックの虐殺」数多くの死者を出すピクニックが毎年繰り返される。
「ハーレムでの生活」王と多数の美女がいるハーレムに暮らす醜い男の話。
「格子縞の僕たち」火山口に投げ入れられるカプセルにサルを入れるのが仕事。
「征服者の惨めさ」スペインの南米侵略、征服者の悲哀を描く。
「大いなる不満」エデンの園で、猫がオウムをライオンがクジャクや子羊が本能をあらわにできないでいる。
「包囲戦」悲惨さがエスカレートしていく包囲戦を描く。
「フランス人」20年前、中1の劇で演じたフランス人役が新聞に載ったこと。
「諦めて死ぬ」親族が事故で次々死んでいく青年の話。
「筆写僧の嘆き」古英語詩のでたらめ極まりない写本を、くり返す僧たち。
「微生物集」ー若き科学者のための新種生物案内 微生物に見える存在の強引さと情けなさ。→人気ブログランキングへ

« 『夢の守り人』上橋菜穂子 | トップページ | 『虚空の旅人』上橋菜穂子 »

短篇」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/61939980

この記事へのトラックバック一覧です: 『大いなる不満』セス・フリード:

« 『夢の守り人』上橋菜穂子 | トップページ | 『虚空の旅人』上橋菜穂子 »