« 『眩(くらら)』朝井まかて  | トップページ | 『ウェブ小説の衝撃 ネット発ヒットコンテンツのしくみ』飯田一史 »

『京都ぎらい』井上章一

洛中の京都人は中華思想に似た選民意識をもっている。
京都の嵯峨で育ち今は宇治で暮らす著者には、京都人の自覚はないという。洛中のひとは著者を、京都流で言えば「よそさん」と思っているという。
こうした京都人の選民意識は他の都市にも多少はあるだろうが、京都はえげつないくらいに露骨にそれを表に出す。
日本の碩学である洛中出身の杉本秀太郎や梅棹忠夫も、洛外を見下していたという。
ところが、嵯峨は確かに洛中から外れているが亀岡ほどじゃないと、〈京都人のいやらしい偏見を縮小再生産させたようなおごりが、著者にないわけではない〉と語っている。著者はこのような表現を多用している。

京都ぎらい (朝日新書)
京都ぎらい
posted with amazlet at 16.04.29
井上章一
朝日新書  2015年9月
売り上げランキング: 198

同和や民族差別などの重い差別は社会の表面から見えないが、ハゲやデブを見下す言葉は溢れている。罪が軽そうなのでかえって溢れていく。京都における嵯峨や宇治は、ハゲやデブに当たるとする。

「物知り自慢の気(け)」があると自嘲しつつ、自説を展開する。
本能寺に逗留していた信長が明智光秀に襲われた本能寺の変から、寺は今のホテル業を兼ね備えていた。そこで客をもてなすための庭園美学も磨かれたと推論する。
精進料理の肉もどき料理はホテルのレストラン部門のアイディア商品であるとする。

冒頭で、著者は京都人の自覚はないと言っておきながら、七は「しち」ではなく「ひち」であるとこだわる。「上七軒(かみひちけんの)」ルビを「ひち」とするか「しち」とするかで、本書の編集人にかみついている。そのバトルの痕跡が69頁に書かれている。

京都ぎらい
関西人の正体

« 『眩(くらら)』朝井まかて  | トップページ | 『ウェブ小説の衝撃 ネット発ヒットコンテンツのしくみ』飯田一史 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/63557510

この記事へのトラックバック一覧です: 『京都ぎらい』井上章一:

« 『眩(くらら)』朝井まかて  | トップページ | 『ウェブ小説の衝撃 ネット発ヒットコンテンツのしくみ』飯田一史 »