« 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』フィリップ・K・ディック | トップページ | 『流れ行く者 守り人短編集』上橋菜穂子 »

『もしもし』ニコルソン・ベイカー

会員制の電話サービスで、若い男女が「いま何を着ているの」ではじまり、性的な体験や妄想を語り合い、エスカレートしていく、いわば「電話小説」。ふたりはアメリカの東と西に暮らし、フルネームさえ知らない間柄。
ニコルソン・ベイカーがデェビュー作『中二階』で繰り広げた、ディテールにこだわり知的でストイックな表現が、本作でも踏襲されている。

もしもし (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
もしもし
posted with amazlet at 16.05.16
ニコルソン・ベイカー/岸本佐和子 訳
白水社 1993年8月

「ぼくはワイセツ電話にはあんまりむいていないってことだね。イキそうなのを相手に悟られないようにするなんてできない」
「あーら、わたしにはできるわよ」
なんて会話が交わされ、やがて性的にもっとも興奮することを包み隠さず話すことが、会話の「決まり」になる。

ジムは、会社の 同僚のエミリーと一緒に自宅でAVを観たエピソードを語る。
さらに、ビデオの『ピーターパン』のティンカーベルが引き出しに閉じ込められて、鍵穴から出ようとしたときに、ヒップが大きすぎてひっかかるところがセクシーだという。
夜空に高く浮かび、アメリカ中のマスターベーションしている女性が発するチカチカする光を眺める空想を語る。

一方、アビィも負けじと、シャワーの浴び方を事細かに話し、別れた恋人とのことや、誘惑した男についてしゃべる。3人のペンキ職人とのからみや、サーカスでストリップを演じる妄想を語る。

ジムは、空想にも熾烈な生存競争があり、ちゃんと機能するものに進化しなければ、空想は生き残れないという。ジムの言葉どうり、エロティックな空想をふたりで進化させて、ついに一緒に絶頂に到達する。
ここまであっけらかんと性を謳歌する物語は、アメリカでなければ生まれない。

→『中二階』(2013/3/24)
→『もしもし』(2016/5/16)

« 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』フィリップ・K・ディック | トップページ | 『流れ行く者 守り人短編集』上橋菜穂子 »

翻訳」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/63639871

この記事へのトラックバック一覧です: 『もしもし』ニコルソン・ベイカー:

« 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』フィリップ・K・ディック | トップページ | 『流れ行く者 守り人短編集』上橋菜穂子 »