« 『煙がにしみる 火葬場が教えてくれたこと』 ケイトリン・ドーティ | トップページ | 『ハツカネズミと人間』ジョン・スタインベック »

『キャリー』スティーヴン・キング

『キャリー』の主人公は、念の力でものを動かすことができるテレキネシスをそなえた、いじめられっ子の少女である。クラスメートのスー・スネルは、シャワールームで陰湿ないじめに加わったことの罪滅ぼしに、自分のボーイフレンドを説き伏せて、卒業パーティでキャリーの相手役を務めさせる。このふたりがキング&クイーンに選ばれて、祝福を受けているとき、意地悪なクラスメートのクリス・ハーゲンセンからまたしてもひどい仕打ちを受ける。キャリーは復讐の鬼と化し、テレキネシスを使ってクラスメートの大半と冷酷な母親を殺し、自分も命を落とす。

以上は、『書くことについて』で著者自身が書いた『キャリー』のあらすじである。
キングのデビュー作とされる本書は3度映画化されている。

キャリー (新潮文庫)
キャリー
posted with amazlet at 17.03.06
スティーヴン キング/ 永井淳 
新潮文庫 1985年

宗教的に狂っている母マーガレット・ホワイトは、悪魔の下僕のような存在である。そもそもキャリエッタ・ホワイトは望まれて生まれてきた子ではなかった。マーガレットは下腹部が膨れてきたのは悪性腫瘍のせいだと思った。やがて天国で待つ夫のもとに行けると信じていた。

マーガレットはキャリーと同じユーイン・ハイスクールの卒業生で、2回停学になっている。停学の理由は、クラスメートを殴ったことと、生徒にダーウィンの進化論を教えた教師に、「イエスは地獄の特別席を用意しておくだろう」と言ったことによる。
マーガレットはキャリーを度を越して厳しく躾け、禁を侵すとクローゼットに閉じ込め祈ることを強制した。

キャリーは体育の授業が終わった後のシャワールームで、初潮を迎えパニックに陥る。初潮のなんたるかを理解していなかった。キャリーをはやしたてタンポンやナプキンを投げつけたクラスメートを制止し、キャリーをなだめたのは体育教師のデジャルダン先生。
キャリーがヒステリーを起こしたとき、ミス・デシャルダンはシャワールームのライトのひとつが消えたことに気づいていた。
本作のテーマは血とテレキネシスである。

クリスの仕打ちに、キャリーはぶち切れた。
チェンバレンの街は、学校は全焼、中にいた教師と生徒たちは焼死。
消火栓はひとりで開き勢いよく水があふれ、消防車が出動しても使い物にならない。ガス本管が爆発し、電線がガソリンに引火し炎を上げた。
ダウンタウン全域が火の海となる。→人気ブログランキング

ダークタワー Ⅱ 運命の3人 下
ダークタワー Ⅱ 運命の3人 上
ダークタワーⅠガンスリンガー
神々のワード・プロセッサ
ミスター・メルセデス
ジョイランド
11/22/63
書くことについて
幸運の25セント硬貨
1922
ビッグ・ドライバー
スタンド・バイ・ミー』(DVD)
キャリー』(DVD

« 『煙がにしみる 火葬場が教えてくれたこと』 ケイトリン・ドーティ | トップページ | 『ハツカネズミと人間』ジョン・スタインベック »

ホラー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/64978965

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャリー』スティーヴン・キング:

« 『煙がにしみる 火葬場が教えてくれたこと』 ケイトリン・ドーティ | トップページ | 『ハツカネズミと人間』ジョン・スタインベック »