« クイズ番組 | トップページ | 『ラノベ古事記』小野寺 優 »

『フロスト日和』 R.D.ウィングフィールド

スマートな捜査手法のアレン警部と、行き当たりばったりの危なっかしい捜査をするフロスト警部のせめぎ合いがテーマ。
前の勤務先で上司を殴って左遷され警部から刑事に降格された髭面ウェブスター刑事が、フロスト警部の下につく。ウェブスターはもちろん不貞腐れている。
ウェブスターは、アレン警部は文句なしの一流の警察官であり、一晩排水溝で過ごしたとしか思えないような風体のフロスト警部と比べること自体が、間違っていると思っている。

フロスト日和 (創元推理文庫)
フロスト日和
posted with amazlet at 17.09.25
R・D・ウィングフィールド/芹沢恵 訳
創元推理文庫
1997年10月

公衆トイレに男の死体が発見され、つづいて覆面の連続婦女暴行魔が6人目の女を襲った。老人がひき逃げされ病院に収容された。車はナンバープレートを現場に落としていった。金持ちの15歳の娘が友達のと一緒に映画を見に行ったあと、帰宅後行方不明となっていた。
そんなおり、娯楽センターで5000ポンドが強奪される事件が起きる。

重要な事件はたとえフロストが手がけていても花形警部のアレンに担当が変更なり、どうでもいい事件や、捜査がうまくいかなければ出世に不利となりそうな事件はフロストに回ってくるのだ。
捜査から外されようと、マレット署長やアレン警部が嫌みを言おうと、ウェブスターが制止しようと、真夜中過ぎであろうと、フロストは思いついたら行動をおこす。そんなわけで、ストレスフルなフロストは、所かまわずタバコに火をつける。フロストは超過勤務の連続で、睡眠不足で疲労困憊の状況にある。それが読者にも伝染し読者は疲労困憊してしまう。

フロストの捜査手法は、クラッシュ・アンド・ビルド。つまり立てた仮説が次々に外れていく。それでも結局はフロストが事件を解決するのだ。→人気ブログランキング

フロスト始末
クリスマスのフロスト
フロスト日和
夜のフロスト
冬のフロスト
フロスト気質
夜明けのフロスト

« クイズ番組 | トップページ | 『ラノベ古事記』小野寺 優 »

ミステリ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/65835828

この記事へのトラックバック一覧です: 『フロスト日和』 R.D.ウィングフィールド :

« クイズ番組 | トップページ | 『ラノベ古事記』小野寺 優 »