« 『投資なんか、おやめなさい』荻原博子 | トップページ | 『第四解剖室』スティーヴン・キング »

『行動分析学入門』杉山尚子

行動分析学は、1930年代にアメリカの心理学者バラス.F.スキナーによって創始された心理学の1分野である。本書はスキナーの行動分析学を基に、著者らが独自に発展させた行動分析学の入門書である。
では、行動とはなにか?
スキナーは「行動とは生体のもつ機能の中で外界に働きかけ、外界と交渉を持つもの」と定義している。また、スキナーの弟子であるオージャン・リンズレーによれば、「死人にはできない活動のこと」。

行動とそれがもたらす効果の関係を行動随伴性と呼ぶ。この行動随伴性によって行動を捉えることこそが、スキナーの行動分析学の根幹をなすものである。
では、行動随伴性とはなにか?行動の後に起こる、あるいは行動と同時に起こる状況の変化である。

行動の基本的な原理を「レスポデント行動」と「オペラント行動」に分類する。レスポデント、オペラントはスキナーの造語。
「レスポデント行動」とは刺激に対する反応をいう。例としては、目にホコリが入ると涙が出る。別名、古典的条件づけ、またはパブロフ型条件づけ。
「オペラント行動」とは、行動の原因は後にある。例としては、メガネをかけるとよく見える。別名、道具的条件づけと呼ぶ。

著者自身のエピソードも交えて、わかりやすく説明している。著者は現在星槎大学教授。→人気ブログランキング

« 『投資なんか、おやめなさい』荻原博子 | トップページ | 『第四解剖室』スティーヴン・キング »

心理学」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/66000882

この記事へのトラックバック一覧です: 『行動分析学入門』杉山尚子:

« 『投資なんか、おやめなさい』荻原博子 | トップページ | 『第四解剖室』スティーヴン・キング »