« 『行動分析学入門』杉山尚子 | トップページ | 『大人のお作法』岩下尚文 »

第四解剖室 スティーヴン・キング

本短篇集に収録されている「黒いスーツの男」は、雑誌『ニューヨーカー』に掲載するさい、編集者のサゼッションで結末を曖昧にしたという。それはそれで良かったと著者は付記で書いている。
結末が悲惨すぎると、『ニューヨーカー』には載せられないという事情だったらしい。なにしろ『ニューヨーカー』は都会派の洗練された記事がウリの雑誌だった。結末を変えたことが功を奏したのか、「黒いスーツの男」は O・ヘンリー賞(1996年)の1等賞を受賞した。『短編小説のアメリカ52講』(青山 南著)に、本作品がO・ヘンリー賞に選ばれた経緯が書かれている。

第四解剖室 (新潮文庫)
第四解剖室
posted with amazlet at 17.11.04
スティーヴン・キング/白石朗他 訳
新潮文庫 2004年
売り上げランキング: 303,330

「第四解剖室」Autopsy room four
生きたまま解剖されるまでの恐怖を描く。

「黒いスーツの男」The man in the black suit
9歳のときの話。兄が蜂に刺されて死んだのは1年前だった。
川に釣りに出かけた。いつもはついて来る愛犬はその日に限ってついてこなかった。
体長19インチのカワマスを釣った。父に教えられた通りはらわたを取り、処理した。
居眠りして眼を覚ますと、コート着た男が現れ、母が蜂に刺されて死んだという。アナフィラキシーショックで。。
男に襲われカワマスを奪い取られそうになった。
そこに父が現れる。

「愛するものはぜんぶさらいとられる」All that you love will be carried away
アルフィーは冬のモーテルに入った。目的は自殺だ。
死を覚悟した男が最後に行う日常的なこと。

「ジャック・ハミルトンの死」The death of Jack Hamilton
銀行強盗を決行したアウトローたちの友情物語。なかなか死なない男を描く。

「死の部屋にて」In the deathroom
処刑をまじかに控えた男の目に映ったのは、シーツに隠された電気ショックを与える拷問の機械だった。
モーリス・ラヴェルのバレー音楽『ポレロ』のように、徐々に処刑の恐怖が昂まっていく。

「エルーリアの修道女」The little sister of Eluria
ファンタジー長編『ダーク・タワー』の外伝。→人気ブログランキング

ミスター・メルセデス
ジョイランド
11/22/63
ダークタワー IV1/2 鍵穴を吹き抜ける風
ダークタワー IV 魔道師と水晶球 下
ダークタワー IV 魔道師と水晶球 上
ダークタワー III 荒地 下
ダークタワー III 荒地 上
ダークタワー Ⅱ 運命の3人 下
ダークタワー Ⅱ 運命の3人 上
ダークタワーⅠガンスリンガー
書くことについて
ミザリー
キャリー   キャリーDVD

幸運の25セント硬貨
ビッグ・ドライバー
1922
第四解剖室
神々のワード・プロセッサ
夕暮れを過ぎて
いかしたバンドのいる街で
スタンド・バイ・ミー(DVD)
ジェラルドのゲーム
ドランのキャデラック

« 『行動分析学入門』杉山尚子 | トップページ | 『大人のお作法』岩下尚文 »

ホラー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四解剖室 スティーヴン・キング:

« 『行動分析学入門』杉山尚子 | トップページ | 『大人のお作法』岩下尚文 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ