« 『人類の未来 AI、経済、民主主義』 吉成真由美(インタビューアー) | トップページ | インデックス(新書) »

2018年4月29日 (日)

10の奇妙な話 ミック・ジャクソン

切ないが変でユーモアのある独特の味がある短篇が10篇収録されている。つい引き込まれてしまう現実には起こりがたいことが違和感なく語られて余韻が残る。また装画の出来が鋭い。描かれた人物はそれぞれの物語の切なさとユーモアを背負っている。

Image_2021010715250110の奇妙な話
ミック・ジャクソン/ 田内志文
東京創元社
2016年

「ピアース姉妹」 海で遭難した青年を助けた姉妹は青年に容姿を酷評された。ふたりはに男がいると楽しいことに気づいた。
「眠れる少年」 少年が10年眠り続けた結果起こること。
「地下をゆく舟」 定年男が地下室で舟を完成させるが、入り口から出せないことに気づいた。
「蝶の修理屋」 時計の修理器具のような蝶の修理器具を見つけた話。
「隠者求む」 裕福な夫婦が地所の洞窟に隠者を住まわせる広告を地方紙に出した。住まわせた隠者を制御できなくなる。
「宇宙人にさらわれた」 宇宙船に音楽の先生をさらわれた子供たちは、先生を取り戻そうと、市庁舎に押しかける。
「骨集めの娘」 話をなんでも聞いてくれた祖父が死んだ。少女はそれまで掘って集めた骨を穴に埋めた。
「もはや跡形もなく」 母親と喧嘩した男の子が家出し森の中で暮らす。
「川を渡る」 葬儀屋一家と死体が入った棺を乗せた車が親族とはぐれてしまい、舟で葬儀場にたどり着くようにした。
「ボタン泥棒」 馬にボタンを食いちぎられた少女がボタンを取り戻そうとする話。→人気ブログランキング

« 『人類の未来 AI、経済、民主主義』 吉成真由美(インタビューアー) | トップページ | インデックス(新書) »

短篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10の奇妙な話 ミック・ジャクソン:

« 『人類の未来 AI、経済、民主主義』 吉成真由美(インタビューアー) | トップページ | インデックス(新書) »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ